10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.10.26 (Thu)

パンツ用の洗濯ネット比較レポ(パンツのための洗濯ネット/ネットdeきれいN)メリットデメリット写真付

オシャレ着洗剤&ドライコースでパンツを洗う時に、もうちょっとシワにならない、生地同士が擦れて痛まないように洗濯できないものかなぁ、かといって手洗いは面倒なのだよ・・・と思っていたけどこれで解決した!櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

世の中にはパンツ用のネットがあるんですよ奥さん!てか、今まで知りませんでした、櫻田は。

これです。気になるのが2種類あったので、2種類とも買ってしまいました@アマゾン

右:「ネットdeキレイ パンツ用」1,296円 ネットが二重
左:「パンツのための洗濯ネット583円

pants_net2.jpg

#「ネットdeキレイ パンツ用」は、白黒のコピー用紙的な説明書が一枚しか入っていないという簡素なものですが、それもまた好ましいです。


■ パンツのための洗濯ネットは優秀です!(欠点もあり)

まず、パンツのためのネットが必要かということについてですが、これは必要だと思いました!なくても生きていけますが。

【メリット】パンツの洗い皺が減る

アイロンが必要なものはアイロンがラクに。
アイロンが不要なものは、洗いざらし感を出しながらシワが減るのがとても良いです。

でも、シワがなくなるとか、アイロンが不要になる!とかいうことはないと思います。あくまで、ちょっと減る。

【メリット】素材の傷みが減る

それよりも、オシャレ着洗いの気になる「傷み」が軽減するだろう、という期待の方が大きいです。

パンツは細長いので、やっぱり絡むんですよね。もちろん、洗濯ネットに入れることで一応解決はしますが、長い分、ネットの中でもやはりグチャグチャになる。

でも、このパンツのための洗濯ネットを使えば、摩擦による傷みが確実に減ると思います!

【デメリット】汚れは落ちにくくなると思う


小さな袋に大きなパンツを詰め込み、ネットが何重にもなっているという状態なので、洗剤液の流れも悪くなるし、洗濯機って、布と布摩擦で洗ってる部分もあると思うので、それも軽減されてしまうということです。

なので、パンツの裾やポケット、ベルト部等の凸部分、目立つ汚れはきちんとチェックして落としておくことが大切だと思います。

【デメリット】セットが面倒

まあ、洗濯ネットに放り込むより、セットするのは面倒ですが「これでシワが減るな〜♪」と思うと問題なしです。

また、干すときのシワのばしが不要になると考えれば、手数としてはトントンか、少なくなっているかもしれません。

ちなみに、予洗いすると洗濯物が濡れるので、扱いにくくなるし、床が濡れるし(脱衣所?洗面所なので大丈夫ですが)、面倒さがランクアップします。


で、amazonで買おうとするといくつか種類があって、迷ったんですよ・・・で、二つをぽちっとな。

■「ネットdeキレイ パンツ用」1,296円 か「パンツのための洗濯ネット583円か
#2017年10月26日現在のお値段

結論としては、どっちもいい仕事してくれますが、お値段の高いカリス成城「ネットdeキレイ パンツ用」はネット部分が二重になっており、パンツ以外にも汎用性が高く、シワ・摩擦防止効果も若干高いと思うので、オススメです。

毎月買うものなら躊躇しますが、買ったら数年使うでしょうし、これくらいの価格差ならば「ネット部分が二重」のメリットを補って余あると思います。

しかし、ダイヤコーポレーション の「パンツのための洗濯ネット」も、しっかり仕事はしてくれるし、何せカリスの半額未満なので魅力。

予算や何個買うか、パンツ以外にも使いたいかで、決めることができるかなと思います。

さて、大きさとしては「ネットdeキレイ パンツ用」が大きめ、「パンツのための洗濯ネット」が小さめです。使う布地の量が値段の違い、とも言えるかもしれません。

また、大きいとあまり畳まなくて済むので、シワも減るというメリットがあるし、なるべく塊にならない方が洗剤液が良く通り、いいだろうと、素人は思います。

 pants_net1.jpg

素材としてはほぼ同じだけれど、「パンツのための洗濯ネット」の方が外側の袋部分の密度はちょっとかための素材かな、くらい。

どちらも作りはしっかりしていて、耐久性も高そうです。

このように、ネットdeキレイは二重になっています。これが一番大きな違いです。
パンツのためのは、裾の方だけが二重になっています。

pants_net13.jpg  


以下は、画像加工で並べており、全く同じパンツをセットしている写真です。

ネットdeキレイ パンツ用」はすっぽり挟み込む形になっています。
パンツのための洗濯ネット」は裾の二重部分で押さえる形になってい。

pants_net3.jpg


パンツのための洗濯ネット」は本体の袋が小さいので、くるくると丸めるようにします。
ネットdeキレイ パンツ用」は本体の袋が大きいので、パタパタと大き目に畳むようにします。

pants_net4.jpg


ちなみに、バッハ君のチノパンだと、こんな感じになります。

pants_net5.jpg


二重になっている分、布の摩擦を防ぐという機能は、「ネットdeキレイ パンツ用」の方が上です。
でも、それ以外はほとんど変わらないし、シワも、敢えて言えばネットdeキレイの方が少ない気がするかも程度です。

あ、でも、男性ものチノパンのような大きなものは、小さくくるくる丸めることで、洗濯ネットにぎゅうぎゅう詰めにするような、洗濯効果が薄れそう的な感じがして、もっぱら「ネットdeキレイ パンツ用」を使っています。

薄くてテロテロした素材なら、逆に小さくくるくるの「パンツのための洗濯ネット」の方が、袋の中で服が移動せず、いいのかもしれません。

ちなみに、摩擦が非常に心配なら、パンツ全体を挟み込むのではなく、足一本ずつネットを挟み込むように使うと、気持的に「摩擦極力減らしたぜ!」という満足感が得られます

pants_net14.jpg


■ 実は、パンツ以外にも大活躍している件

ドライ表示のものも、大方エマール的なもので自宅洗濯している櫻田ですが、今まではネットに畳んで放り込んでいたのですが・・・

トップスもこのようにすれば、摩擦やシワがかなり防げます。

pants_net6.jpg

下に出た身ごろ部分を上に折り返して、くるくると畳みます。

ネットdeキレイは大きいので、こうしたボリュームのあるトップスも入るのが嬉しい。

pants_net7.jpg


さらに、シワや摩擦がメチャクチャ気になるシルクや繊細な化繊のトップスも、挟み込んでパタパタと。

pants_net8.jpg

pants_net9.jpg


ネットを見ると、浴衣の洗濯に使っている方も。応用は無限大です〜☆


*サイズなどは手で測ったものであり、正確なサイズは各社にお問い合わせ下さい
*メリットデメリットは個人の感想であり、その効果等を保証するものではありません

ネットdeきれいN  パンツ用
by カエレバ


ダイヤコーポレーション パンツのための洗濯ネット
by カエレバ




ちなみに、その他シャツ用、ジャケット用、靴下用?などいろいろあります。すごいですね。

ネットdeきれい シャツ用
by カエレバ


ダイヤコーポレーション シャツのための洗濯ネット
by カエレバ



浴衣用もありました!「大は小を兼ねる」発想で、これ一つで何にでも使えるかもしれません。



櫻田は、「ネットdeキレイ パンツ用」だけで十分かなぁ、と思います。

ちなみに、オシャレ着洗いのトップスを干すなら、こちらがオススメです。
巨大3段物干しネットでニットの洗濯がラクチンに★勝間式家事時短術にも

3laundrynet.jpg


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メンテナンス美人

2017.10.17 (Tue)

ムートングローブで靴ピカピカ♪使い込むとよりピカピカ☆

靴磨きって、やるまでは「あぁ面倒だなぁ。」と、なかなか手がつけられないのですが、やり始めると楽しくなる櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

で、本日は些細なネタなんですが、最近靴磨きがさらに楽しくラクになりましたよ、というお話です。

というのも、ムートングローブ(ムートン調で本物ではありません)が育ってきたから!(そんな現象などなく、信じ込んでいるだけの場合もあることご容赦下さい。特に調べていません。)


使用前:
mouton_glove5.jpg


2ヶ月ほど使用後:
bachshoes2.jpg


えぇ、ただ靴墨やらオイルやらで汚くなったのですが、アクリル繊維が油分をいい感じに吸い、簡易版「靴墨付きクリーナー」のようになっているのか、撫でた時のツヤピカ効果がアップしてるんです。

前回このように書いておりましたが、


正直に申し上げると、ツヤという意味では、ストッキング仕上げと大差ないように感じますが、何せ丸めたストッキングより面が圧倒的に広くて磨きやすく、今までは面倒だった最後の仕上げが楽しみで、かつあっという間に終る作業になりました。
ムートングローブで靴ピカピカ♪毎日の靴磨きがコレで楽になりました


ムートンが育って来て?、ストッキング仕上げより、力要らず(撫でるだけ)でピカピカがアップしている「気がして」、靴磨きが楽しくなって来ました。

ムートングローブ・ラブ!

バッハ君は通勤用の靴を5足持っているので、靴磨きは週末にまとめてやってるのですが、

 bachshoes.jpg

バッハ君が朝出かける時に、ちょっとツヤがイマイチだな〜と思うとき、これでササッと拭いてあげるとピカッ♪っとなって、ちょっとできる妻気分で大変満足してます。


セットがお買い得ですが、



すでにいろいろお持ちの方は(これは櫻田の靴のお手入れグッズの一部です)2015.02.15 靴磨きグッズを揃えました




単品ももちろんあります。



もっと安いものが欲しい方は、こちらの記事を参考にして下さいませ。
ムートングローブで靴ピカピカ♪毎日の靴磨きがコレで楽になりました


★メンテナンス人気記事 ★

トレンチコートを自宅で洗濯して大成功★写真付き洗い方
汚れたスタンスミスを真っ白にbyアドカラー★白レザースニーカーメンテナンス
スタンスミスでお花見したら砂だらけ★モゥブレィ汚れ落としで真っ白に
リアルファーマフラーを洗濯☆シャンプー&リンスでフワフワ
スポッとる!でシミ抜き上手★大切にメンテナンスして長く愛用したい

メンテナンス関連の記事一覧


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メンテナンス美人

2017.07.27 (Thu)

メイクブラシの洗い方★中性洗剤&無水エタノールでいつもキレイに

数年前は、ほとんどメイクブラシを使っていなかった上に洗っていなかった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

さて、最近メイク方法をコロコロ変えていたので、ブラシが増えてしまっていました。

オールスターズ(洗う前)

brushwash1.jpg

ちなみに櫻田のメイクブラシは高級なものでもないので、高級品をお持ちの方はメーカーの洗い方ガイドに従って下さい。

天然毛の5,000円が最高額(今は使っていませんリキッド用でした)で、Watosaとあと2,3本天然毛がありますが、後は合成です。


■ 櫻田のメイクブラシのお手入れの基本

・基本は3ヶ月に一度くらい中性洗剤で洗う
・さらに、気になった時無水エタノールでチャチャッと洗う

ブラシが痛むからあまり洗いたくない・・・ていうか面倒というのが本音。
3ヶ月は普通より頻度が低いんじゃないかと思いますが、

・リキッドブラシは毎週(昔使ってました)
・油脂を多く含むファンデーションブラシ等は頻繁に
・皮脂分泌の多いTゾーンに触れるものは頻繁に
・毛先の肌触が気になって来たら

という感じで汚れ度に合わせてます。


そもそも全然洗ってなかった人なんですけどね。
・2013.11.26 (Tue)  メイクブラシがホコリかぶってますけど

#手前のアイブロウ&アイシャドウブラシは現役です。
leftside.jpg


■ブラシは何で洗いますか?

・中性洗剤
・石鹸
・シャンプー
・専用洗剤(洗剤系/エタノール系)
・無水エタノール

と、いろいろあると思いますが、櫻田の個人的な感想は以下の通りです。

◯ 中性洗剤:安い、よく落ちる、さっぱりしていい。

△ 石鹸:石鹸カスが残りやすくバサバサして痛みそう。日頃使わないので、という個人的な理由で却下。

× シャンプー:「毛」なんだから、というファーストールと発想だけど、洗浄力が落ちるのと、保湿成分がバリアを作るのか、なんか化粧乗りが悪くなるような気がしてやめました。そもそも中性洗剤と同じ界面活性剤だったりするし。
#シャンプー&リンスを推奨するブラシ屋さんもありますよ。

△ 専用洗剤(洗剤系/エタノール系):どちらもコスパが悪い。中性洗剤か無水エタノールで十分。

◯ 無水エタノール:超すぐ乾く、ラク、だけど少々高くつく。



ブラシ洗いのポイントは、何でどう洗かより「乾燥」にあると思います。

特に大きくて目の詰まったブラシの乾燥を失敗すると生乾き臭くなる=不衛生な菌が増える と思いますし、ドライヤーや直射日光で乾かすとテキメンにブラシが痛みます。

基本的に資生堂さんのサイトを参考にしています。

資生堂メーキャップブラシの「おすすめお手入れ方法」


■ 季節に一回の大掃除は中性洗剤で洗います

とりあえず大物はくしでとかします。サッと適当。

brushwash12.jpg


で、マグカップ(北海道北根室のランチウェイオリジナル!北海道の大地70km歩きたい方は是非!)

(ぬるま湯 200 : 中性洗剤 1)を投入して混ぜます(実は適当)

brushwash2.jpg 


シャンプー気分で振り洗い。軽く揉み洗いもします。

brushwash3.jpg


時々ティッシュつけて、まだ色が出るかチェックすると、引き際が分かりやすいです。洗い過ぎは毛を痛めると思います。

brushwash4.jpg


洗うときは一本一本ですが、すすぐ時は2,3本で。
こんなふうに底につけると痛むと思うので(撮影のためです)振り洗いで。

金属部分をつけないように・・・って、まあ、いつもドボンです。

接続部分がゆるくなったり、錆びたり、を防止するためかな。

brushwash5.jpg


軽く振ってから、バッハ君の着古したTシャツで優しく水分を拭き取ります。ふかふかのタオルの方が給水がいいと思いますが。

brushwash7.jpg


目の詰まったファンデーションブラシは、お風呂場で振ってから、軽くトントンと。

brushwash8.jpg


洗濯干し用のネットにティッシュを乗せて広げ、部屋に乾燥機をかけて乾かしています。3,4時間で乾きますよ。

直接風が当たらないように気をつけています。部屋全体を乾燥させる感じ。入浴後のお風呂場や、深夜の洗面所でも良いと思います。

これが絶対ブラシに悪くない保証はありませんが、経験的にこれがベストと思ってやってます。

自然乾燥はほんとに乾かなくて、菌の増殖が怖くて。

brushwash9.jpg   

こちらでご紹介した巨大もの干しネットです。

巨大3段物干しネットでニットの洗濯がラクチンに★勝間式家事時短術にも

なお、ドライヤーや直射日光は厳禁です!毛が痛みます。


また、広がって欲しくないものには、ティッシュを軽く巻いておくといいですが、その分乾燥に時間がかかります。大物には巻きます。乾燥機があれば大丈夫ですが。

brushwash13.jpg

吊るしてもいいかもしれませんね。


で、必ず「完全に乾いてから」しまいましょう。雑菌が増えて、結局肌に刺激に、ということになりかねません。



■ ふと気になった時はチャチャッと無水エタノール洗い

無水エタノールの何がいいって、すすぎもいらないし、とにかくすぐ乾くし、ラクなんです。

・振り洗う→乾かす だけ
・しかもすぐ乾く!


ファンデーションブラシやリキッド系は、2,3週間で嫌な感じになってくるので、気付いた時にシャカシャカします。

amazonで買った無水エタノール。500mlで1,000円くらいでした。ドラッグストアでも売ってます。

brushwash10.jpg




カップに入れて振り洗いすると、面白いように汚れがアルコールの中に広がって行きます。

#無水エタノールはちょっと高いので、節約の意味もあり小さいカップ(養命酒の付属カップ)を使っています。

brushwash11.jpg


ファンデーションブラシは色が出なくなるまで少し回数がかかりますが、色が出なくなったらそのまま干します。

で、エタノールなんで、揮発性が非常に高く、置いておくだけで乾くんです!

洗面所に無水エタノールと、専用のカップを用意しているので、台所に洗剤を取りに行かず、その場でできるのも嬉しいのです。

夏場は特に汚れるのが早いと感じるので、マメに洗います。

洗うとブラシの肌辺りが本当に優しくなって気持ちいいです。





無水エタノールと中性洗剤、どちらが毛が痛むかな・・・と観察していたんですが、どちらも別にそれほどでも、と思います。

エタノールの方が、接合部分とかに何か影響しそうな気がしますが・・・特に気になることは起きていません。


ということで、櫻田こずえのメイクブラシの洗い方でした!
あ、ちなみにメイクブラシの断捨離中です。ちょっと増やし過ぎました。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メンテナンス美人

2017.07.16 (Sun)

巨大3段物干しネットでニットの洗濯がラクチンに★勝間式家事時短術にも

 ドライマーク衣類を果敢に自宅で洗うのが趣味の櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

お金がもったいない、汗染み等が取れない、キレイに仕上がった時の達成感がやみつき、洗ってすぐ着られる、などが理由です。

また、失敗することもあるので、皆さまはケチらないでクリーニングに出して下さい。

で、今日はこれを買って重宝しているという話です。

3laundrynet.jpg


さて、ドライマークのついた衣類、特にニットを洗うに当たって大切なことは「キレイに干すこと」だと感じています。

吊るすのは伸びたり型くずれするので御法度。

平らな場所にもとの洋服の大きさ、形通りにキレイに置いて干すことで、アイロンも要らないような、それこそクリーニング上がりのような干しあがりになります。

ちょっと引っ張り気味に、もとの大きさ、形に整え干すのがポイント(って言う程の事でもないだろ)なんですが、それには大きくて平らなネットが必要。

今までは100円か300円ショップで購入したものを使っていたのですが、とあるきっかけでこの巨大な3段ネットを購入。

 超巨大&3段&紐が絡みにくくなって、干す時のストレスがゼロに近くなりました。

小さいものを使っていらっしゃる方、もともと使っていらっしゃらない方、超絶オススメしておきます。


櫻田はAmazonで1,000円くらいで買いました。


ちなみに、100円ショップ&300円ショップにもそれなりの大きさのものはあると思います。耐久性は落ちると思いますが、大きいものがあればそれで十分だです。


・広げやすいところできちんと整えてから乗せる

台の上で一度きちんと整えてから乗せた方が、ネット間17cmしかない、一番上は高いし、紐が邪魔だし、物干の上で広げるより、圧倒的にキレイに早くのせられます。

はい、ニットジャケットも洗ってます。部分洗いして襟のシミを落として洗えば、真っ白になって本当に気持ち良いです。

で、軽く脱水かけたものを、一度やりやすい台の上で軽く整えて、
3laundrynet5.jpg


乗せやすく軽く畳み、
3laundrynet6.jpg


置いて、広げる。
3laundrynet7.jpg

少し引っ張り気味に(伸ばしちゃNGなんですが、こう、もとの大きさ程度に)整えて、表面を平らに撫でておきます。


また、手の部分は身ごろに重ねるわけですが、そこが乾きにくくなります。垂らすと自重で伸びたり跡が付きそうですが、これくらいならいいかなと、こういうふうに垂らすことも。

3laundrynet8.jpg


また、各段2つのベルトのようなものがついているので、外に干す時にも洋服が落ちにくく、安心です。

3laundrynet4.jpg

干している時にベランダに洗濯物を落としてしまい砂だらけになるほど悲しいものはないですからね。


ちなみに、畳み方が少々やっかいですが、手順に従えばちゃんと閉じられます。100円ショップのものは説明書もなかったですが、なんとなくできますよ、大丈夫。

3laundrynet3.jpg


畳めばこの通り小さくなるし、厚みがないので、収納時もかさばりません。

3laundrynet2.jpg




ちなみに、この3段もの干しネットを購入するきっかけになったのは、勝間式 超ロジカル家事の影響。(図書館で読んだだけで買っていません)

洗濯物を干すときにピンチで一個ずつ留めるのではなく「洗濯ものはまく」というのにびっくりしてやってみたくなり、ついでにそういえばニットを干すのに小さかったなと思って。

靴下、ブラ、ショーツ、腹巻き、家事用コットン手袋等、小さいものは本当にいいです。

ただ、バッハ君の下着や少し大きいものになると、重ならないよう、折り畳まれた部分がないよう並べるのが面倒で、しかし適当にまくとそこだけ乾かない。結局ピンチに戻りました。

乾燥機をかけて洗濯物を干すバッハ家では、乾きやすい場所が限られておりスペース争奪戦になるので、このような大きなネットがど真ん中にあると、ちょっと邪魔・・・で、日頃の洗濯には使わなくなってしまいましたが、ニット等の洗濯には大活躍です。

勝間さんはこのタイプを使っておられるようなので、正に「まく」状態なのだと思います。



家事のストレスはなるべく少なくしたいですよね。

この本に触発されて「これが正しいと信じていたけれど、他の解もあるのではないか?」と、家事のカイゼンに取り組んでます。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メンテナンス美人

2017.07.10 (Mon)

3Mスコッチガード塗る防水靴ガード★防水スプレーの不満を一挙解決

靴に防水スプレーをかけるときに、靴以外の床や靴の中など、余計なところも防水してしまうのが嫌だった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

そこは防水せんでいいっ!

scotch_gard1.jpg

外で新聞紙広げてかけるわけですが、布団干してたりすると、それにかかるのも嫌だし、どうにかならんかなとずっと思っていました。


で、出会ったのがこちら。

scotch_gard.jpg


3M!ポストイットの3M!マニアックでハイクオリティな接着テープ系とか洗剤とか、バッハ君も相当お世話になっている3M。

これなら、塗りたい所だけに塗れるんです。

scotch_gard2.jpg


・防水スプレーだと床にもスプレーしてしまう
・防水スプレーだと靴の中にもスプレーしてしまう
・防水スプレーだと逆さにして塗れない
・防水スプレーだと「ちょっとだけピンポイントで塗る」ができない


これを全て解決してくれるのが、このスコッチガードなんです。もう、感動。

このメッシュの白い靴。とてもお気に入りで夏のヘビロテ靴なのですが、如何せん白なので、汚れや痛みが目立つ。

adcolor0.jpg


まずはクリーナーで汚れを落とします。
革靴の汚れ落としならこれが一番。

スタンスミスでお花見したら砂だらけ★モゥブレィ汚れ落としで真っ白に

ssmith3.jpg


まずは小さいサイズからでも。600円台です。

で、アドカラーホワイトですり切れて黒くなった部分をチョンチョンと補修し、

白いスニーカーの傷を目立たなくした★アドカラー

adcolor1.jpg

こちらは540円



ちなみに最近、使い捨てビニール手袋した上から、チョンチョンと塗ってます。

adcolor2.jpg


仕上げにこのスコッチガードを塗れば、次のお手入れまでの期間を引き延ばすことができます♪

さらに、このガード、相当輝きます。それも磨かずに!

scotch_gard3.jpg



スポンジを通して出て来る液体は、ジュワッと少し泡立つような感じで出て来るので、液だれもしにくく、とてもつけやすいですよ。

scotch_gard4.jpg


汚れやすいところだけ軽く防水・防汚れできるから、手軽に靴のメンテナンス期間を延ばせそうです。
靴のお手入れって、面倒ですからねぇ。



今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メンテナンス美人
 | HOME |  NEXT