今日の櫻田

リーバイスのフレアデニムの裾上げをしようと糸も買ったけど、結局止めた話

ここ一週間くらい、お気に入りのデニム、リーバイスのフレアデニムの裾上げをどしようか迷っていた櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

 

 

めちゃくちゃお気に入りなんですけど、何せ裾が長いんですよ。

【2022.03.16】リーバイスのハイフレアで「私、脚長い!」ってなった話★LEVI’S 70S HIGH FLARE

↑の記事の通り、ひとまずこのままで、もしやっぱり長過ぎたら、切りっぱなしのカットオフすれば大丈夫!という店員の言葉に納得し。

 

で、やっぱり長くて、9cmヒールじゃないと、ちょっと長いし、秋冬のショートブーツはちょっとヒールが低めだから、2cmくらい裾上げしよう!

 

ってことで、裾の加工を残したまま、裾上げすることにしました!

切りっぱなしじゃなくて、裾の「アタリ」加工を残したままで。

 

 

「アタリ」を残したまま裾上げする方法は、大きく2種類あって、

簡単なのはこっち↓
アタリ残し-ジーンズのダメージ加工を残した裾上げの方法 | 洋服直し事例などお直しコラム

縫い目を解いてくるむ、縫い代がキレイなのはこっち↓
こだわりデニムのお直し-特別な裾残し加工 | GINZA SIX店 | 東京都 | 洋服のお直し・リフォーム、裾上げならフォルムアイ

 

どっちがいいか、悩みに悩んで、糸も購入して、「くるむ」方は、デニムが何重にも重なった部分を縫うことになるけれど、櫻田のミシンじゃ絶対無理だな、ってところまで調査&決断して、

 

今日は、何センチ裾上げすべきか(1㎝か、2㎝か、はたまた3㎝か?)決めて、裾上げすることにました。

Youtubeで動画も見て、もう、バッチリイメトレも出来た状態で。

 

ひとまず、履いてみる。

9cmヒールのサンダルの場合

これはまあ、大丈夫。

 

3足持ってるスエードパンプスは、8cm1足、8.5cmが2足。

これもまあ、イケる。

 

秋冬一番ラクチンで活躍するショートブーツは、ちょっとヒールが低くて、6.5㎝。

これがちょっとヤバイかなぁ・・・お母さんに「裾引きずってるわよっ!」って怒られるヤツです。

実際、衛生的には問題あるでしょうが、これくらいの人は結構見かけるよなぁ。

 

で、通常のコンバースは諦めていて、3cmヒールアップコンバースだとこんな感じ。

前も高いから、それにつられて、結構裾が上がる感じ。

もう0.5cmの中敷きを入れれば、イケる気もする。

 

確かに長いけど・・・・7,8cm以上のヒールなら問題なしなんだよねぇ・・・。

 

というのを、数時間延々と、写真を撮ってはウンウンと唸り・・・・

やっぱりこの脚長効果は捨てがたいし(丈を詰めた分だけ脚長効果は低下する)、ちょっと不自然になるリスクを冒してまで、裾上げするのはどうなんだろう・・・。

 

と、ここまで、ここまで準備しておいて・・・・結局裾上げはしない、という決断(笑)

 

一目ぼれした服をその場で買えなくて、さらに2,3回見に行って試着して、よし買う!決めた!って、お財布握りしめて最終的に買いに行って、結局買わない決断をした、みたいな、ものすごい徒労感。

 

櫻田の人生、こういうの多いんだけど、もう、優柔不断は、いやいや慎重で良いじゃないか!と、受け入れるしかないわ。

 

いやーもう、今日の午後が無駄になったけど、きっと無駄じゃないって信じてる(笑)

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました