今日の櫻田

コーディネート~胸元の作り込み・丁寧に重ねる…まだ甘い!~

はい、ヴァンテーヌの大ファンだった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

 

【2022.03.02】おしゃれの原点「ヴァンテーヌ」をめくりながら~考えるおしゃれ~

 

で、ヴァンテーヌには「胸元の作り込み」ってテーマがありましたよね。

柄と、その中の一色を取った無地を重ね、

さらに、ニットやシルク、レザー等、質感の違うものを「丁寧に計算して重ねていく」特集が頻繁に組まれ、

そのビジュアルの美しさに、感嘆のため息をついたものです。

 

 

さらに、厳選されたジュエリーと時計(主に皮ベルト)を重ねる・・・

あぁ、いつか大人になったら、こんなコーディネートが似合う(そして買えるw)ようになるのね!

って20代前半くらいで思ってたけど、そんな日はついぞ来なかったわ(笑)

 

 

気を取り直して、骨格ストレートの櫻田は、上半身はなるべく「すっきりさせる」ことが鉄則。

確かに、上半身を作り込んだコーディネートは、自分でもなんか違うなーって思うことが多い。

しかしそれは、体格的な問題もあるけど、「作り込むのはトレンドではない」から、っていうのも大きい気がする。

今は「抜け感・こなれ感」の時代なのだ。

 

しかーし!作り込みたい!ヴァンテーヌだもの!←お前はヴァンテーヌではない

 

 

で、張り切っていつもより重ねてみたけど・・・・こうして見ると、そんなに重なってないな(笑)

・フリルブラウス
・エルメスのスカーフ(久々!)
・バイザヤード
・コットンパールネックレス(短・長)
・小さなゴールドのピン

 

 

短い方のコットンパールのネックレスは、あまり見えないんだけど・・・・

 

 

見えてなーい。
(キレテナーイというヒゲ剃りの宣伝風に)

 

スカーフは、この回りのグレージュの部分が、パンツと色リンクするハズだったんだけど・・・

 

 

見えてなーい。
(キレテナーイというヒゲ剃りの宣伝風に)

 

 

ジャケットを肩掛けではなく、ちゃんと着ると、ちょっと密度が濃くなって、重ねた感が出た気がする。

でも、ヴァンテーヌの「丁寧に重ねる」には、ほど遠いわぁ。

今回はその場の勢いだったけど、今度本気でやってみよう。

ベストだな、ベストが欲しい、ベスト作ろう!(ジレ、ではない)

 

ちなみに、この先日の↓のコーディネートと、あまり変わらないんですけどね・・・。

この↑コーディネートも、骨格ストレート的には「上半身を余計に詰まらせるボタン全閉じ」なので、チャレンジング。

 

今回もそうで、やはりゴチャゴチャ感は気になったので、ピアスはせず、片耳だけイヤカフしました、H&Mのすっごい安いやつ。

 

 

ま、横から見ると特に、フリルがすごく主張するから、これくらいで丁度良かったかな。

 

 

この、横から見た時の「オスカル具合」が結構好きです。

櫻田、フリル好きなのよね、ほんとは♪

デニムジャケット:レリタージュ・マルティニーク 2019年
ホワイトフリルブラウス: IENA 2022年
リネンワイドパンツ:自作2021年
グレージュパンプス:ブティックオーサキ 2018年
バッグ:GUCCI 2018年

 

自分軸の「好き」に、少しずつ忠実になれている気がする、今日この頃です★

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました