今週の櫻田9/13更新

ソーイング日記~むらかみゆうこさんの絶版本を返品手続き中(涙)&バイアステープで苦戦した話~

先日、若い頃に購入したものの、いつの日か手放した既に絶版のソーイング本がまた欲しくなって、amazonで定価以上でポチりました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

これです、これ!

なつかしい絶版のソーイング本が届いたけれど・・・

結局一枚も縫ってうなかったのですが(笑)、むらかみゆうこさんの世界観に、強く強く憧れました。

インテリア雑誌等でもよくスタイリングされていて、とにかくセンスが素晴らしく素敵。

ソーイング本で、こんなオシャレなページがある本なんて、当時はなかったと思う。

ちょっと良家のお嬢さん、というイメージの作品が多いです。

早速懐かしく眺めて、どれを作ろうかとときめいていたら・・・実物大パターンが2枚ついているはずのところ、1枚しかついていないことに気づきました・・・・そういえばamazonのレビューにそんなこと書いてあった・・・それが巡り巡って来たのか?

amazon気ままにふだん着―パリジェンヌの手作りノートレビューより

超ウルトラマックスがっかり、&、この方のアドバイスに従わなかった自分を呪いました。

返品手続き中です・・・良家のお嬢さんになるはずだったのにっ(笑)

縫い代のパイピング処理に

さて、現在はレースのスカートを作成しています。

縫い代をキレイに処理するロックミシンがないのが悩みで、

↓こういうジグザグミシンで処理しているのですが、洋服の裏とは言え、イマイチ見た目が美しくない。

そこに、友の会のkiyoさんから

ロックミシン買おうかなって書いてはったけど、無くても、
折り伏せ縫いとか、パイピングで始末すると、
丈夫で高級感のある仕上がりになります♪

と頂いて、パイピングで処理してみることにしました、ありがとうございます~。

市販のパイピングテープより、裏地と同じ色のテープを作った方がより美しいなと思って、パイピングテープも自作したんですが・・・これが非常に、非常に、非常に大変でした。

45度の直線を、書きにくい、ずれやすい、つるつるした裏地に描いて、

ずれないように切って・・・

リボン状にし、

amazonでテープメーカーをポチって。


日本製だと1個がこれ以上のお値段するのですが、中国製なので早速壊れたりしつつ(笑)、

こんなふうにアイロンでバイアステープが作りました・・・・が、

コットンだと作りやすいと思うんですが、裏地用のテロテロした生地だと扱いが難しく、なかなか折り目がついてくれない・・・

また、幅が足りなくてもう一度45度リボンを作り直したり、そりゃもう時間がかかりました。

ほんと折り目が安定しないので、折った状態で巻き付けて、しばらく固定しておきました。

そうして出来上がったのが、こちら!

ジグザグミシンより美しい!

ちょっと縫い代がゴツくなっちゃいますが、美しく(縫い目は曲がってますけどね・・・)できました♪

なんかこう、見てると愛おしくなります。

ということで、ただいま絶賛仕上げ中です!

今週中にはできると思うので、来週にはお披露目します~って、裏地がわりと厚いし、色的にも秋冬用かな・・・真夏には着られなそうです。

作った洋服につける、オリジナルの「タグ」を作りたいなぁ♪

21+

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました