今週の櫻田11/29更新

コーディネート~シンプルワンピースにボウタイをつけてみた~

秋冬のソーイング計画が一向に進まないので、とりあえず日暮里に行っちゃえばいいや!と思っている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

そこで、心の赴くままに布を買おうではないか!←いいような悪いような・・・

夏服の生地もたんまり余ってますよ奥さんっ!

さて、本日は、先日作ったワンピースに、ボウタイを付けてみました。

取り外し可能ボウタイ作成記

まずは長いボウタイの四隅を三つ折りにしまして、スナップボタンを等間隔で7個つけました。

そして、ワンピースの襟ぐりの内側に、平らな方のスナップを、等間隔で5個つけました。

これがきちんと等間隔で付けるの、結構苦労しました。なんかズレちゃうんですよね・・・。

襟ぐりの見返しは、肌に触れる部分なので、スナップボタンの素材と大きさに拘りました。

プラスチックなら汗をかいてもかぶれることはないし、小さければ気にならないと。

アマゾンで20組で400円と高めですが、送料込で、買いに行って探して、という手間を考えるとリーズナブル!

ちなみに、襟ぐりに5個、ボウタイに7個付けたのは、ボウタイの結び目の位置をずらせるように、です。

まん中でも横でも、留める位置を変えれば、真ん中に持ってくることができます。

着用写真

ということで、着用♪

生地に張りがあるので、スタンドカラー+ボウタイ、という感じになり、かわいらしさが出ます。

シンプルな方が、今っぽいですね。

まん中で大きくリボン結びはせず、横で小さく片結びをして、ボウタイを長く垂らしています。

なぜなら、骨格ストレートは、上半身に厚みがあるので、そこを「盛って」しまうと、バランス悪く見えてしまうからです。

#この前のシースルーボウタイは軽やかで、小さめだったからセーフだったけど。

さらに、骨格ストレートは、縦のラインを強調するとスタイルよく見えるので、その点も意識して長めに作りました。

長く垂らしていると、ちょっと特別感もあるし♪

後ろ姿は、コットンパールボタンがプチっとな。

後ろのコットンパールのボタンが、外れやすいのが欠点だということに気づきましたが・・・。

裏地なしなので、ペチコート付きのキャミソールを着ていますが、バッチリ裏地を付けるより涼しいので、裏地ナシで正解だったな♪

ちなみに、9月だし、帰りは寒いかなと思って持って行ったカーディガンは、全く活用しなかったので、ふわっとさせた写真を一枚残しておきます。

少し秋の風を感じますが、まだまだ暑いですねぇ。

マキシワンピ+超ロングカーデと、重心が下がりがちなので、チビは小さめのバッグを上目に持った方がよかったかも。

黒マキシノースリーブワンピース:自作 2020年
黒ストラップサンダル:Odette e Odile 2019年
ボストンバッグ:LOUIS VUITTON 2020年
グレージュロングカーディガン:Deuxieme Classe 2020年

これくらいで夏服は終わりにしておかないと~って、ぜんっぜん秋の気分じゃないんだけど。

24+

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました