今週の櫻田11/29更新

メイク遍歴~本来持っているものを活かそう~

メイクはあまり得意でない櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

いや、あまり好きじゃないとか、と言う方が正しいような気がします。

多分、長らく自分の顔(特に鼻!)が嫌いで、メイクでどうしようもない経験ばかりしたから、ほんと嫌になっちゃったんだと思います。

衝撃のメイクレッスン写真2016

モード・カッコイイ系目指した2016年

さて以前、メークアップアーティストさんに、メイクレッスンをして頂いたことがあります。

先日、昔のスマホの画像を眺めていたら、その時の画像があって、ギョッとしました。

まあ、ちょっと角度も表情も悪いんですけど。

いやもう、どこから何を指摘したらいいのかよく分からない・・・

えっと、このメイクね、確か、「モード」「カッコイイ系」「都会的w」なイメージで作ってもらったメイクです。

近くの喫茶店で改めて自撮りした写真。

なんか、自分の顔に違和感が・・・特に、赤い口紅が違和感あり過ぎて、すぐにオフしてしまい、そんな自分を「弱虫ーっ!」と自分責めしているの図、って感じです。

メイクレッスンは勉強になったので、2回目も行ったくらいなので、メイクが悪いんじゃなくて、目指す方向性を設定し間違えたせい。

何せ笑顔の写真がない・・。

柔らかいメイクの方が似合うことに気づいた2017年

多分ね、櫻田の顔って、カッコイ系やモード系、似合わないんですよ。

上の写真は2016年なんですが、下は2017年。

口紅はピンク系で、メイクも柔らかい感じの方が、自然だと気づきました。

ネックレスは、モードとか、カッコいい系を目指していた名残かな・・・似合ってない!

これ、例え白シャツにしても、なんか違和感あるよね。

もう少し、いや、だいぶ華奢な方が、顔のイメージには合うなと。

あ、これ、櫻田っぽいw 無理してない、100%櫻田(笑)

これも2017年。とことん元気で明るい櫻田、的な。

こんな、グレージュ的あいまいワントーンコーデが似合いそうな雰囲気も、目指して。

自分の本来の顔に無理のないイメージを目指すことで、少しずつ全体のイメージも良くなっていったと思います。

(脱線)赤い口紅

ちなみに、最初のどひゃーな写真の時にしていた赤い口紅はね、歯科矯正して唇の形が変わったら、つけやすくなりました。

赤い口紅をつけられるようになったのは・・・

また、鏡をのぞき込んで「赤い口紅怖い!似合わない!」じゃなくて、
(一枚目はノー口紅、二枚目は赤口紅)

 

こうやって、全体のイメージの中で、赤い口紅を効果的に使う、というのができるようになったのも、赤い口紅がつけられるようになった理由です。

心理的な問題も大きくて、ちょっと俯瞰して見られるようになったんだと思います。

そして2020年、ちょっと迷走?

こっちの感じで来ていたのですが、

髪を染めてから、また、ハードモード系に傾きそう!

気を付けてます!

本来持つイメージと全く違うイメージを目指すのは合理的ではない

ということだな、と思いました。

骨格診断やパーソナルカラー診断と一緒なのですが、骨格ストレートさんが、聖子ちゃんみたいなフリフリの首にリボン巻いたようなワンピースを、着てはいけないことはないんだけど、似合わせるのは結構大変だよ、と。

だからね、顔タイプ診断?自分の基本情報として持っておくのも良さそうだよな・・・程度の動機にしちゃ診断料が高いので、コロナでつまづいていて以来、今の所保留中です。

顔タイプ診断

人っておかしなもので、性格にしろ、見た目にしろ、髪質にしろ、自分が持っていないものに憧れ自分が本来持っているものの良さを認めようとしないんですよね。

50歳までのテーマは、自分が本来持っているものの良さを受け入れること、かな。

まだまだ、ないものネダリして、自分を否定してしまっているので。

41+

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました