04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.20 (Sat)

THREE青山無料アーティストメイクレッスンに再び行って来た

半年ちょっと振りにTHREE青山の無料アーティストメイクレッスンに行って参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

three_makeuplesson_2017SS2.jpg



ここで突然ですが、リプライセルご愛用の皆さまにお知らせ。

2個買えばいつもより8%程おトクにリプライセルを購入できるキャンペーンを、アイハーブでやってますよ!

リプライセル2箱おトクに購入★“5OFF60″でアイハーブが5ドルオフで





はい、戻ります。

さて、本当は先月行こうと思っていたのですが、募集開始30分くらいで満席・・・今回は案内のメールが来てすぐに電話をし、ようやく予約が取れました、一ヶ月前。

いやだって、THREEのアーティストにマンツーマンでメイクしてもらえるんですよ。それも、商品を買えばタダなんですよ。それってあり得ない!そりゃぁ、人気です。

1. 実質タダ!
2. ブランドのNo.2(櫻田推測)メイクアップアーティスト佐藤さんのマンツーマン!
3. さらに美しいメイク解説シート付き

THREE:メルマガを受信して、その日に備えましょう。

ちなみに、毎月12,13日辺りの12時に配信され、恐らくそれから1時間も経たずに満席になるはずです。

— THREE メールマガジンの案内より —
・90分コース(当日、12,000円+税以上ご購入の方対象)
・60分コース(当日、6,000円+税以上ご購入の方対象)
#スキンケア商品はカウントされないそうです

その多詳細:2016.09.24 THREE青山の無料メイクアップレッスンを激しくオススメする3つの理由


three_makeuplesson_2017SS3.jpg

#THREE青山、店内も写真OKだそう。インスタとか載せて下さいね・・・あ、はい、アカウントはありますっ!アカウントだけ!



メイクを落として、スキンケアまでアシスタントの方にして頂きます。一回目はメイクして行ってオフのお手間をおかけしてしまったので、今回はほぼ日焼け止めと下地だけで望みました。

で、その後濃密な45分くらいを、イケメンメイクアップアーティストの佐藤さんに見つめられて過ごしました。

いやぁ、照れるわー←はいはい

そして、出来上がった顔は「エフォートレスな都会の女」でした、軽く感動します。醸し出す雰囲気が、自分のものじゃない感じです。無敵な気がして来る。


ちなみに今回のテーマは「ヘルシー」にしました。前回はカッコイイ女。

こちらがアシスタントの方が作って下さるメイク解説シートです。使った商品名がびっしりこのページの左側に書いてあります。

three_makeuplesson_2017SS6.jpg

今回あまり細かいテクニックを書いて下さらなかったことがちょっぴり残念・・・前回はびっしり書いて下さって、忘れてしまったことも書いてあって感激したけれど・・・お忙しかったのかもしれません。

でも、Happy Birthdayとか入れて下さるそのお気持ちが嬉しい☆

こちらが前回。エピックミニダッシュ(買っちゃいました)の使い方は、前回のものを参考にできるから良かった。
threemakeuplesson4.jpg


沢山のことをお勉強させて頂いたのですが、その中でも眉の書き方がとても勉強になりました。


■ 眉毛は「真っすぐ太眉」でも「アーチ細眉」でもなく「自分の眉の形」で

眉毛は地眉がとてもキレイだから、そのままを活かすこと。
無理矢理真っすぐとかアーチとか、そういうことをしようとするから不自然になる。
眉頭は描かない。軽く色を乗せてきちんとぼかす。
ペンシル→パウダーの順で色が乗る。

素の眉
eyebrows11t.jpg

メイクして頂いた眉
three_makeuplesson_2017SS4.jpg

櫻田が最近描いた眉
three_makeuplesson_2017SS8.jpg

櫻田のは、真っすぐ眉になるようになるように、必死で描いてる感じ。

あ、眉尻は上側から描くと自然に伸ばせます。下側からはダメ、っていうのも学びでした。


さらに、顔の正面から見て、眉尻から顔の端までが広いと顔が大きく見える。眉尻は適切に伸ばしましょう。眉を下げるところも、骨格に沿って。

今回描いて下さった眉
three_makeuplesson_2017SS5.jpg

これは櫻田の描いた眉
eyebrows8.jpg


佐藤さんの描いて下さった眉は、一般人がオシャレじゃない格好でオシャレじゃない町を歩くと、浮くかもしれない・・・けど、メイクが出来上がってケープを取ってみると、ほんと、櫻田の垢抜けなさが一掃されて、都会っぽさが出てるんですよねぇ。


その他、沢山、沢山のことを学んで帰って参りました。ほんっとに素晴らしい時間で、オススメしたいのですが、これ以上激戦になるのもイヤなので・・・。

前回より質問もできたり、こういう感じにしたいとか、意志も伝えられて良かったし、大満足で帰宅しました。



そして、やっぱり沢山買ってしまった・・・でも必死で4点に抑えました。

three_makeuplesson_2017SS7.jpg


勉強代!と言い聞かせてみます。

教えて頂いたことも含めて、改めて一つ一つレポして参ります。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人

2017.05.18 (Thu)

シャネルのハイライト「プードゥルルミエールグラッセ」で輝く女に

ハイライトを使い間違えると、皮脂分泌も盛んな昨今(いや、いつもだけど)、ギラギラした女になりがちな櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

内面から輝きたいものですが、一朝一夕でかなうものでもありませんし、ここは手堅くコスメで輝く女を目指しております。

chanel_poudre_lumiere_glacee4.jpg


突然ですが、10歳近く年上の美人なお友達の話。

一昨年の夏にお会いした時に、デコルテとノースリーブから覗く肩にキラキラパウダーをされていて、それがまた素敵だったこと素敵だったこと。

輝くような笑顔、手入れの行き届いた髪、上品カジュアルな装い、鍛えられたボディー、アクティブで華やかで聡明なその生き方あってこそだと思うのですが、その印象はずーっと櫻田の中に残っていました。


内面キラキラ×外見キラキラ=無敵


そう、無敵に美しいのです、その方。櫻田もそのセットが欲しい。


chanel_poudre_lumiere_glacee2.jpg


時を経て、シャネルのカウンターでたまたまご紹介頂いたこの「プードゥルルミエールグラッセ」は、控えめなそのシルバーのすっきりとした輝きが美しくて、きっとこれが櫻田に似合うキラキラだわ!とピンと来て即決しました。

その美しい女性のキラキラは、もっと主張するようなキラキラだったと思うけれど、櫻田にはこれがベスト!と、大して他のハイライトをチェックしていたワケではないのですが、えぇ、とにかくピンと来て。

顔が華やかにグレードアップするけど「つけました」にならない、そんなハイライトです。



シャネルオフィシャル:プードゥル ルミエール グラッセ
アットコスメ:プードゥル ルミエール グラッセ

肌に星屑を吹き付けたような輝きと明るさをもたらす、プードゥル ルミエール グラッセ。顔全体やデコルテに広げたり、頬や眉下にハイライトとしても使用できます。

「肌に星屑を吹き付けたような」このコピーもいいのですが、何がいいって・・・


・ギラギラにならないから、いい。

何度塗っても、なかなかキラキラにならないくらい。けど、フワッと細かいキラキラがついて、日光やライトに当たるとキラキラと輝きます。

・白くならないから、いい。

見た目は白いですが、こちらも何度塗っても白浮きしたりしません。下手っぴが塗っても大丈夫。  

こうやって指でゴリゴリ取ると白いんです。でも、ブラシで付ければ全く白くなりません!

chanel_poudre_lumiere_glacee5.jpg


・シルバーのきらめきが、いい。

キラキラにも色がありますが、このハイライトは真夏に似合う、シルバー好きの櫻田に似合う、冷たいシルバー系。好き。

なかなかキラキラにならないので、指でごそっととって、5、6回重ねたら、やっと目視出来るようになりました。自然光だとやはり写真には映らないので、室内のライトの下で撮っていますので、普通、こんなになりませんから。

chanel_poudre_lumiere_glacee6.jpg

キラキラがほんっとに細かく、小さいのです。それが、フワッと付くから控えめに美しい。

パール感で顔が膨張するって感じじゃないと思います。


・付属のブラシが、いい。

平べったいので、寝かせれば広く、立てれば細く、ハイライトを乗せることが出来ます。

雑誌で「顔がのっぺりさんは、顔の真ん中に光を集めよう」というのを読んで、ハイライトにますます気合いが入っています。ギラギラになり過ぎの心配が要らないのがいいですが、塗り過ぎはやっぱり注意。

chanel_poudre_lumiere_glacee3.jpg

付属のブラシには専用の布ケースも付いており、ポーチにブラシだけ入れれば、夜はバッハ君とデート、という時にも使えます。コスメポーチ重くなるの嫌っていう、それだけなのですが。

やっぱりシャネルは高いけれど、心から気に入ったものを毎日身につけるその美人効果を考えたら、リーズナブル!←と自分に言い聞かせて財布を開いた。

さらに・・・多分2,3年は余裕で持つから、コスパも良いと思います♪

真夏には、デコルテと肩を、これでさり気なくキラキラさせよう!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャネル CHANEL プードゥルルミエールグラッセ 14g [309102]
価格:6910円(税込、送料無料) (2017/5/18時点)




必要な時に必要なものに出会うようになっているのかな、と感じました。

ハイライト、どこだ運命のハイライトーって、シャネルのカウンターに行ったワケではないけれど、すっごいお気に入りに出会えた。

自分の殻にこもらず、アンテナを高く持ち、それに気付く感性を磨き続けていきたいと思います。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人

2017.05.02 (Tue)

ルージュココグロス#166 フィジカル がお気に入り過ぎて毎日つけてます!

シャネルのカウンターで幸せな気分になって、調子に乗って3アイテム購入した櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

chanel_rouge_coco1.jpg


当初の目的はファンデーションだったんですが、折角だからと(←危険な言葉)アイメークやチーク等もして頂き、そのどれも欲しくなったのですが、最後に「オススメの口紅を!」と、希望も伝えず選んで頂いたのが、こちらのグロス。

chanel_rouge_coco3.jpg

オフィシャルサイト:#166 フィジカル

Rouge coco のこのページの真ん中の上の写真が、フィジカルを塗った写真です。


#ブラシ部分が少し曲がっていて、そこにグロスをすくえるような形状になっています。柔らかくて塗りやすいです。
chanel_rouge_coco2.jpg



見た瞬間、サーモンっぽいのでどうだろう・・・と思ったのですが、これがまあ、なんともいい感じで←語彙が・・。

他の色も塗って頂いたのですが、やっぱりこの色が一番キレイですね、と。

ベースに塗って頂いた口紅ごと買おうと思ったのですが、欲しいものがあり過ぎて混乱・・・。



そこで、優柔不断櫻田は、BAさんに判断を委ねることにしました。

ファンデーションは確定

・どちらか1:
ハイライティング プレスト パウダー

・どちらか2:口紅とグロスのセット


こずえ:私、優柔不断なんです・・・どちらを選んだ方が革命起こせますか?(笑) 選んで下さい!

BAさん:口紅はお手持ちのものでも良いと思います。

と、ハイライティングプレストパウダーと、グロスをセットにしたBAさん!

提示した選択肢2つより、合計額が高くなっているのは見逃せないものの、確かにそれが一番革命的かも・・・

しかし、2万円に手が届きそうなのはまずい・・・と、一旦はグロスを諦めたのですが、結局購入しました、はい。





サーモンピンクっぽい色です。ウィンター櫻田大丈夫か?

chanel_rouge_coco5.jpg


そこはグロスなので、発色は見た通りではないし、合わせる口紅によってもいろいろ変わって楽しいアイテム。

櫻田素の唇
 chanel_rouge_coco6.jpg


グロスだけを塗った唇・・・はい、あまり沢山塗ってないし、下に口紅してないし、それほど伝わっていない写真ですが、
chanel_rouge_coco7.jpg

しっかり唇を覆うテクスチャーで、ラメも沢山はいっていて、唇が濃厚にぷっくりぽってりになり、こう、美人オーラ出すんですよこのグロス!

シャネルのBAさんの唇は誰もがぷっくりぽってりツヤのある濡れ唇で、皆さんとっても素敵セクシー。それはこの新発売のグロスを纏っているからなのね・・・。


でも、たっぷり塗ると、薄化粧だと浮きます。それなりにきちんとメイクしていないと、唇だけが頑張った感が出てしまいます。


これもグロスだけですが、唇がジェルでコートされたような感じになり、そして、ツヤツヤしてて、色もさり気なく乗る。

chanel_rouge_coco8.jpg 

一気に顔が華やぎます。

グロスだから適当でいいか・・・と塗ると意外とムラや境界が目立つので、しっかり唇の形を取ってちゃんと塗ることが必須と思われます。←グロスだから適当でいいかってのがそもそも問題

唇だけ華やがないように、全体的にやり過ぎないように、でも、40代相応のメイク・・・シャネルに学びたい!と鼻息荒く意気込んでます。

また、手持ちの口紅との組み合せも、いろいろと試してみたいと思います。



ちなみに、食事をするとキレイになくなりますが、そうでなければ2,3時間くらいはお喋りしてても維持できると思います。

また、今の所唇は悪い反応をしていません。

一ヶ月くらい使って何もなければ、他の色も断然欲しいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャネル CHANEL ルージュココグロス #166 フィジカル 5.5g [5...
価格:3880円(税込、送料別) (2017/5/2時点)




今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人

2017.04.17 (Mon)

化粧直し用にキャンメイクのハイライト&リタッチコンシーラーを買った

化粧直しをあまりしない櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

えぇ、面倒だからです←美人失格

そして、面倒な理由はいろいろあるのですが、その一つは「どうしたらいいか分からない」から。

というこで、相変わらず読んでいる(十分元は取ったな)コスメ雑誌の記事を読んで一歩前進した話。

maquia201704.jpg  
ありがとうマキア!


■ 涙目でにじんだときのアイメイクは?

というQ&A。

櫻田が最も化粧直しすべき個所は目だと思うんです。とにかく下まぶたにアイメイクが落ちやすい構造なので、アイライン、マスカラ、アイシャドウで薄汚くなる・・・。

retuchbefore.jpg

で、マキアにのっていたAnswerが、

にじみ目:皮脂抑制コンシーラーで汚れオフ

おぉ!これは良さそう。

綿棒だけでは、ちょっと刺激になるし、オイルや保湿剤を付けた綿棒だと、化粧が完全に取れてしまう・・と思っていて。しかも紹介されているのがキャンメイクという手軽さ!

早速マツキヨへ行くと、キャンメイクのグロスタイプのコンシーラーには、4種類もあって一瞬途方に暮れました←良く分からないからコスメ選ぶの苦手。

カバー&ストレッチコンシーラー3色←雑誌掲載
ハイライト&リタッチコンシーラー1色
#リンクはキャンメイクオフィシャルサイト

雑誌の切抜きを見ながら、カバー&ストレッチを手にとり、明る過ぎない色02ナチュラルベージュを手に取ってみました。


コンシーラーっぽいクレヨン感があって、確かにカバーしてくれそうなんですが、ちょっと重い感じが。

隣りのハイライト&リタッチを手に取ってみると、よりみずみずしい。



retuch4.jpg


皮脂吸収剤は入っていないようですが、そもそも皮脂の出る個所ではないし。その分潤い成分が入っていて、リタッチにはうってつけって、リタッチ用なのだから。


肌になじみやすく、シワが目立つこともなさそうですが、カバー力もありません。

retuch5.jpg

カバーというより「汚くなった目元をいい感じにキレイにしたい」のが目的だし、こちらをお買い上げしました。


■ ハイライト&リタッチコンシーラ

可愛いピンクの容器。プチプラは軽くていいです。

retuch2.jpg


グロス的な容器です。

retuch3.jpg


ブラシ部分はとってもやわらかーくて、ソフトタッチです。

retuch6.jpg


汚いメイクをこれで撫でてブラシを汚すと不衛生ですし、綿棒を持ち歩きます。できるだけ軽くしたくて、ずっと100円ショップの名刺大チャック付き袋に入れてます。。

retuch1.jpg



■ 実際にリタッチしてみた。

BEFORE
retuchbefore.jpg


あぁ、目元が黒ずんでるよこずちゃん!

マスカラはパンダにならないのを発見したのであからさまに黒くはならないのですが、

キャンメイククイックラッシュカーラーブラック★まぶたに全く付かず感動のノーパンダ!

何せ目の構造的にしたまぶたに色がスタンプされやすく、アイライン、アイシャドウ、いろんなものが目尻についてしまいます。


まずは綿棒にちょっとだけコンシーラーを取って馴染ませ、その綿棒で化粧汚れを優しく拭います。

その後、綿棒の逆の頭にキレイなコンシーラーを取って仕上げます。

AFTER
retuchafter.jpg 


右が汚れを取った側、左が仕上げた側。

retuch7.jpg


繰り返しますが、カバー力はありませんが、カバーが目的ではなく、滑らかで潤って光で飛ばしてくれるので、目元のメイク直しに丁度良いです。

しかも、600円くらいですし!

カバー力が必要なら、カバー&ストレッチコンシーラーをオススメします。





次は、リタッチ用の粉ファンデが欲しいなと思っています。

第一候補はシャネル(リタッチしてもらったら毛穴がキレイになくなったという体験をしたので)で、

マキアを買ってコスメフロアへ行って外資のカウンターを2件ハシゴした

しかしシャネルお高いですし・・・アットコスメの口コミは→こちら




NARSのリタッチ用パウダーも気になっています。定価4,700円。

値段も重量も軽そうでいい。さらにアットコスメの口コミがやたらいい。→こちら


あぁ、またコスメカウンターに行かなければならないのかと思うと気が重い←やっぱり苦手だが、試さずにポチっとする勇気もお金も判断力もない。



今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人

2017.04.04 (Tue)

眉毛の太さと黒目の大きさ&離れ目対策からの、今後の美人の方向性

日々メイクの試行錯誤を重ねている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

なかなかメイクが上達しない櫻田の、初歩的な試行錯誤を報告する、いったいどこにニーズがあるのか分からないシリーズですが、こういうの書くと、かなり客観的に自分を分析できるので・・・櫻田のニーズですね、あるとすれば。

今日もお付き合い下さいませ。

■ 眉の太さは黒目の2/3

MAQUIA:みんなのお悩みNO.1!「似合う眉がわからない」を徹底的に解決

最近描いている眉は、意外と2/3になっていました。黒目の真上の眉毛の太さで測ってみました。今までは1/2だったな。

kuromenookisa2.jpg


そう、前から気になっていたんですよ、ぱっちり二重の黒めがちな可愛い子の太眉を、櫻田の小さい目に当てたところで、それはアンバランスというものだろう・・。

確かにそうなんですが、それにしても眉が現在のトレンドに比して細く、現在どうにか必死で太くして、現在の太さに落ち着きました。

こういう「自分の持ってるものに対して」っていうのは分かりやすいし納得。

この2/3という基準も時代によって移り変わるのでしょう。アンテナは立てておかねば。


・ついでに、眉尻の「目の形と平行」について

真っすぐ気味な眉毛にすると、目じりと眉尻の角度が平行にならなくなる・・と思っていたら、

「眉尻の「上」のカーブは、目尻のカーブと平行に」(Marisolの今年のメイク記事より)

kuromenookisa3.jpg

あ、なんだ、そういうことだったのね・・・・。


また、美しいモデルさん達と比べると(比べるな)、眉毛と目の間の間抜け具合が気になる。

さらに言えば、目と目の間も広くて、あぁ、ぬぼーっとしてるんだよな・・・と思ってメイクでどうにかしようとしていたら↓


■ 目の間が広いから眉毛を近づけてたら怖い人になってた

肌らぶ:離れ目をカバーするメイク術|6つのポイント

はい、この1つめのポイントである、眉毛を近めに描いていたら、なんかどんどんエスカレートしていて、気付いたらちょっと怖い人になっていた気がします。




シュミレーション:内側に描いた眉毛。
mikennokyori1.jpg
シュミレーション前の、あまり中央に寄せていない眉毛。
mikennokyori2.jpg

眉頭も下げているので、眉毛と目の間の間抜け具合も解消されて、一挙両得とばかりに思っていたのですが、やり過ぎていたような気がします。

で、ふと、あまり寄せずに落とさずに描いて写真を撮ってみたら、それはそれで「やわらかい顔」な感じがして、いいんじゃない?と。

世の中的にも、離れ目はいいみたいなのもあるようだし。

matome:ミランダ・カーみたいな、愛され”離れ目”メイクのやり方!

こう、ずーっと突き詰めていると、ふと、力を抜いてもいいんじゃないか、抜きどころみたいなところが分かって来る気がします。





グッと目力のあるのも素敵で魅力的だけれど、無理矢理持って行こうとするとどこか軋みが生まれる。

自分の持っている素材を生かして、鼻筋のハイライトや、ツヤ感のあるアイシャドウで、前に出す感じを意識して、メイクをしていこうと思っています。

そしてきっと今度はハイライトを入れ過ぎて真夏なのにギラギラしてることに気づき、その後落としどころみたいなのが見つかるんじゃないかなと思います。

kabukimake_3.jpg

IKKOさん:ハイライトを入れた瞬間、顔って前面に出て来るから、立体感が生まれて存在感を放つ。

IKKOさんに教わるメイクの心構えIKKO 心の格言200





最近「女性らしい柔らかさ」の方向に自分が向っている気がします。

洋服の色や形選びやマニキュアの色、髪型、そして、メイクも。

ショートだった時は、カッコいい系こそが櫻田を引き立てると思っていたけれど、今は、少し女性らしい感じの方が似合う気がしています。

紆余曲折はこの先も続くのだと思うけれど、少しずつ、自分らしい「美しさ」に、近づいているんじゃないかなって、春だからかな、思ってます。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人
 | HOME |  NEXT