今日の櫻田

理想を詰め込んだ最高のドレスが完成【6日間でリトルブラックドレス】翌日にお直ししたけど

着るだけで自分に自信が出てくるような・・・そんなリトルブラックドレスを完成させて、悦に入っております櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

 

人生初のリトルブラックドレスを着て47歳になりました

 

ということで、ご報告が遅くなりましたが、このドレスを着て47歳になりました♪

*今までレカンで撮影頂いた中で、一番の笑顔♪若干引きつってるけど(笑)

 

ということで、リトルブラックドレス作りの、こだわりポイントをつらつらと。

この後ろ姿もヤバイんですよもう・・・美しい~!

脱いでひっくり返しても美しいんです♪

 

鈴木圭先生パターンのアレンジ

さて、鈴木圭先生のパターンを、いろいろとアレンジして作ったこちらのドレス。

 


鈴木圭の考えるドレスアップドレス | 鈴木 圭 |本 | 通販 – Amazon.co.jp

 

<レース>
身ごろの裏張りはレースと同じ一色にせず、胸でベージュに切り替え

<袖>
上袖・下袖二枚合わせ→一枚に合体
カフスは長め・細めに

<スカート>
ハリのあるヘビーサテン→テロテロ若干伸縮素材に

ストレートシルエットを、8cm絞ってペンシルスカートに
丈は長めのところを、11cm短くして、ひざ下丈に

 

また、自分のサイズに合わせて、7号サイズの「袖を2cm短く」「ヒップを6cm小さく」しました。

寸胴な櫻田が着ても、ヒップが余らずに着られる!歓喜!

 

既製服をこれだけお直しすると、お金も時間もかかるし、ヒップを6cmも小さくしたら、デザインが崩れてしまう・・・普通のお直しショップで受けてもらえるかも疑問。

そう考えると、ほんと、手作り服って、規格外の体型に、素晴らし過ぎる~!


↑はパンツを作った時の「寸胴発覚」事件(笑)

 

おしゃれを追求して学んだことの一つは、意図せずサイズ感の合っていない服は、おしゃれを台無しにする・・・ということです。

だから、お直しをよくするようになったけれど、最初からぴったりサイズのオーダー服にすれば、全て解決さ~その能力はないけど~(笑)♪

 

スポンサーリンク

 

「ズレ」こそが全て

そう、「ズレ」こそが、悪い意味での「手作り感」を生み、完成度を下げる!

 

最初はちょっとした、ズレ。

でも、そのズレが、型紙づくり、布カット、ミシン、アイロン、仕上げ・・・と重なって、シルエットの歪みにまで及んだり、なーんとなく美しくない服が出来てしまう。

 

ということで、特に後ろのコンシールファスナー部分、増やしてしまった沢山の切り替えを、しっかり合わせるために、何度か縫い直しました・・・一度でぴったり縫う技術はないので、根性で補いますっ!

ただ、レースの柄合わせは、後ろ中心の曲線を読み切れず、失敗しました。

 

何せ身ごろは、手のかかる布3種類が合わさっていて、ただでさえズレやすいんですよ。

 

特に、ベルト部分は、布が沢山集まっていて縫いにくく、端っこがミシンだといくらやり直してもズレてしまう・・・ので、一部手縫いで仕上げました。

 

 

ところどころ、びみょーにズレてるんですけどね・・・・ツメが甘い!

 

 

そうそう、レースの柄が「段々」になっているので(右側)

そこもできる限り合わせました、100%じゃないんだけど。

あと、裏張りした身頃と、地肌が透ける袖と、見た目の色差が大きく出たらイヤだなと思ったんですが、かなりいい感じに同色になってました。

 

最初は、肩は裏張りなしで透けさせようかと思ったんですが、下着を選ぶし、チラ見えとか気になっちゃって、着にくくなるな・・・と、ベージュの裏張りにしました。

 

あと、実は、裏地用の布は3色(ベージュサテン・もう一色薄いベージュ裏地・黒に近いグレー)購入していて、このベージュサテンは、トマトの激安コーナーで@200で最後に購入したもの。

買っておいてよかった・・・と、布山が罪上がるのを横目に見つつ(笑)

 

お誕生日ディナーが終わってからお直し

作ってる時に、「あとで作り直そう!」って思っても、なかなか作り直す気力って沸かないですよね・・・櫻田にもそんな服が沢山あります。

 

ですが、今回は気合が入っていたので、翌日に全てやり直しました。

 

まずは、一番気になっていた袖の縫い代のパイピング処理。

縫い代をキレイに切りそろえて、パイピングし直しました。

一気にステッチをかけてキレイに行く自信がなかったので、手でまつりました。

 

また、すっごく気になっていた、襟のすっごく小さな「ズレ」。

襟が後ろ中央部分だけ、少し高くなっちゃってたんです。ミシンのズレです。


*本当は、あと1mm右を短くしたかった

それを直したら、今度は左の襟の高さと大きく違ってしまって、ホックを取って左を直し、左を直してみたら、また右と高さが合わないという、永遠ループフラグ(笑)

どうにか、どうにか右を修正して合わせましたが・・・ヒヤッヒヤでした。

 

ということで、裏側も美しく仕上がりました!

 

あ、かなりフィット感のあるシルエットですが、布の伸縮性のおかげで、座ったり歩いたりにストレスはありません。

が!

後ろのスリット縫い止まり部分が、弱っちそうで・・・おしとやかな振る舞いで、スリットにストレスかけないようにせねば(笑)

 

リトルブラックドレス材料費:約6,000円

型紙


鈴木圭の考えるドレスアップドレス | 鈴木 圭 より

文中にある通り、かなりアレンジしております。

パターンいじるの楽しかったなー♪

生地

レース地:長戸商店さん
・@880円×1.5M = 1,320円
・ナイロン/レーヨンだったような

なお、仮縫いまでして却下となったレース地も、同じ880円です。

身頃裏布(サテンベージュ):日暮里トマトさん
・@200円×2M = 400円

スカート表地長戸商店さん
・@880円 ×1.5M = 1,320円
・ポリエステル97% ポリウレタン3%
・巾143cm

スカート裏地:長戸商店さん
・660@ ×1M = 660円
・キュプラ100%
・巾137cm

資材

・接着芯:30cmほど
・シャッペスパン90番 黒 在庫(一部ベージュ)
・コンシールファスナー58cm1本
・ホック:1組

 

材料費は本代含まず、総額4,000円ほどですが・・・レースは2種類買ってどちらも切り刻んでしまったし、裏布も3種購入したし・・・ということで、ざっくり6,000円ということにしました!

 

自分でパターンを作れるようになりたい!

今回の大作を終えて、湧き上がって来たのは・・・自分でパターンを作れるようになりたい!という気持ち。

やっぱり思っちゃうよね・・・まあ、いつかこの日が来ると思っていたけれど(笑)

 

ということで、パターンの学校案内とか本とか見てみたんですが、かなり深淵&学ぶ人が少ないから情報も少ない?

パターンメーキングの基礎―体格・体型・トルソー原型・アイテム原型・デザインパターン・グレーディング ¥8,580

 

でも、深みに足を踏み入れ過ぎて、楽しい洋裁が、楽しくなくなっちゃったらイヤだな~というのもあり。

ついつい、自分を追い込むクセがあるので。

 

ま、人生まだまだ先は長いので、洋裁を楽しみつつ、考えてみたいと思います!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました