2018年ある日の装いを振り返ってみる〜秋・冬〜

2019年こそ・・・と、毎年毎年同じこと思ってる気がする櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

はい、今年こそ美人になるぞ!

ということで、本日は2018年の装いを並べてみました秋冬編。

春夏同様、分類分析しながら振り返ってみます。

2018年ある日の装いを振り返ってみる〜春・夏〜

秋冬、自分のなりたいイメージ、醸したい雰囲気に、少し近づけた気がするのは、やっぱりコラージュ効果な気がします。

そろそろ、春夏のコラージュを作らなければ!

白・グレー・グレージュ の曖昧トーン

あーこれ好き。これ好きだわ。曖昧トーン。明るいトーン。

グレーは淡いグレーがいいのだね・・・グレーのストールを一段明るい色に買い換えたくなりました。

グレー×グレージュは、イマイチ地味どんよりもっさり感が出やすいので、もう少し白を足した方がいいな・・・以下4枚は、ちょっとイマイチ。

ストール、他の色、買おう。

白×ネイビーがやっぱり頻出

GUCCIのバッグのこのコーディネート好き!

ヒールではなく、スニーカーの抜け感が良かった気がする。

バッハ君のお下がり(櫻田が洗って縮めた)のざっくりニットが、抜け感のない櫻田のコーディネートにいいアクセントに。この2つも大好き。

この下の2枚も好き・・・気づいたら、お気に入りのコーディネートは、もれなくパール(コットンパールだけど)だな。そしてこの上下4枚は、全てスカーフ!

ネイビー多めのお気に入り

いいねーこれもいい。ネイビー一色に、スカーフ。

これは上の2枚ほどではないけど、まあまあ好き。ジャケットのネイビーと、パンツのネイビーと、ネイビーの色みの違いも感じた一枚。

これはちょっとさえないな・・・グレージュのコーディガン、春夏も合わせて、わりと「失敗」と感じるコーディネートが多い。暗い色ではなく、白とか淡いグレーと合わせる方がいいみたいです。

バッハ君とデートの最中に撮ってもらったので、緊張してポーズが固い、数枚しか撮らなかった、というのもある気がする・・・撮影も大切。

グレー×白

グレーは全体がくすんでしまいがちなので、クリアな白と合わせるのがいいですね。好きな色合わせです。

白の効きがイマイチで、重い感じになってしまった悪い例。

背景が重々しいというのもあるかも。

中は黒一色で、外がグレージュ/グレー

Pinterestの外国人のコーディネートを真似てみた企画。

それにしてもM-filのパンツのラインの美しさにうっとりします(上2枚と、下1枚)パンツは全部これにしたい・・・。

スニーカーの抜け感をもっと活用したほうがいいのかもしれない。

最後の一枚はハードすぎたかな。

ペイズリー柄のプリーツスカート

ザ・流行!で、これを着ていると、おしゃれな人扱いされることが多かったです。スニーカー合わせもやってみたかったので、今度やろう。

赤は好きですか?

小物で十分だな、いやむしろ、小物じゃないと着こなせないなって思いました。

好きなんですよ、赤。でも、小さなポイント使いが、好き。

ロゴが赤とか、バッグにチラリと赤、くらいでいい。

スカートの丈

フィッシュテール?な後ろが長い丈が嫌で、ブラウンジングして短くして着たりしてたけど・・・別に長くていいじゃん!おかしくないじゃん!ってことに2年くらいしてようやく気づいた、2枚目のダウンの写真。

やっぱり「好き」ではないけれど、もっと着よう!って、今年の実家参りに着て行きました。

ジャケットいろいろ

パンプスと合わせて綺麗目に着ている方が、好きな感じ。

グレーや黒の量が増えて危ないので、バッグは白にしたかったな。

デニムと合わせてカジュアルに着るのも好きだけれど、悪いわけじゃないのだけれど、良くもない気が・・・

    

今期導入したグレーのデニムはとてもお気に入りなのですが、どんよりした色合いが全体をくすませてしまうことがあるなと思っています。

軽めの色を合わせるとか、抜け感の出るようなコーデイネートをするとか、工夫が必要だなと思いました。

と、改めて自分のコーディネートを振り返ってみると、勉強になりますね。

改めて、水色アイテムや、明るめのグレー・グレージュを増やしてみたいと思います。

長く使える小物に、セールで出会えたらラッキーだなぁ。