新しいサイトへようこそ〜これまでを振り返る〜

お引越し作業が・・・完了はしていないんですが、この辺で見切り発車することにしました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ご無沙汰し過ぎてしまったし、サイトの細いところにこだわるより、まずは記事を更新していこうとオープンしました。

しばらくはサーバーのなんちゃら設定が安定しないので、古いサイトと新しいサイトがMIX状態になるかもしれませんが、数日で安定するらしいので、しばらくご辛抱くださいませ。

さて、2012年から書いてきた、1700以上の記事を、引越し作業中にちょいちょい読み返すこともあり(大掃除中に、卒業アルバム見出しちゃうアレです)、これまでの軌跡を振り返ったりしてみました。

ワタシイケテナイッ!

このブログを始めた頃、お恥ずかしいのですが正直に申し上げると、雑誌のようなおしゃれさはないものの、なんとなく自分は「それなり」だと・・・いやもちろん、美人じゃないことは重々承知だったんですが、服装はそれなりだろうと思っていたのですが・・・

ワタシイケテナイッ!

20120424.jpghttps://imasarabijin.com/wp-content/uploads/20120401.jpg20130126.jpg

ブログにアップすることで大いに気づかされ、最初は自分の外見を客観的に見る訓練というか、自己認識と客観的な自分のギャップを突きつけられる毎日でした。

基本的な身だしなみ等を教えて頂く

次はシワはアイロンかけなきゃとか、メイクブラシは洗わなきゃとか、ハンガー揃えようとか、チャックが壊れるまで履いちゃダメだなとか、ハンカチ持ってなかったとか、そういった、欠落していた「レディーとしての基本的な部分」を皆さまに教えて頂きました。

今週一週間毎日ハンカチを持つことにした
メイクブラシがホコリかぶってますけど

親身にアドバイスくださった皆さま、ありがとうございました!

chikazawa_lace_2018_1.jpg

「運命の○○探し」

また、ほどなくして「運命の○○探し」という旅が始まります。

パテントのヒール、黒いジャケット、デニム、センタープレスのパンツ、白シャツ、Tシャツ、タイトスカート・・・本に書いてある「美人必携の10着」的なものを参考に、実際見に行って、試着して、一つずつ「自分を美しく見せてくれるアイテム」を見つけて行きました。

白シャツ記事一覧
靴(パンプス・ショートブーツ等)記事一覧
美パンツ記事一覧
コート(トレンチ)記事一覧
タンクトップ記事一覧

この頃の試着行脚や試行錯誤は、おしゃれの筋トレに相当なったと思います。

また、骨格診断&パーソナルカラー診断を受けて「自分に似合う条件」というものがあることを知ったのは衝撃的でした。

骨格診断&パーソナルカラー記事一覧

しかし、この時の櫻田は、診断の条件を満たした、自分の身体にフィットする、クオリティの高い、運命の一着を纏えば、すぐ美人になれる、美人オーラを出せると信じていました。

勇気を出してルブタンを試着してみた!
(美人が誕生する瞬間。ネタです)

確かに、ウィンター&骨格診断ストレートに似合う、色がある程度整ったワードローブが揃ってくると、多少なりともそれなりに見え出すのですが、垢抜けないのは変わらないし、すぐ買い物失敗するし、何着ていいかすぐ分からなくなる。

えー美人の10着はほとんど揃ってるのにーそれほど間違ってないはずなのにー。

同時にヘア・メイクについても少しずつ変えて行き、時代遅れの細アーチ眉が少しは今っぽくなったり、資生堂のメイクアップ教室でメイクに開眼したり。

メイク記事一覧
資生堂メイクアップレッスン受けたら美人度10割増し

makelesson4.jpg

「魅せる」ことの大切さも教えて頂きました

ファッションブロガーさん達は、ありえないくらい写真加工してるもの。それもどうかと思うけど、櫻田さんそのまま過ぎ!せめて、撮影の時は補正下着つけるとか、明るいところでアラを飛ばすとか、そういう努力も必要だと思う。

というようなアドバイス頂いたことがありました、ありがとうございました!

最初の頃は、櫻田自身が美しくなればいいのであって、撮影環境とか撮影方法とか背景とか云々は誤魔化そうとしてるだけだ!と思っていました。毛穴と同様、ありのままを撮って観察すべきだと。

でも、自分が美しく見えるように「演出」すること、それはすなわち、自分を美しく見せるための勘所を学ぶためのトレーニングなんだ。

そう気づかせて頂いてからは、撮影環境やポーズなど、こだわるようになりました。

BEFORE

AFTER

数々のおしゃれ指南本にトライして気づいたこと

さらに、様々なおしゃれ指南書を読んでは、実行してきました。

櫻田こずえおしゃれ紆余曲折★そしてクローゼットマップに辿り着く

そこでルールやテクニック等学んで来たですが、最終的に気づかされたことは「なりたい自分」「好き」という軸がなければ、おしゃれにも美人にもなれないこと!

ということで、今度はなりたい自分探しが始まります。

birthdaynotenew.jpg

#コラージュと世界観がちょっとずれてるのよねぇ・・・今さらですが!

櫻田史上最高のおしゃれになる!でかなり「なりたい自分」を深く考えましたが、その後それが生かされているかと聞かれると、かなり怪しい・・・。

何が運命のアイテムで、どんなバランスがベストで、どんな髪型が、メイクが・・・それは、似合うとか、流行しているとかで、客観的に導かれる、誰かが決めてくれるものではないんだなと。

雑誌やおしゃれ指南書、有名なスタイリストさん、骨格診断やパーソナルカラー診断、店員さん、美容師さんが「正解」を教えてくれるのではなくて、自分がどうなりたいのかがしっかり決まっていれば、自ずと正解は導かれるもの!

おしゃれと美人

おしゃれと美人って、どういう関係なのかな?というのも、美人本を読んだり、美人観察をしながら、よく考えてきました、ウダウダと。

本・雑誌レビュー記事一覧
美人論記事一覧

おしゃれだから美人とは限らないけれど、美人はおしゃれな人が多いような、おしゃれだと美人に見えるような、美人じゃないならせめておしゃれにしないと雰囲気すら醸せない。

「美しいというのは、整っていること、雑音が少ないこと」という言葉を昔よく使っていましたが、何を持って整っていると言うのか、何が雑音で何が雑音ではないのかは、何かの基準があってこそ決まるもので「スタイルのあるおしゃれ」はやっぱり美人に必要だよなと、まとまりがなくなって来たので、ヴァンテーヌチックな言葉で結びたいと思います。

ということで、今後もタイトル通り「美人目指して」参りますので、どうぞよろしくお願いします!