今日の櫻田

Sewing mends the soul★ソーイングは傷ついた心を癒す

海外のソーイングサイトを見るのが大流行中の櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

底抜けにハッピーでカラフルな、Sewistのサイトを見るのが好きです。

15 Sewing Blogs You Need to Follow Right Now(←こういうサイトから)

で、ネットサーフィンしてたら、「Sewing Quote」サイトで素敵な2つの文に出会いました。

直訳すると「ソーイングは魂を直す/繕(つくろ)う」かな。

櫻田は自分の経験を背景に、こんな超個人的な意訳をして、胸に刺さりました。

ソーイングは
ほつれた服を
繕うように
傷ついた心を
癒してくれる

きっと、人の数だけ解釈があると思うけれど。

中学生以来、43歳で洋服を作り始めて、この文に出会って、胸がキュン(笑)としました。

ソーイングは私にとって、単なる実用的な趣味を超えて、セラピーなのだと。

 

洋服を選ぶ時、

ダサイと思われないかな、
周りから浮かないかな、
トレンドから外れてないかな、
骨格診断的に間違ってないかな、
似合ってるかな・・・

いつも、「他人の基準」で正解を探していました。

でもそれじゃ、どんなに洋服を買っても、例えオシャレだと言ってもらえても、自分はハッピーになれない。

 

一方、洋服を作ろうとする時、

とことん「自分の好き」を大切にしているんです、自然と。

「他人の基準」で「自分の好き」にダメ出ししない、お姫様気分で夢の服をイメージしている。


#こんな袖のブラウス、買おうと考えたことない・・・

 

小学生で初めて服を作った時のように、ピュアな気持ちで、好きをいっぱい詰め込んで。


#小学卒業式のピンクに白襟のスーツと、中学生の時に作った、水玉×グレーの盛り盛りツーピース!

ソーイングをしている時、
(主に妄想している時w)

「自分の基準」が尊重され
「他人の基準」から解放される

「自分」が大切にしている気がして。

それって、自分が自分を取り戻す、そんな癒しの時間なんだって、2つの文に気づかせてもらったので、シェアさせて頂きました。

ちなみに、どちらも詠み人知らず、のようです。

洋服に限らず、いつも、他人からどう見られているか、常識やルールから外れていないか気にして、「自分の気持ち」を押し殺して「ちゃんと」しなければと、必死にもがいて来た。

もう「ちゃんと」生きることは諦めましたが(笑)、50歳に向けて、自分軸でハッピーに生きる道を、ソーイングに教わっているような気がします。

だからこれからも、正しいソーイングより、楽しいソーイング♪

今回はインスタにも同じ内容を投稿していますが、ブログ版の蛇足をば。

Sewing is cheaper than therapy.
(直訳:ソーイングはセラピーより安い)

っていうのもあって、激しく笑いました。

櫻田、100万以上使ったからね、セラピーとか心理学の勉強とかに。

マトラッセ買えたし、追加でロックミシン買えたわー(笑)

あ、でもね、「ちゃんとしなきゃ!」の「ちゃんと教信者」のままでソーイング始めてたら、ちゃんと縫えない自分を責めて、チェロのように、縫うのが怖くなってしまったと思う。

正しいソーイングより、楽しいソーイングなんて、口先だけで、心から思えなかったと思う。
(今も100%はそう思えないからこそ、声高に何度も言うんだけど)

だから、人生の必要経費だったと納得してるんだけど・・・あぁ、100万円あったら衣縫人の4本糸の買えるなぁ・・・18万。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トリムビン・ロックミシン糸を特別付属!ベビーロック ロックミシン 「衣縫人BL5…
価格:184800円(税込、送料無料) (2021/4/29時点)

楽天で購入

 

最近、ロックミシンのことばっかり考えてる。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました