今日の櫻田

千鳥格子のジャケット・リフォームが完成★反省大会

年末にジャケットが完成した件、ご報告するのをすっかり忘れていた櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

 

はい、こんなジャケットできました♪

 

スカートは11月に作ったグログランのタックスカート。

 

セレモニー用のツーピースみたいな感じ。

お姫様ってより、謝恩会に行けそうな保護者感(笑)=コンサバ感

トレンドとは無縁の世界です。

 

ちょうど1年前に、ボクシーな、ドロップショルダーで作ったのですが、

 

シルエットがどうしても気にくわなくて・・・リフォームしました。

【2021.12.22】千鳥格子のコートジャケットをリフォームしている理由

 

その、作成徒然記録、主に反省大会です。

スポンサーリンク

 

反省大会

柄合わせ

柄モノは、パーツごとにラインを合わせる必要があるので、それがめちゃ難しかったです。

しかも、布地は超限られているので、その中でのやりくりという、2重苦。

 

 

真ん中は、まるで一枚の布のようにぴったり揃えたかったのだけれど、ちょっとダブってしまった。

 

 

↓は、画像加工でぴったり合わせてみました、こうしたかったのに!

 

 

こんなの、作った人しか気にしないと思いますが・・・作った人は気になるし(笑)、全体的な印象・完成度に、実はしっかり影響してるんですよ。

精進せねば。

 

裏地の縫い合わせの汚さよ

反省その②は、裏地!

奮発してシルクを裏地に使ったんですが、それは良かったんですが・・・

 

アメリカVougeのパターンのディレクション、裏地付きジャケットなのに、「どんでん返し」がないんですよ。

 

「どんでん返し」とは、表地と裏地を、極限まで中表で縫い合わせて、ひっくり返すこと←あってる??

クッション作るとき、中表で縫い合わせて、ちょっと開口を残して裏に返すじゃない?

表から縫い合わせるより、断然キレイに、そして簡単にできるワケですよ。

 

あれをジャケットでやるわけです、袖付きなのでものすごい複雑なんですけど。

 

去年はその「どんでん返し」で作りました。

 

なんだけど、Vougeの作り方ではどんでん返しがなくて(英語の説明を正しく理解できていなかったのかもしれませんが・・・)、いろいろ「手でまつる」箇所が多くて大変でした。

 

特に、特に、もう二度とやりたくないのは、袖の上半分を手縫いで縫い合わせるっていう、無理ゲー。

 

 

下半分はミシンでどうにか縫って、手縫いでってさ・・・・もう、無理ゲー。

3個くらいチョコ食べたよ、この作業中イライラして(笑)

 

 

袖の方はアイロンかけて折り目付けて、身頃には出来上がり線を引いて、待ち針で留めて・・・あぁ、でもキレイにできなかった。

納得できるまでやり直すのが信条ですが、この時はもう、そんな気力は残っていませんでした(笑)

 

 

かがむと外れるホック

いくつあるんだっつーの!って感じの反省点。

前はボタン留めにする布地の余裕がなく、突合せで、ホックで留めてるんですが・・・

 

 

嫌な予感はしていたんですが、何せ、着ていく日が迫っていたので、ペンチでホックを抑えて外れにくくし(留めにくいけどw)、どうにか。

 

コサージュの裏側がヒドイ

で、最後の反省点は・・・コサージュ。

 

 

スカートの布と、ジャケットの布を、3時間くらい、あれやこれやとやってみて、最終的にこんな感じになりました!

 

で、もうほんと時間なくて、最初はグルーガンで仕上げようかと思ったんですが、修正効かなくなるなって思って、フェルトにブランケットステッチで台を貼り、そこにコサージュピンを付けたんですが・・・

 

 

急いでいたのと、久しぶり過ぎたのと、適当の3乗で、葬り去りたいレベルの雑さに。

ま、土台を付けて、2か所ピンを付けたので、大き目ですが安定してついてくれます。

 

鳩胸効果

あと、すっごーーーーーーーーーーーーーーい致命的なんだけど、なんか鳩胸に見えるよね(笑)

 

 

しかも、なんかちょっと垂れてる感じに、ちょっと下の位置で(笑)

プリンセスラインの型紙を選ぶべきでした・・・なんか、千鳥格子柄の錯覚効果で。

これは大誤算でした(笑)

 

 

そんな、反省点ばかりのジャケットですが、いつも通り、理想のイメージに近づくように、頑張って作りましたよ~。

 

 

千鳥格子ジャケット:材料費約8,000円

型紙

海外型紙サイトから。

V7975 | Misses’/Misses’ Petite Collarless Jackets | Vogue Patterns

セールで6.99ドルだったけど、送料が同じくらいかかったので、1500円ってことで。

一番小さいサイズで、かなり丈を短くして作りました。

生地

表地:2M 5,000円くらい(リフォーム前の生地そのまま)
裏地:1M 1,000円くらい(リフォーム時に追加)

資材その他

・60番ミシン糸グレー(在庫)
・接着芯1M くらい
・伸び止めテープ
・ホック

全て在庫から出しました。

概算コストは、パターン代も入れて8,000円くらいかな。

 

生まれ変わった、千鳥格子のジャケット。

 

 

やっぱり着ていく機会は少ないと思いますが、何でもかんでも着まわせる服じゃなきゃ!ってこともないな、と。

でも、ちょっとカジュアルにも着崩してみたい気もして、ワクワクしてます♪

 

コメント

  1. kiyo より:

    あけましておめでとうございますー。
    いつも楽しく拝見しています。

    リニューアル後のジャケットの方が生地の雰囲気とあってて素敵ですね!

    どんでん返しがないのって、今回のジャケットがセットインスリーブだからかなぁって思います。
    ドロップショルダーとかラグランと違って肩回りにゆとりがすくないので、ダーツとかギャザーをいれて着心地を確保してるから、あらかじめ袖を肩に縫い付けるのが難しいんじゃないかと思います。
    別々につくって、トルソーに着せてしつけをかけて、試着を繰り返して、やっと縫うみたいな?
    すっごい大変で私は無理ですが、上手につくれば肩回りのコンプレックスをカバーできるオーダーメードのお洋服になるんじゃないかなぁって思います。

    • こずえ より:

      kiyoさん、
      あけましておめでとうございますー!

      なるほど、セットインスリーブ、下側だけミシンで縫うのも大変でした・・・そうか!
      ありがとうございます、謎が解けて、Vougeへのお門違いの怒りも(笑)恥ずかしくなってきました。

      この手順を美しく仕上げるには、丁寧さと根気、技術と経験も要りそうですが・・・いつかビューティフルに仕上げてみたい!という闘志も沸いて来ました♪
      本物のオーダーメイドのお洋服、作れるようになりたい★

      洋裁も奥が深い・・・ハマれるだけ、どっぷりハマってみたいと思います!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました