今日の櫻田

レーストレンチコート「裏地ナシ」に変えて大変なことに★ほぼ愚痴

製作中のレーストレンチコート、裏地ナシに変更して、現在試行錯誤を繰り返しております櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

 

この美しい透け感を活かさないなんて!

 

 

ノースリーブの腕が透けるのも、この上なく美しいなぁと。

 

 

で、裏地ナシにして、手間が倍増、いや、3倍くらいになったという愚痴と、

それでも裏地ナシにした櫻田エライ!というドヤリが、本日の主なテーマです。

 

スポンサーリンク

 

裏地ナシなら、裏を美しくせねば!

 

裏地ナシって、なんか手間が省けたように思うじゃないですか←実際自分で思った(笑)

 

 

でも、裏地があることで、内側のいろんなところを「見えなく」してくれて、実は「裏地をつけることで手間が省けていた」りするんです。

 

具体的には、縫い代、本来ならば裏地で隠れるはずだったところ・・・

 

 

これが見えるって嫌だな・・・。

 

手作りならば、このままジグザグミシン処理でも・・・いやいや、そこは美しく仕上げたいじゃないですか!

 

*伸び止めテープ貼ってない側を倒すよう、もう一度付け直す予定です。

 

ってことで、縫い代を全部、バイアステープでくるむ、という作業が発生しまして、

 

購入したバイアステープ、なんと16メートル!

 

裾と見返し以外は、ほとんとが、ステッチ等を「ほどいてから、パイピング」という、苦行

 

さらに、脇のベルトループも解くという、苦行

 

しかし、苦行を前にすると「謎の闘志」が沸くMな櫻田!

 

 

縫い代のバイアステープは、細い方が美しいと、櫻田は思うので、8mmではなく、12.7mmを半分に折って、6mmにするか迷い・・・そしたら、日暮里3軒は8mmがオフホワイト在庫切れしてたよっ(笑)

 

ってことで今日、自転車乗って近所の洋裁店に買いに行きましたよもうー!

 

しかも、いろいろ試した結果、バイアステープは巾2種類を使い分け予定です、凝り性です。

 

フラップを作り直します

 

↓袖付ける前ですが、このガンフラップとストームシールドの2つを、付け直すことにしました。

 

 

どこも裏地を使っていないのに、フラップだけ裏地が付いてるの、イヤかなぁ・・・
(肩章はついてますが、影響少ないのでそのままですけどね)

 

で、作り直すことにしました。

 

迷ったんですが、レースにハリを持たせたくて・・・・見返し等と同じように、薄い接着芯を貼ることにしました。(裏地付きと透け感はほぼ誤差だけどw)

 

 

さらに、

・フラップの周囲をバイアステープで縁を処理したい

・ガンフラップの仕上がりが不満だった

 

ってことで作り直すことにしたんですが、そうすると、袖も、脇も、一度ほどかなくてはいけないんですよ・・・そして僕は途方に暮れるー!←大沢誉志幸さんの名曲

 

そこまでやるべき?

 

でも、このトレンチコートを着るたびに「やっぱり作り直せば良かったなぁ」って思う位なら、今頑張った方がいい!

 

結局透け感は減りますが一部だし、胸と背中が、ピシッとして美しく見えるのって、全体の印象を美しくするなーとか。

また、最初から、パイピング処理も候補にあったんだけど、ここだけパイピングってのもな・・・と却下した経緯があり、今度こそは!とか、半日くらい迷いに迷って(笑)

 

ただ、やっぱり作り直さない方が良かったなって可能性はガッツリある(笑)

 

やらない後悔より、やって後悔です。

 

 

ということで、当初の計画から大幅に変更となりましたが、ますます、夢のようなトレンチコートに近づいて、そして夢を超えてくれるはず!

 

 

そして、20日までに!という目標は、消滅しました(笑)

 

なお、裏地ナシにしようか悩んでいた時のポストはこちらです。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました