今日の櫻田

ファッションの欲求4段階説~マズローの欲求5段階説をファッションに当てはめてみた~

2万枚ほどのコーディネート写真を整理していた時、ひらめいて腑に落ちた櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ちょっと心寄りのお話ですが、なぜ今、櫻田は「自分らしいおしゃれ」を求めるようになったのか、すごく腑に落ちて、そして今後の課題は何なのか、ちょっと俯瞰できました。

マズローの欲求5段階説

心理学やマーケティングを学んだことのある方なら、聞いたことがあるかもしれません「マズローの欲求5段階説」

「人は自己実現に向かって絶えず成長する」という前提で、人には5段階の「欲求」があり、低いものから順番に現れ、ある程度満たされると次の欲求が現れる、という人間の心理行動をモデル化したものです。

<欠乏欲求:何か足りない!>

1.生理的欲求:生命を維持するための、食欲・睡眠欲・性欲等

2.安全の欲求:安全の欲求(そのままやんけ)

3.社会的欲求:家族やコミュニティに所属し、受け入れられたい

4.承認欲求:自分が価値ある存在だと確認したい(他者からの評価 / 自尊心)

<成長欲求:成長したい!>

5.自己実現の欲求:自分らしさを表現し、活かし、能力を開花させ、自分らしく生きたい

櫻田、「ファッション」という領域で、これを順に登って来たのかなと思いまして、ファッションに当てはめてみました。

ファッションの欲求4段階説

パッと思い付きですし、無理やりな部分もあること、ご了承下さいませ~。

1&2:生理的欲求&安全の欲求

衣類に関する欲求は、生理的欲求は満たされた上での欲求なので、ファッションにおいては2.安全の欲求からのスタート。

寒い・暑いといった環境の変化に適応し、それぞれの活動(料理するのか、工事現場か、森林を切り開くのか、宇宙飛行するのか)において安全を確保でき、かつ、快適に行動できること。

この2つ欲求が満たされていれば、私はOK♪という人も沢山いるし(それが良い悪いという話ではなく)、更なる欲求が出て来る人もいる。

3.社会的欲求

家族や学校や会社、地域コミュニティー等、何かに所属して受け入れられ、安心したいという欲求。

これは、ファッションにおいては「みんなと同じものを着たい」という欲求かな、と思います。

分かりやすいのは、高校生の時、クラスの女子達が同じブランドのバッグ持ってたり、靴下の長さやボリュームが一緒に変化したり(笑)することかな。

流行を追うって、その時代に所属して、みんなと一緒で安心したいって欲求だと思います。


#みんな持ってたよね、レスポ。

櫻田はこのブログを始める前までは、安全が満たされていれば大体OK!な人で、特に流行に関しては毛嫌いしてました。(アンチも結局は流行を意識していて、その意味で、所属の欲求が満たされているのだけれど)

で、ブログを始めてやり始めてからは、

「オシャレな人達が持つものを、とりあえず持ってみる」
「トレンドと言われるものを、とりあえず買ってみる」
「オシャレの基本セオリーに、とりあえず習ってみる」

だったな、と振り返って思います。

いい靴がいい場所に運んでくれると言うので、セルジオロッシのパンプスを買い

遂に★セルジオロッシのマネキン9cm黒パテント買いました!

ホテルやレストランでは靴とバッグで判断されると、ロエベのバッグを買い

本当のオシャレはインナーと聞けば、ハンロのキャミソールを買い

#ユニクロのキャミソールの方が平民には快適だった・・・

ナウなTシャツはコレと各紙が推すなら、ジェームスパースのTシャツを買い

#ちなみに完全に失敗だった・・・

いろんな人が持っているスタンスミスやNBを買い、

スタイリストさんが推すからワカオの傘を買い、L.L.Beanのトートを買い・・・

こんなふうに「みんなが持っているもの」で、ワードローブが埋まって来ると、時代の折り紙付きっていう安心感があって、心の余裕が出来たように思います。

#消費社会・資本主義社会に取り込まれたともいうのかもw

そうなってくると、次の段階の欲求が生まれてきます。

4.承認欲求

いわゆる「いいね」が欲しい!ってヤツです。

櫻田のコーディネートは「いいね」の嵐ではありませんから、十分に「承認欲求」が満たされているとは思えません。

たまに多めに「いいね」が付くと、ウキウキしてスキップしており、まだまだ、欲求は満たされていないようで、どうやら櫻田は今、この段階にいるようです。

が、こういう欲求って底なし沼な感じしますよね・・・もっといいねが欲しくなって、インスタ映え狙った写真撮ろうとして崖から落ちるみたいな。

ところで、承認欲求って2つに分けられるそう。

低位の承認欲求:他人からの承認
高位の承認欲求:自分が自分で承認

ブログを始めた頃は、人から「それでいいよ!」「それで正解!」って言ってもらわないと不安でしたし、「ダメ!」と言われれば、そうか私はダメなのかと落ち込んでしまいがちでした。親切なアドバイスも「自分に対する攻撃だ!」とか思ってしまうこともありました。

でも最近は、自分を自分で承認できるようになって来たので、昔に比べたら、相当落ち込まなくなりました。

真ん中分けにしてみた~美人とかブスとか~

櫻田こずえ6年の変化を顔写真で比較~今さら美人になれたのか?~

自分で自分を好きになって、愛せるようになって来た。

ということで、このレベルの欲求も、少しずつ満たされて来てるな~と。

そうすると、むくむくと沸いて出て来るのは、次の欲求なんです、マズローさんによると。

5.自己実現の欲求

自分にしかできないオシャレをしたい!
自分らしいオシャレで自分を表現したい!
他人の理想ではなく、自分の理想に近づきたい!

そういう話ばっかりしてますよね、最近。

3も4も、他人の理想なんですよね、他人というか、他人の集合である社会の、ファッション業界の。

でもまだ、しっかりと「4.承認の欲求」を満たしきれていないから、そこに踏み込む勇気が出ない=心の底から「自分の理想を追い求めたい」という欲求が、まだ起きていない

というのが、今の自分の状態なのかな、と思っています。

だから、現在の櫻田の課題は、4.承認欲求の「高次の承認欲求」を満たすことなんだと思います。

自分で自分をしっかり認めること、

そのためには、評価の軸を自分の中に求め、他人の評価やトレンドに、依存するのでも、拒絶するのでもない、適切な距離を取れるようになること。

それが、今の櫻田には必要なことなんじゃないかと、このマズロー要求の5段階説に教えてもらったような気がします。

もちろん、マズローの理論で全てを説明することはできないし、しかも櫻田が即席でファッションにあてはめたことだし、外から見えない心の事なので、他にもたくさんの要素が働いていると思います。

ただ、今まで何をして来たのか、自分がどういうフェーズにいるのか、なぜ自分の心がそういう方向にかき立てられるのか、そしてこれからの課題は何なのか・・・それらを一つの観点から俯瞰することが出来て、めちゃくちゃスッキリしております。

蛇足:ブランドバッグが欲しいのは、何欲求?

3.社会的欲求:みんなが持ってるから持ちたい

ルイ・ヴィトンのスピーディ30モノグラム★中古購入の長い経緯と実質5万円の内訳

意を決してヴィトンのバッグを買ったのは、櫻田にとってはいろんな意味があったけれど、それまで抵抗していた、3の所属の欲求が完成された感がありました。

4.承認欲求:みんなに羨ましがられるから持ちたい

でも、今ブランドバッグが欲しいと思うのは、みんなが持ってるからと言うより、羨ましがられたい、いいねが欲しい、の、低位の承認欲求が強い感じがしています。

海外のファッションエディターやインフルエンサーがみんな持ってるから(今ならボッテガ?)、じゃなくて、そのブランドの哲学に共感するからとか、デザインに心底ほれ込んだとか、自分のワードローブには絶対欠かせないとか、ビビッと来たとか(笑)、アイデンティティを託したいとか!?

5.自己実現の欲求:私らしいから持ちたい

そう胸を張って買いたいな、な~んて思いました!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました