今週の櫻田10/25更新

20年振りくらいに洋服を作ってすごい幸せ~花柄のスカート~

小学校の卒業式は自作のピンクのスーツ(のようなもの)を着た櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

小学生の頃、洋裁・編み物・お菓子作りが大好きな子だったんです。

で、最後に洋服を作ったのは高校生か大学生の時かな、、、超ざっくり20年以上振りということで。

祝、完成!

では、作成前に時を巻き戻して・・・・

この洋裁本も、20年前くらいにすっごい憧れて買ったもの!

1996年の本です、一着も作ったことなかったけど、眺めているだけで幸せだった。

G・ケリー、O・ヘプバーン、C・ドヌーヴ、B・バルドー、C・ヘプバーン。素敵な5人の女優をお手本に、憧れの服を作りました。ちょっぴりクラシックで、初々しい品の良さを持つ20点。

今でも雑誌の特集などで目にする方々・・・彼女たちの美しさは普遍的なのですね。

見習いたい~

で、人生初!

日暮里の繊維街に行って参りました!

時を忘れるくらい楽しかった・・・・ヘトヘトになったけど。

幼いころは憧れるだけで、近所の手芸屋しか行けなかった。

大人ってすごい、好きなところに行ける!

ってことで、材料揃えました。ユザワヤにも行きました。

裏地つけたかったけど、作り方に入ってなかったので断念。

何せちゃんと作れるかどうかも分からず、どうつけていいかも分からないし、作り方に忠実に、もちろんラクだってのもあるけど。

思いのほか難しかったのが、このウエストのタック。

タックとタックが重なり合うので、悩みまくりました。

わーい出来上がり♪

と、写真を撮ったんですが・・・ファスナーのところにしつけ糸がついたままだったり(笑)

ウエストベルト芯が硬すぎて、布が負けて?なみなみになってしまったり、

ウエストベルト芯を間違えて短く切ってしまって、継ぎ足した部分が段差になってたり、

ウエスト部分、前後で段差ができてしまい、やり直したら、タックのしつけ目的のミシン目が外に出てしまったり・・・。

ウエスト部分も、ファスナーも、持ち出し部分(左右間違えた)も、全部1回やり直しました。

やり直しが必要だとわかる度、心折れそうになるんだけど・・・出来上がった時の感動ったらもう。

トルソに着せた時の感動ったらもう。

まー可愛い♪

ってさ、これ、いったい、どういう時に、どういう所で、誰が着るんだろう・・・。

そういうのを一切無視して、いいなーと思う生地で、お姫様みたいなシルエットで、ずっと憧れていた本で、ただただ、好きに忠実に作りました。

お姫様ーーーーーー

ま、これもちょっとした心のリハビリです。

役に立つか立たないかとか、似合うかに会わないかとか、年齢がどうとか、ワードローブがどうとか、一切考えない。

自分の心がふわっとするかどうか、そうそう、ときめくかときめかないか、だけで決める。

そして、誰が着るんだろう・・・なんて思わず(笑)、自分で堂々と着てあげて~。

で、いったい、どういう時に、どういう所で・・・・(笑)

で、ネットでね、同じ柄の色違いのスカート発見したのよ。

インタープラネット(多分、20代OL向けな気がするんだけど・・・)で。

花柄スラブグログランフレアスカート

大笑いしたわ。

定価17,600円、セールで60%オフだったようです。

そうそう、1M800円くらいで、幅広だったから2Mで作れました。

次回は、昔のこのコラージュ(今もこのテイスト好きで変わらない)の、右下のフレアスカート作りたいと思っています。

ちょっと落ち感のある素材で、水色の色味も厳選できるから嬉しい。

パネルスカートの、裏地付きの型紙を探そう♪

あー楽しい。

1+
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました