今週の櫻田7/14更新

憧れの世界〜中村三加子さん・鈴木圭さん〜

スポンサーリンク

Mikako Nakamuraのお洋服に憧れる櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

上質でシンプル、そしてクラシカルだけれど、決して古くない・・・そして着る人を選ぶ服!

選ばれたい!

中村三加子さんの世界

価格的には雑誌Preciousレベルで、ワンピースだと15万円くらい〜・・・・・って感じです、えぇ。

「デザインしないことが私のデザイン」というコンセプトより生み出されるMIKAKO NAKAMURAのミニマルなクリエイションは、どんな時にもその時代の空気感に寄り添います。中でも長きに渡って愛され続けている12型をご紹介いたします。

こちらがそのオフィシャルサイトの:MASTERPIECE

代表的なマスターピースである、コートの佇まい・・。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIKAKO NAKAMURAさん(@mikakonakamura_official)がシェアした投稿

今期のこのワンピースなんて、ほんっと美しい・・・。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIKAKO NAKAMURAさん(@mikakonakamura_official)がシェアした投稿

この洋服が似合う女性になりたい・・・けど、なんだか実際(櫻田なう)とかけ離れ過ぎている。

この洋服に似合うパンプス、バッグ、、、そしてシチュエーション・・・どこにあるん?

何をどう考えても、なんだかどころじゃなくて、全く違う世界・・・もう、皇室とか王室レベルな佇まい。

でもいつか・・・と、思い続けることで、自分をそちらに引っ張る!

そんな中村三加子さんのことは以前から好きで、妹ブランド?の、M・filのパンツを2本手に入れ、その仕立ての良さや素材の美しさを溺愛しているところですが(あ、この記事を書いている今も履いてますネイビー)

初めてのM・fil:定番梳毛イージートラウザーズ9分丈の美しさを手に入れた!(2018年)

M・fil関係記事一覧

最近気になっている方が・・・

鈴木圭さんの世界

鈴木圭さんというデザイナーさんなのですが、クラシカルで上品なテイストがとても素敵なのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KEI SUZUKIさん(@__keisuzuki__)がシェアした投稿

「エッセンスは50年代後期のディオールやジバンシー。」とインスタにありましたが、ほんと、こういう世界、憧れます。

しか〜も、鈴木さんを知ったのは、こちらのソーイング本から。

この素晴らしいシルエットのワンピースが自分で作れるだとーーーーっ!
(一応、ワンピースやジャケットも大昔作ってた・・・まあ、ひどい出来だったけど、宝物だった)

こちらの新作も素敵です。

今、非常にソーイング魂が湧き上がって来ています。

沸騰寸前。

ロックミシンポチっちゃうかも・・・ワクワク♪

インタビューもありました。

そう、イラストレーションがとっても素敵で、素敵で・・・。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KEI SUZUKIさん(@__keisuzuki__)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

KEI SUZUKIさん(@__keisuzuki__)がシェアした投稿

う〜ん痺れる〜。

かつ、ご本人も王子様過ぎて苦しいです。

インスタグラム、遡るとなんだか「バレエされてます?」っていう王子様的雰囲気を堪能できます。

あら、洋服が好きなのか、ご本人の単なるファンなのか、分からなくなって来たわ・・・。

オフィシャルサイト:SUZUKI KEI

こういう、心のときめきを、キューンと感じられるお洋服や絵を創り出して下さる、お二方に感謝して。

タイトルとURLをコピーしました