今週の櫻田12/1更新

フットネイル始めました〜夏の風物詩〜

スポンサーリンク

いつの年だったか、冬も一年中フットネイルをしていたけれど、ここのところ冬眠している櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

見えないところも美しく・・・

さて、突然真夏のように暑くなって「冷やし中華始めました」な今日この頃。

「暑いけどフットネイルしてないから、サンダルはまだ履きたくないしな・・」

状態になりつつ、一週間くらい「今日やるぞ!」と思い続けて・・・ようやく先日塗り終えました。

去年は6月にはじめたようです。

【2018.06.12】超久しぶりにペディキュア復活しました

使用ネイルは、去年2本目のリピをした、THREE。

【2017.12.04】 ペディキュアをTHREEの13 BRIGHTEST NIGHTに変えました

THREE オフィシャル:ネイルポリッシュ

13番 Bright Nightです。

色味よし、そして塗りやすい!

とろみ控えめで、時間がたっても瓶の中で固まりにくく、さらっと塗りやすいし、はみ出した時の修正もしやすいと感じます。

また今回、トップコートを買い換えました。

買い換えた理由は、

「半年使わない間に蓋が開かなくなって格闘していたら、ガラス瓶が首から折れてしまったから」

です・・・トップコートが飛び散って大惨事でした(笑)

さて、購入したのは前回同様セシェなんですが、新しいタイプが出ていたので、試しに買ってみました。

まとめると、

速乾・ツヤは変わらず、粘度に違いが若干ある。

ニュー:Seche Vive(ヴァイヴ)弱ぽってり(縮まなくなったそうです)
オリジナル:Seche Vite(ヴィート)ぽってり

確かにニュータイプViveの方が、さらっとしていてぷっくり感が低い、気もする。

オリジナルのViteは、筆にもったりとまとわりついてる感じがします・・・感じ、程度です。

確かに、ニュータイプのViveは、爪に乗せすぎると、粘度・表面張力が弱いせいか、はみ出てしまいがちなので、そこだけ気をつけます。

↓今回のニュータイプViveでトップコートした親指。

素晴らしいツヤ、輝き、速乾性は同じだし、櫻田的にはいろいろ誤差の範囲です。

オリジナルのViteは、半年たたずにもったり感が強く塗りにくくなるので、その点が改善されていたら、Viveをリピートしようと思います。

また気づいたことがあれば、レポしますね。

何か違いがわかるかな?と、製造元らしきサイトを見に行ったのですが、Viteの詳細にViveの説明がコピペ(商品名もそのままw)してあったり、イマイチ。

オフィシャルサイトトップページ:Seche

トップページの宣伝文句を読んでみましたが・・・Viteが思いがけずジェルネイルみたい!って売れたから、「インスタントジェル効果コート」っていうキャッチコピーで、中身ほとんど一緒だけどViveって名前にして出してみた、って感じかなと思いました(個人的な感想です)

Vite:
With fans around the globe and awards by the dozen, Seche Vite® Dry Fast Top Coat is known as the world’s finest top coat. Technologically advanced, it’s the first patented, single procedure dry fast top coat

Vive:
Bring your manicure to life with Seche Vive Instant Gel Effect Top Coat. This specially formulated fast-drying top coat delivers the plumping effect of a gel in a glossy, high-shine finish without the use of a UV/LED light. It is easily removable with acetone or non-acetone polish removers.

オリジナルタイプ:

ニュータイプ:

櫻田が使っているネイルアイテム一覧。

真ん中のViteをViveに変えて、現在に至ります。

現在は、フットネイルしかしていないので、全然減りません。

よし、サンダル履くぞ!←いや、その前にサンダルを出さなきゃ・・・

タイトルとURLをコピーしました