GUCCIのホースビットローファーに足を入れてしまった

物欲マックス櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!食欲の秋ですしね。

さて本日は・・・グッチのホースビットローファーに足を入れてしまった話です。

実は先日グッチの中古品を買いまして、今記事を買いているところなのですが、その修理の相談でグッチのお店に行ったんです。

店員さんはとても丁寧に対応してくださって、せっかくだから←危険なセリフですよね とお店をぐるりと・・・そういえば、いつかグッチのローファー欲しいなって、いつか切り抜きをしてたっけ・・・せっかくだから←危険なセリフですよね 見てみようかな・・・見るだけ←危険なセリフですよね

店頭にはデザイン性の高い靴しかなかったのですが、一番シンプルなローファーは?と伺ったら、引き出しからすっと出てきたのがこちら。

GUCCI:〔ヨルダーン〕 レザーホースビットローファー

あれ?なんかイメージしてたのと違う。

グッチのホースビットローファーと言えば、櫻田のイメージはこういうタイプだったのです。

GUCCI:1953 コレクション ホースビットローファー(レザー)

使える画像発見。こういう感じの。

#っていうかサイズぴったり35。買おうかな・・・だがしかし・・・

見せて頂いた「ヨルダーン」は、アッパーの縫い目のところ?が全く主張していないデザインで、スッとしていて、さらに、細身のシェイプ。

最初は「なんかイメージしてた・切り抜いた時にいいと思ったグッチのローファーじゃない・・・」と思ったのですが、履いてみたら、んまー素敵。

ヒールは1cmしかないのに、スタイル良く見えるのはなぜ?鏡に仕掛けがあるのかしら・・・って思うくらい。

そして、切り抜いた時は6万円台だったはずの、GUCCIのローファー。

お値段据え置き、とは思いませんでしたが、まさか10万超えとは・・・¥ 105,840 (税込)

GUCCI:〔ヨルダーン〕 レザーホースビットローファー

ブラックもいいけど、実はグレージュっぽいのを切り抜いてたんだよねぇ・・・そういう色モノなら、TODSかな・・・。

TODS:Moccasins in Suede

あぁでも、きっと、ローファーの類を履くたびに、グッチのよかったなぁ、とか思うんだろうなぁ。

ブランドマジックなのか、つくりのよさなのか、デザインの美しさなのか、職人技なのか、素材のよさなのか・・・まあ、全部なのだろうなぁ。

一年間靴買わないことにでもすれば・・・と、ふと思いつつ、チョコレート頂いて手ぶらで帰って来てしまった・・・すみません。。。

Wishlist
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アラフォーですが今さら美人になれますか