私は美人

私なんかが美人になれるワケないし・・

美人になれたらいいなぁ。

美人になれるように努力だけでもしてみよう!

少しくらいは美人になれるかもしれない。。

この美人ブログを始めてからの、
櫻田のこれまでの心の移り変わりです。

小学生の時にものすごい至近距離で、ブースブースブースブースブース・・・
と何回も繰り返された時の心の傷は、深く意識下で私に「お前はブスだ」と言い続け、
いつしか自分で自分を美人から遠ざけるようなことばかりして来ました。

汚い格好をして、メイクもせず、髪もバサバサだから、ブスに見えて当然。
っていうか、頑張ってもやっぱり美人になれなかったら、
本当に自分はブスだと思い知らされると思って、怖かったのかもしれない。

それに、美人とかキレイとか言うものを価値を認めなければ、
自分が惨めな気持ちにならなくていいから、
面白さとか知識とかスポーツとか、そういうものに力を入れて来た。

でもそれってすべて、頑張ってない、努力が足りない自分への言い訳だよね。

「美人になるぞっ!」

鏡を見るたびに「お前なんか無理だよ」と心の中で自分に言ってしまいますが、
ポジティブな言葉を毎日自分に浴びせていると、
少しずつ少しずつ変化して、少しずつ前向きになって来ました。

自分で言うのもなんですけど、少しずつ、でも確実に、ちょっと美人になりました(笑)
私思い込み過ぎだよな、恥ずかしいな、と思っていたら、
先日のビジン会議で久々にお会いした方から。

 櫻田さん綺麗になりましたね。
 なんか一皮むけた感じがしました。

キャーーーーーーーッ☆
もう狂喜乱舞ですよっ。
信じます、お世辞じゃないって(笑)

努力すれば少しずつでも綺麗になれるんだって。
このまま頑張れば、本当に美人になれるかもしれないとか、
そんなとんでもないことを思うようになりました。

で、最近もっと美人になれる言葉を見つけました。

「私は美人!」

今このままの自分を美人だと認識すること。

そうすると、今すぐに背筋を伸ばして、今すぐに顔を上げて胸を張って、
その日からお化粧が丁寧になって、所作が美しくなって、
歩き方が変わって、おしゃれをしようと思えます。
笑顔も自信に溢れて、口角も上がって、目元にも魅力が宿って、本当に美人になる。

美人になろう、じゃだめなんです。

まだ美人じゃないから、背筋を伸ばさなくても、洋服がしわくちゃでもいいやって。
明日からでいいや、あのワンピースを買ってから、美容院に行ったら、
メイクがキレイにできるようになったら・・・

我ら女子って「○○できたら・・」って言って先延ばしにするのが得意ですよね。

言い訳はやめて、今から美人として振舞おう!

そうじゃないと、きっといつまでたっても美人にはなれないから。

追記:2018年3月9日:「私は美人」第二章

In my view
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アラフォーですが今さら美人になれますか