今日の櫻田

オリジナル・テイスト別クローゼットマップを作ってみた★2021SS

昨日、ミランダかあちゃんさんのクローゼットマップのことを書いたら、2021SSのクローゼットマップを作ってみたくなった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

名著!

ミランダかあちゃんさんブログ

ここ↑に辿り着くまでの経緯:櫻田こずえおしゃれ紆余曲折★そしてクローゼットマップに辿り着く

テイスト別マップ:きちんと・フェミニン・カジュアル

これまで、ミランダかあちゃんさんの通りにクローゼットマップを作っていたのですが、前回から、ちょっと自分流に変えています。

逸脱した経緯:自分なりのクローゼットマップを作ってみた★2020FW

洋服の「要素」は「形・色・素材」などに分けられると思いますが、ワードローブの構築に一番大切なのは、「テイスト・雰囲気」かも。

どんな洋服にも、フェミニンだったり、カジュアルだったり、醸し出す雰囲気、その服が表現する何か、があって、そこが明確な軸になっていると、いいんじゃないかなぁと。

ということで、軸を「テイスト」として、「きちんと」「フェミニン」「カジュアル」の3つのカテゴリーに大きく分けてみました。

きちんと

このブログを始めてから、ずーっとこの路線が主流でした。

骨格ストレートが似合う、メンズライクなシャツ、ジャケット、細身のパンツ、がメインの、ベーシックアイテム。

(カーディガンはフェミニンか迷ったけど、ベーシックでシンプルで・・・かつ、フェミニンが満員だったのでこちらにw)

 

7,8年前くらい、最初に組み立てていたのは、雑誌の「1ヶ月コーディネート」にあるような、ワードローブ。

 

2019年SSのクローゼットマップも、ベーシック一軍はこのカテゴリー。

 

でも、この路線↓左下は、これからあまり力を入れない、と決めたカテゴリー。

 

絶対買わない!ということはなくて、フェミニンアイテムの中和剤として、これからも買うと思います。

でも、お洋服単体としていいなと思っても、クローゼットマップ全体としてはどうなのかな?っていうのを、常に考えて行きたいカテゴリーです。

 

フェミニン

最近猛烈に勢いをつけている(笑)、櫻田イチオシのフェミニン。

 

フェミニンは似合わない!って思い続けて来たから、フェミニン路線の服は、クローゼットマップにも、リアルなクローゼットにも、ほとんどなかった。

 

しかし、ソーイングを始めたた、2019年以降、勢力を広げて来て・・・一大勢力に(笑)

 

自分に似合う服、自分が得意な服、ではなくて「自分が好きな服」が増えていて、とっても嬉しいです。

 

ちなみに現在、このカテゴリーの約7割が「自作服」です。

ただ、このカテゴリーは、主役級だったり、クセの強いアイテムが多いので、ここばっかり増えると、コーディネートや着回しが難しくなるので、要注意。

もう少し計画的に、自分のブランドを作るような感じで、季節ごとに計画を立ててもいいんじゃないかと思っています、面倒でできてないけど。

 

カジュアル

フェミニンを、まんまフェミンんに着るのは、ちょっと自分らしくないというか、つまらないと思っていて、櫻田のフェミニンコーディネートには、カジュアルアイテムが欠かせない!

カジュアルは昔からわりとアイテム数が多かったかな。

 

ここら辺の「カッコイイ・クール」系アイテム↓右下辺りの雰囲気 は、増やさないように気を付けなければ。

 

以上、自分のワードローブが客観的に見られるので、テイスト別のクローゼットマップ作りは、続けて行きたいなと思います♪

洋服増えたな~

眺めていて思ったのは、

洋服増えた!

=悪いこと、ではないけど。

・昔のクローゼットマップは、ワンピやコートは別に1枚作っていた
・昔のクローゼットマップは、掲載されていない服も多かった

っていうのを加味しても、ソーイングで作っている以外でも、やはりトータルの枚数は増えているなと思います。

【原因】
・ソーイング楽しくて作り過ぎ
・お買い物は楽しい♪
・耐用年数が過ぎても、適切に断捨離していない
・2020年から外出が減って、摩耗も減った

【やること】
・ソーイングでも計画的な服作りをしよう!

・「耐用年数」辺り、ちょっとチェックしてみる。

生活スタイルが変わった(在宅時間が増えた)ことに、ワードローブが追い付いていっていない気もします。

その点も合わせて、今後のワードローブの在り方を、また考え直してみたいと思います!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました