今週の櫻田11/22更新

証明写真で美人になったかどうか検証する(顔出し編)

部屋の整理をしていたら、昔の証明写真を発見して、こんな記事を書いていたことを思い出した櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

【2016.08.11】証明写真に女としての気合いを見た

2012年3月→2016年8月

その時はまだ顔出ししていなかったので、モザイクした画像を出していましたが、

モザイクしてたら分からないぢゃーーん!

ということで、本邦初公開!

全米が泣いた2012年、37歳の証明写真がこちら。

をい、メイクしてるのか?

この眉毛の描き方はないな・・・

で、2016年、41歳の証明写真がこちら

美人ブログの中盤戦って感じだけど、メイクとか、髪型とか、ファッションとか、なかなかあか抜けないながらもひたすら頑張ってた時代です。

ちなみに、採用されなかった(サイズを間違えてた)、駅前で+100円で「キレイ加工」した証明写真はこちら。

目を大きくくっきりさせたり、お肌をツヤっとさせてるのかな、若さはあまり求めてないけど・・・若く見える!

資生堂のメイクレッスンで指摘された、「目と口までの距離が長いから間延びしてる」っていうのまで修正されてる気がするんだけど!

【2015.02.21】資生堂メイクアップレッスン受けたら美人度10割増し

+100円ですごいなぁ。

で、2020年、45歳なう(証明写真じゃないけど)

ま、歳はとったけど、今の自分が一番好きだし、美人になったな~、頑張ったな~私!

この前の、美人口紅撮影時です。

【2020.08.01】シャネル「ルージュココ」468ミシェル★究極の馴染み色~控えめに可愛らしく華やぐ!

ま、証明写真機での写真と、自撮りの写真(明るくする以外加工していません)とは、一律に比較できませんが。

これ↓はね、ヘアメイクや服、照明や環境など以前の問題だと思う。

写真を撮るのに、なんかどうでもいっか、どうせ私・・・みたいな、諦めが出てる。

なんかこう、写真撮る時だけ取り繕うとかいうの、私は好きじゃありませんの、とかいう、ヘンな意地っていうか、言い訳っていうか、負け惜しみも感じます。

っていうか、実際そう思ってたから(笑)

2012年の自分にドロップキックしに行きたいって、一瞬思ったけど(笑)、その頃、それはそれで、一生懸命に、精一杯頑張って生きてたな~って思うと、いや、抱きしめてあげたくなりました。

58+

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました