今週の櫻田9/13更新

白いレースのトップス完成♪

放送大学の試験勉強そっちのけで朝から仕上げしておりまして、たった今出来上がったトップスを着て満足げな櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

う――――っ好き!

端は全てパイピングで仕上げました。

この、クラシックな感じが、好き。

こう、短くて白い手袋とかして、着たい感じ・・・で、どこに行くのよっ(笑)

完成までのプロセス

今回も、こちらの大好きなソーイングブックから。

丈やアームホールが不安だったので、あまり布で一度ざっくり作ってみました。

丈と襟ぐりを多少調整して、スタート!

生地は、3作目のパンツと同じ。

マスクともお揃いです。

こうして、少しずつ出来上がっていく作品を、トルソに着せて愛でるのも、楽しい♪

作っている間、ほんと幸せでした。

ま、今回も、うまく行かなくてほどいている時間が長かったですけどね・・。

完成!

前、丈は伸ばしたけれど、それでも短いです。ミニマム。

後ろ。前身頃が長くなって、お腹が出るのをカバーしてます。

裏の前

バイヤステープは、最後すべて手縫いでまつりました・・・もう、時間かかったかかった。

裏の後ろ。

ダーツを縫う時に、縫いシワが寄ってしまったのが反省点・・・少し引っ張りながら縫うとマシなのだけれど、これも、原因がちゃんと分かってないので、やっぱりどこかに習いに行きたいな~。

あと、裏地をつけるときは「キセ」を(表地よりちょっと大きめに作る)かけたつもりが、ぴったりサイズになってしまい・・・・着心地が不安ではあります。

苦戦した後ろ身頃の「高さ」合わせ

まずは、段違いになってしまいまして・・・

ほどいて直すこと2回。

ようやく同じ高さになったよね、となったものの、

苦手のスプリングホック付けで、2度も失敗し、ほどいている最中に、バイヤステープの手縫い処理もほどいてしまい、最初からやり直し・・・なかなかぴったり合わなくて、大苦戦しました。

スプリングホック、一ヶ所縫い留め忘れていることに今気づきましたが、ひとまず段違いは修正できました。

表から見ると、ゴツゴツはしていますが、とりあえずすっきりした!

が!

何か小さな赤い点が・・・

何度も何度も縫い直すうちに、針で指をさしてしまい、ごく小さく出血(わりと何度も)。

気づかないまま縫ってしまい、白いレースに血が!

バッハ:血塗られた花嫁、だな

こずえ:赤川次郎の小説のタイトルにありそう

出来上がり早々、セキス炭酸漬けだわ。

着てみた♪

とりあえず、着てみる、うふふ。

後ろ。

好きだな~このクラシックなシルエット。

布地を変えていくつも作りたい。

袖ぐりも小さめで、下着は見えません。

ウエストのラインも美しくできました♪

本来の型紙より、かなり丈を長くしているのですが、どれくらい広げるか悩みましたが・・・ちょうどいい感じ♪

それでもかなり短いトップスなので、前身ごろを長く、お腹が出ない仕様に。

失敗点(汗)

いやーこんなタイトなトップスを、ファスナー開きで、一番細いウエスト部分は閉じている、つくりにしたのは失敗でした。

試作時に確認して分かってはいましたが、やっぱり脱ぐのが大変(笑)

脱いでる最中、囚われた人みたいになります。

やはり、原案通りボタンでフルオープンにするべきでした・・・。

また、レースのパンツと合わせると、パジャマみたいでした(笑)

ま、今度着画撮影しますが、がっかり(笑)

淡い色のデニムと合わせてレトロカジュアルとか、ウミネコさんがコメントくださったGAPのスカートとか、いろんなアイテムと合わせてみたいと思います!

わくわく♪

39+

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました