11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2013.04.30 (Tue)

プロジェクトTim:クローゼットのあるべき姿

Timネタが出なくなって久しいのですが、
実は折を見て読み返し、そして少しずつ実行しています。

本当は、きちんと順番通りにやって行くのが理想ですが、
そうすると、「自分のスタイル」が決まらないと、1歩も前に進めなくなって、
結局な何もできない・・完璧主義の悪い癖。

とにかく踏み出して、失敗しながら進んで参ります!

#カラー診断は予約入れましたYO!2ヶ月先だYO!人気のアナリストさんだYO!
#菜っぱさん、紹介してくださってありがとうございました!

  1.自分を知る
  2.最も大事な、サイズの問題
  3.クローゼットのあるべき姿
  4.ファッションメンターを探せ!
  5.体の内側から美しくなる
  6.女性に必須の10のアイテム
  7.いざ!ショッピングへ
  8.”イットバッグ”にさようなら!
  9.特別な日の装い
  10.自分を磨きつづけるためのアイテム

順番は違うけれど、できるところから一つずつ・・・
ということで、GWはクローゼットの整理を敢行いたしました!

ま、衣替えついでなのですが。

BEFORE
closetre1.jpgclosetre2.jpg



■ まずは選り分ける

着るだけでワクワクする服
お直し・お手入れが必要な服
人にあげる服
処分する服

捨てる服やお手入れやお直し、あげる服についてはまた!
全部公開しようと思ってマス。

冬服を処分したところ
closetre3.jpgclosetre4.jpg

かなり減りました。

で、こんだけ捨てました。45Lゴミ袋3つ分。
closetre8.jpg

しかし、まだまだ「捨てる」が足りない気がする。。。
櫻田、本当にそれを着たらワクワクするのかっ!?
胸に手を当てて考えてみろっ。


■ 夏服も出して選り分けて そしてキレイにクローゼットへ

取って置くべき冬服を、今度はクリーニング袋と洗濯袋に分けて入れて、
お次は夏服を選り分けて、クローゼットへ。

AFTER
closetre6.jpgclosetre7.jpg


いつもはアイテム別に吊るして、時間と共にぐちゃぐちゃになる・・・
という感じでしたが、今回は、色別にかけてみました。
ピンク→白→ベージュ→グレー→ネイビー→ブラック
さらに、ハンガーを木製のものに入れ替えました。
まだまだ全てじゃないんだけれど、カラカラとした音がまた気持ち良し。

クローゼットが見違えるようにキレイになって、ちょっと感動しました。
そして、春・夏服は白やベージュが多くて、クローゼットも軽やか♪

お洋服選びも俄然楽しくなりそうです!

・意外と黒が少なくてホッとした
・しかしやっぱり地味だなぁ
・っていうか、服の量的にはBEFOREと一緒じゃん・・・もう少し精査したいと思います!

毎日ウキウキする服を着るのはハードルが高く・・・
月曜日・金曜日をオシャレデーにして「必ず今日の装いを撮る」ことにして、
さらに、火曜日~木曜日も意識的に底上げを図る!

と、今思いついたことを書いて、自分の首を絞めてみます。うぎゃっ。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  誰でも美しくなれる

2013.01.21 (Mon)

行き詰まるプロジェクトTim

Timの誰でも美しくなる10の法則プロジェクトですが、
早くも行き詰まってきました。
次の一手をどうしていいのか、この先どうしていくべきか、
なんだかよく分からなくなってきて。私何やってるんだっけ?みたいな。

なので、本を読み直してみることにしました。
いやもう、5回目位なんですけどね。




 この本ではあなた自身の「クオリティ、テイスト、スタイル」
 を明確にして欲しい。


これが本書でTimの最も言いたいこと。
うん、分かってる、理解してる。

それは今あるものを最大限に生かすこと

櫻田が本を通して解釈した、今あるもの、とは、自分のことで、
今あるこの自分を最大限に生かす、素の自分に最もフィットする
「クオリティ・テイスト・スタイル」を明確にすること。

 クローゼットの前でさんざん悩んだあげくふさわしい服が見つからず、
 そしてまた買い物しても、また同じことを繰り返す。。。


これは今まで自分の「Quality,Taste,Style」を明確にせず、
クローゼットがそれにに合わないもので溢れているから。

 Make it Work「形にする」これはとても使えるアプローチ

つまり、自分を美しく見せる「Quality,Taste,Style」を具体的にすること。
そしてそれをTimは「ユニフォーム」と呼びます。

 自分に最もふさわしい組み合わせを見つけること。
 シルエットやバランス、色、テクスチャー、という側面から、
 自分を引き立たせる方法をみつけてほしい。

自分を美しく見せる組み合わせのパターン、それが「ユニフォーム」
で、どうやって?

 自分がどんなファッションに惹かれるのかをよく考え、
 そのファッションの個々のパーツについて分析してみます。
 トップス、ボトムス、色合わせ、アクセサリー、髪型、メイクアップもすべて、
 着せかえ人形で遊ぶみたいに、服やアクセサリーを
 頭の中で慎重に選んで組み合わせていくのです。


これは前回最初雑誌の切抜をたくさん見て取捨選択して分析しました。
あれこれ妄想して、こんな組み合わせ、あんな組み合わせと。

自分はどんな「Quality,Taste,Style」が好きか、を知ることにはなったけど、
自分にどんな「Quality,Taste,Style」が似合うかは全く無視している。

そう、それが次のステップなんだって書いてある。

 自分自身をイメージしながら、自分の肌や髪のいろ、身長、
 シルエットを考えつつ、選んだアイテムを自己のイメージの上にのせていく。
 体と服のバランスがとれ、かつ、それぞれのアイテムのバランスが
 おかしくないかを慎重に見極める。


それは、外に向かう作業ではなく、もっぱら外から内に向かう作業。
客観的に自分を外から見つめること。
だから大きな鏡も用意した。

じゃあ、どんなものが似合うかは、どうやって判断すればいいんだろう。。

 スカートの長さはどれくらいがいいか?
 ジャケットの肩のラインや、袖の長さはどうか?
 スカートと合わせた時のジャケットの丈は?
 どの生地が一番快適か?
 アクセサリーはどんなものをえらぶべきか?
 個々のアイテムをどこで買うか?
 自分の立ち居振る舞いにそのアイテムは合っているか?


雑誌の「どのパンツが似合うか5大ブランドはき比べ」とかやれたらいいけど。。
とりあえずスカートの丈を上下させてみたり、
ぴったりくるジャケットと、だらしない印象のジャケットを比べたり、
でも、なんか雲をつかむようで全然作業が進まない。。

で、ふと思い出したこの本。



 自分に似合う色
 自分に似合うスタイル

を探すワークブックみたいなもの。
少しはガイドになってくれるんじゃないかなと思って。
そしたらね、ちょっとショックなこともありました。

という、レビューとレポを次回。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  誰でも美しくなれる

2013.01.17 (Thu)

大きな大きな鏡を買いました

普通のサイズではありません。
尋常じゃない大きさの鏡を買いました。
これも美しくなるためです。

美しくなるためには、まず自分を知らなければならない、とTimは言います。

「まずは汝を知れ。しかるのちに、どうなりたいか考えよ。」
-エピクテトス(古代ギリシャの哲学者)Timの本より

鏡はありのままの櫻田こずえを映してくれます。
直視できないほどに。。。

mirror1.jpg
#櫻田より相当デカいです。

mirror2.jpg
#普通サイズの姿見と重ねて撮りました。
#この普通サイズでも、引けば十分全身は映るんですよ。


届くとそのデカさにびっくりします。
バッハ君もたまげてました。


■ からだ全身が映るから、全体のバランスが分かる

お部屋の姿見ではそれなりいかわいいはずだったのに、
ショーウィンドウに映る自分が、なんかダサいことって、あるよなー。
皆さまにも「バランス」が大切だと教わっていることだし。

だから、コーディネートしたら全身が余裕で見える鏡が欲しくて。


■ からだ全身が映るから、体型維持の自覚が生まれる

最近自分の垂れたお尻とぽっかりお腹を撲滅すべく、筋トレを始めました。

ありのままの自分を見つめ直そうと、
入浴後にすっぽんぽんでこの鏡の前に立つようにしたら、
この2点がとても気になって。。。

後少しラインがすっとしたら、バランスがいいのになぁ、と。


■ からだ全身が映るから、今日の装いも撮りやすい

「今日の装い」は鏡に映して撮影してます。
途中タイマーと三脚を使って撮影もしていたのだけれど、
時間と手間が掛ってしまって。

これだけ大きい鏡があると、撮影しやすそう。
ということで購入しました。





いいですよ、本当に。そんなに高価じゃないし、おすすめです。
自分が思っている自分が、少し修正されますよ。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  誰でも美しくなれる

2013.01.04 (Fri)

実践!誰でも美しくなれる10の法則・自分を知る

Timが「まず自分がどんなファッションに惹かれるのかをよく考えろ」
と言うので、今持ってる雑誌と、今まで切り抜いて
(やぶってクリアファイルに溜めていただけ)いた
「惹かれるページ」をまずは集めてみました。

そして、Timが「そのファッションの個々のパーツについて分析しろ」
というので分析しました。

kirinuki.jpg
その切抜を部屋に広げて分類している櫻田の部屋。。。
バッハ君がお留守中にしかできません(笑)

と言っても、雲をつかむような表現なので、
櫻田的に解釈した具体的な手順をご紹介します。

1.まずは雑誌をさらさらと眺め、あまり考えずに直感でそのページを破り取る。
1年分15冊位の雑誌の破り作業に掛かった時間は3時間位でした。
そこに今まで5年位ため込んでいた気になるページの切り抜きを合わせます。

2.「私はなぜこのスタイルに惹かれるのか」を考えながら分類します。
惹かれるのが色なら色ごとに、色よりシルエットならシルエットごと、
ピンポイントにアイテムならアイテムごと。

これをやるだけでも、自分の好みが良く分かります。
是非やってみてください!!時間はかかるけど、楽しいし超おすすめ!

---- 雑誌の切り抜きそのまま掲載していたので、削除いたしました ----

3.カテゴリー毎の切り抜きの枚数をカウントします。
自分がどの要素に惹かれているのか、因子分析できるわけです。
色なのか、色なら何色なのか、シルエットなら、どんなシルエットなのか。

1位 カラー:ベージュ:(20枚)
2位 シルエット:ビッグトップス&細身ボトムス&ブーツイン:(13枚)
3位 カラー:ターコイーズ(9枚)
4位 カラー:淡いグレー(7枚)
  シルエット:細短トップス&バギーパンツ(7枚)
  シルエット:膝丈フレア&ベルトマーク&ヒール(7枚)

以上となりました。
ふむふむ。

いやぁ、もう、これだけで1日使いました。記事にするのにさらに1日(笑)
ちょうどバッハ君が先に実家に帰っていたので夜通し、
ほんと、昼16時くらいから始めて、夕ご飯やお風呂等はさみつつ、
夜中の3時までやってました(笑)

でも、楽しい作業でしたよ♪

お正月休みでクローゼットの整理をしようと思っていたのですが、
ちょっと追いつかなそうです。

明日はTimの言う「マイ・ユニフォーム」作りを進めたいと思います。
今日の結果を分析しつつ、好きなスタイルが似合うスタイルとは限らないし、
大きな鏡を使って、いろいろと実験してみたいと思います。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  誰でも美しくなれる

2013.01.02 (Wed)

2013年安物は買わない宣言

新年明けましておめでとうございます!
皆さまは2013年の目標は立てられましたか?

櫻田は誕生日を中心に一年を考えているので、
お正月は計画を見直し、カツを入れております。



ところで先日、バッハ君がこんなことを言っていました。

 同じようなデザインでも、安ものはやっぱり安っぽいし美しくない。
 やっぱり値段なり、幅1mm 角度1度 白の微妙な違いとか、ツメが甘いんだよね。

とても素敵な食器をネットで見つけて、お皿が一枚5,000円なんだけど、
似たようなものがニトリに売っていて、それだと500円位、という話をしていて。

例えばサルトルのブーツは10万円前後する。
きっと同じようなデザインの物は3万円位で手に入るけれど、どこか違う。
櫻田を垢抜けさせるのも、させないのも、その微妙な差なのだ。



本当はサルトルと同じくらいツメのしっかりした良いブーツは、
どこかで5万円位で手に入るのだろうけれど、審美眼、見る目のない櫻田に、
その善し悪しを見分けるのはまだ無理。

自分のおしゃれ偏差値が上がるまでは、スタイリストの目を借りて、
コメントを下さるおしゃれ師匠のジジさんのおすすめの通りに、
やはりブーツならサルトルを買っとくべきなんだろうって思いました。
ジジさん、思いなおしました、いつもアドバイスをありがとうございます!

美術品、骨董なんかも、最初に物凄く良いものを見ておくと、
本物を見分ける目が出来るって言うから、
櫻田のおしゃれについては、そっから始めなきゃいけないんじゃないかと。

だから、例え良いものだと思って(思いこんで)も、
安物(安かろう悪かろう)を避けるだけでなく、
信頼できるブランドのものではければ、
値段の安いものは避けてみようと思います。

そして、見分ける目を養ったら、バーゲンなりプリプラなりで、
おしゃれを楽しめばいいんじゃないのかな。

2013年は、10枚分のお金で、1枚の一流品を手に入れよう、そう思っています。
Timの10のアイテムにシンクロさせつつ、揃えて行きたいと思います。
月に1つ、いや、シーズンに1つが限界かな。

白シャツ
黒タイトスカート
ツインニット
トレンチコート
ブーツ
パンプス
パール
ジーンズ
スカーフ
etc...

Domaniの「美人にはこれしかいらない」系特集で出て来る、
バーバリーとかジョンスメドレーとかエルメスとかサルトルとか、そういうの。

ぎゃー揃えるのは10年かかりそうだー(笑)

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  誰でも美しくなれる
 | HOME |  NEXT