04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.05.14 (Thu)

ベージュのパンプスを購入した★ストレッチ編

昨日一日中新しいパンプスを履いていたら、やっぱり靴ズレした、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今快適に履いている靴のほとんどは、慣らすまでは「痛い靴」でした。
ロッシくらいですね、最初からコンフォートなのにパカパカしないのは。恐るべしロッシ!
いつか2足目のセルジオロッシ・マネキンを購入したいと思っています。

さて、ラボキゴシのパンプスを買う事にしました、って記事で終っちゃった前回ですが、
サイズでめちゃめちゃ悩んだお話です。

greybeige_leather_heels.jpg

この色合い、すごく気に入っています♪


■ かかとに余裕のあるパンプスを履ける人もいるのね

最近街を行く美人の足元を観察して気づいたことは、
かかとに余裕のある(あまりのある)パンプスを履いている人が結構いること。
正直びっくりです。

でも、脱げそうになってるとか、ペンギンみたいに歩いているとか、
そういう情けないことにはなってないんですよ。
かかとの小さい櫻田だったら、パカパカです。
多分、かかとがしっかりあるので、きちんと引っかかるんだと思います。

櫻田はエジプト型で前滑りしやすい足なので、

ashi1.jpg

余計にかかとが抜けやすいんですよね。
だから、最初は靴擦れするくらい、長さがぴったりしてないといけないんです。

ギリシャ型の方とかは、多分、大丈夫なんじゃないかと。
http://www.ogorimii-med.net/advice/kuroiwa3.htm

#エジプト型は先が細めの靴のほうが、前滑りせずにいいんですねぇ。
#ポインテッドは苦手なんだけど、この靴は丁度良い形だったのかも♪

で、ラボキゴシの靴を買う決心をするのに1回。
買うまでに2回、計3回試着させて頂きました。
なぜなら・・・


■ 22cmだときつい、22.5cmだと、今はいいけど1年後はパカパカだろう・・・

ということで悩んでいたからです。

結果として、とある店舗の「もともと靴のデザインをしていました」
という頼れる店員さんとじっくりお話しして、
現在履いている同じ型の22.5cmの経緯も聞いて頂いて、

ashi4.jpg

試着もしっかり触って見て頂いて、

「22cmを購入して、伸ばしつつ履けば大丈夫!」

というお墨付きを頂き、さらに、

「まずは慣らして、場合によっては広げた方が辛くないかもしれませんね。」
「でも、いきなりがっつり広げちゃだめですよ。」

というアドバイスも頂いて、22cmを購入しました。



★ なお、ラボキゴシには幅が狭いラインがあるそうです!

扱う店舗は限定されているし、在庫にも限りがあるそうです。
細い22.5cmと、ノーマルの22cmを履き比べさせて頂いたりしましたが、
櫻田は「D」で、それほど細くないのでノーマルでよし、と。

もし細幅でお困りの方、一度問い合わせてみてくださいませ☆


■ 靴を履き慣らすのって辛いのよねぇ・・・ユニオンワークスさんにお願いっ☆

櫻田の一代目のラボキゴシは、コンフォートパンプスになるまでに、一年以上かかりました。
5年以上前の櫻田には2万円の靴は一番高い靴で、さらにパンプスを履く機会があまりなく、
もったいなくて(笑)たまにしか履かなかったので、二、三年かかったんじゃないかな・・・

そんな「この靴履くと痛くなるな・・・」って思って履くのはイヤなので、
ロッシのメンテ相談がてら、ユニオンワークスさんにストレッチをお願いしました。

unionworksbuilding.jpg
1階がユニオンワークス銀座店さん。
かつての同潤会アパートみたいな、趣のあるビルですよねぇ。

いつもの「靴のメンテが心から好きなんだろうなーっ」
ていう感じの、イケメン店員さんとお話ししつつ、

「最初の履き慣らしを少しさせて頂く程度ですね」

と、曖昧な依頼を的確に受けて頂き、ほんの少し伸ばしてもらいました。
おかげさまで初日一日履いても、履いたまま帰って来れました。

rabokigoshioroshi1.jpg

ちなみに、パンプスには必ずストッキングを合わせます。

2013.09.04 (Wed)
ハイヒールを素足で履いてみたら・・
足指が靴ズレしたという話。

kakwamukeyubi.jpg


なので、以前履き比べて選んだ、ランバンのストッキングと色合わせしました。
ということで、次回は久しぶりにストッキング談議でも。

2014.10.05 (Sun)
ランバンLANVINのストッキングはどれが一番素足っぽいか4色比較してみた

櫻田はメナールに決めました。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人は足元から

2015.05.13 (Wed)

ベージュのパンプスを購入した★経緯編

ずーっとずーっと試着し続けて来たベージュのパンプスを購入しました、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!あぁ、長かった?

greybeige_leather_heels.jpg

地味でしょ。地味地味ー。
これまでの歴史を振り返ってみたいと思います。


■ このパンプスに辿り着くまでの歴史

靴って沢山の要素がありますよね。

・木型が足に合うか&サイズに在庫があるか

もう、これだけで一大事な訳です。
・足幅若干細め(D)
・22cmと小さい
・踵が小さくすぐにすっぽ抜ける

2012.11.17 (Sat)
シューフィッター@伊勢丹で計測してもらった

足形はエジプト型なので極一般的な日本人の足形なんですが、
履き心地に納得が行くものがあまりないんですよね。
まあ、ロッシのマネキンを毎回買えばいいんですけど・・・。

で、これだけでも選ぶの大変なのに、

・トゥの形のデザイン
・ヒールのデザインと高さ
・素材(パテント、表革、スエード・・・)

ピンクがかったパテントのベージュを履く美人は丸の内で沢山見かけましたし、
美人度も確かに高いと思うんですが、
どうもしっくり来ないというか、好みではないというか、イメージが違うというか。

ルブタンと同じ工房・・というキャッチフレーズが上手い!(楽天の某ショップのキャッチですが)
コルソローマ。


コルソローマはセレクトショップや百貨店でも良く見かけますが、
木型が合わないっぽくて、最近ははいていません。
浅めだし、幅も広い感じで、踵も広めで、すっぽ抜けちゃう系。

ちなみに、いい感じの価格帯のセブン・・・サーティーもダメ。
これが残念でならない。

商品展開が、すごく上手ですよね。4,5万〜の有名ブランドの売れ筋デザインを、
2万円前後で展開されてて、色や素材も豊富だし、作りも悪くないし、キレイ。
三越伊勢丹であんなに表に出てるのは、資本関係があるのか?
と思ってみたりしたけど良く分からず。

あぁ、木型が合ってたらいいのになーと何度思ったことか。



ロッシやルブタンはもちろん、ペリーコもちょっと高いよねぇ、と思うと、ここに行き着く感じ。
でも多分、ちょっとした美しさの違いって、その4,5万〜を買うか、
コピーを買うか、に現れるのかもしれないなーと思ったりもします。

いや、その価格帯がその人の価値基準で、
(お金を持っているかいないかというより、外見にどれだけ資源を配分するか)
それが外見として表現されるんだから、それは内面と一致するんだし、
あんまり背伸びせずにその範囲で自分が輝けばいいんじゃんと思ったり。ぐるぐる。

チ◯ーチの靴にそっくりな、スタッズのウィングチップも銀座三越で見かけて、
やるなーと思いました。お値段以上ニトリ♪とつぶやいてしまった自分。

こういう思考回路が美から自分を遠ざけているような・・・・話がそれたぞ、戻そう。




ダイアナやかねまつももちろん試しましたが、
色味がすごく今っぽく、さらにパテント、スエード的な。
で、表革だと、なんかもっさりしてて。

スエードは試着すると特にそのフィット感のよさにうっとりなんですが、
なんだか気に入ったものに出会えず、お流れに。
秋口にまた、ベージュ以外のもので考えてみようかなと思います。


■ 表革のパンプスを探し始める

この時点で流行というか、トレンドではないのでしょう、かなり選択肢が限られました。
もちろん、絞り切ってはおらず、貪欲にパテントも試着し続けました。
さらに、

・ポインテッドではないけどアーモンドよりしゅっとした感じ
・履き口にステッチがないのがお好き


そしてそして、ベージュパンプス選びで何が難しかったって、その色味です。
もう、一足として同じ色はないと言っても過言ではないその色味。
どうしたらいいんだよゴラ”ッ!

理想の一足なんて、オーダーじゃなけりゃ、いや、オーダーしたって難しい。
そんなやさぐれた気持ちになりつつ、オーダーは考えたことないんですけどね。
オーサキのくらいかな。

・肌色、ではない、でも、馴染みのいい色
・ピンクがかった可愛い色は、特に表革の場合安っぽくなりがち
・足元がしっかりする、ちょい暗めがいい
・カラー診断はウィンターで服もそっち系が多いので、黄みではなく、青み系。


街でベージュパンプスを履く女性を観察し続けたことも。
その結果、肌馴染みが良過ぎる色より、少し暗い色の方が、
自分の好みのイメージに合うような気がして来ました。

また、一応見に行ったセルジオロッシの表革肌色マネキンは、
もう、モロ肌色で、PTAっぽい感じがしたんです、保護者感。
良い意味だと、コンサバで清楚ってことなんですが。

履き心地は相変わらず抜群なんですけどね。


これはパテント。

あった、本家の画像。
http://www.sergiorossi.com/jp/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B9_cod44776776lx.html

いいんだけど、ピンと来ず・・・ピンと来なくて7万円はあり得ない。
それでもう、紆余曲折ありまして、辿り着いたのが、
今時分が履いている表革ヒールの色違い。

2015.04.23 (Thu)
ベージュパンプスに本命登場か〜RABOKIGOSHI〜

ちなみに、買っただけではなく、サイズで悩んで即メンテナンスに出したので、
そのお話も合わせて、また明日、させて下さい☆

今日はこのパンプスを履いているので、今日の装いでも登場いたします!


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人は足元から

2015.04.30 (Thu)

靴って奥深いなぁ・・セルジオロッシのヒール巻き直しについて

久しぶりにUnion Worksに行って参りました、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

40歳の誕生日を前に、皆さまからアドバイスを頂いていたロッシのヒールの傷の相談等に。

Union Works

sergiorossif6.jpg

結論としては、巻き直しはやめたほうが良い、というアドバイスで、
折角持って来て頂いたので・・・と、軽くメンテナンスをしてもらうことにしました。
メンテナンスと言っても、前回と同じように、寄った革を伸ばして接着する程度なので、
それ程見た目は変わらないと思いますが、料金も両足で1,500円程度です。

ということで、いろいろお勉強になった今日のお話しです。





ヒールは少しでも傷がついたら巻き直しされる方もいらっしゃいますが、
基本的にはあまりオススメしておりません。

と、丁寧にお話しして下さった、イケメン店員さん。
「女性誌でインタビューされてるの見ました!」
なんてお話をしつつ(笑)





ヒールの巻き直しをする場合、ヒールを本体から外す必要があり、
その時の本体とヒールを留めるネジは、抜き差しした回数だけゆるくなってしまうと。
さらに、ロッシのヒールはとても細くできていてネジ穴を新たに作るのも難しいので、
できるだけ巻き直しをしないことをおすすめはしているとのことでした。

また、どんなに同じようなツヤの黒パテントを使ったとしても、
赤みや青みが微妙に違い、仕上がりは最初の完成品には及ばない。

「いったいこれがヤバいのかどうなのか分からないー」となっている、
オシャレや靴製品の何たるかが分かっていない櫻田にとっては、

「この程度で巻き直しされる方はあまりいらっしゃらないと思います・・・。」
というちょっと困惑した表情が、何よりの安心材料になりました。





もう3、4回修理やメンテナンスをお願いしているのですが、
行く度に思うのは「自分の基準を持つことが大切」ということです。

櫻田は全然そういうものが持てていないので、
「普通どうなんですか?皆さんどうされてるんですか?」
ってなりがちなんですけど、修理やメンテナンスは、持ち主の基準で行うものであって、
判断はあくまで櫻田がしなきゃいけない。

そういうメンテナンス屋さんとのおつきあいでも、
毎回学ぶことがあったり、自分の足りなさを思い知らされる、櫻田こずえでした。





この「傷をできるだけしっかりみせよう!」とした画像が良くなかったかな・・

rossiheel1.jpg


目を凝らして見ないと分からない程度なので。。。特に履いてしまうと全く・・・。
でも、巻き直してこそ!と思われる方もいらっしゃると思いますし、
目立たないからそれでいい、っていう気持ちが美しくないというのもあると思います。
実際、どんな小さな傷でも巻き直しをされる美意識の高い方も、いらっしゃるようですので。

だからこそ、自分の基準を持つことが大切なんだろうなと。
そうじゃないから、櫻田はあたふたしちゃう。情けないなぁ。

でも、おかげさまで沢山のことをロッシから、皆さまから、
メンテナンス屋さんから学ばせて頂いてます。
背伸びして物を買うことで、新しい経験を沢山させてもらってます。

ご心配して下さった皆さま、ありがとうございました!





一番最初にガリっとやってしまった時に相談したのはUnion Worksさんですが、
張り替えなくてもいいと言われて、その理由を聞けてなかったか、
忘れちゃっていたので、新たに勉強になりました。

メンテナンスって、奥深いですね〜。

先日はメンテナンス用品を揃えてみたり、
2015.02.15 (Sun)靴磨きグッズを揃えました

バッハ君の靴をちょっと良いものに買い直ししつつ、お手入れを頑張ってみたり、
シューシャインイベントに興味を持ってみたり・・・。
靴のメンテナンス修行はこれからものんびり極めて行きたいと思います。





自分の目指す方向性や、なりたいイメージを靴に託すような、
そんな靴選びやメンテナンスをして行きたいなーと思う櫻田こずえでした。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人は足元から

2015.01.09 (Fri)

ショートブーツとO脚とスキニーパンツの悲劇

今までO脚を気にしたことがあまりなかった、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
自分のどうしようもない欠点なんて、気にならなかった方が幸せだわ・・。
と、後悔しても仕方がないし、その原因と対策は知っておいた方が良いので、良しとする。

さて、自分でもだんだん気になって来て、コメントでも頂いて、気づいたこと。

・ショートブーツの丈
・O脚
・スキニーパンツ

の相性が最悪だということ。

pantsandshoes2.jpg pantsandshoes1.jpg

実際の足写真を使って検証してみます。
こう、洋服は当たり前ですけど、まっすぐになろうとするんですよね。

pantsandshoes3.jpg pantsandshoes4.jpg

膝下の外側に出ている部分にパンツが当り、
スキニー過ぎると過度にシワが寄り、
少し余裕があるとシワは寄らないけど、外側に裾が広がる仕組み。

pantsandshoes5.jpg

さらに、足首もまっすぐついていなくて曲がっているから、
筒の部分の内側に、余裕ができてしまう。

結果、車の免許を取る時に悩まされた、あの「クランク」のような状態になり、
なんだか美しくないラインを描いてしまうのです。しょんぼり。





ストレートを穿いても、少し丈を長めににしてブーツとつなげるか、
膝下がO脚の曲がり具合をカバーする幅を持つものにしないと、このガタガタが出来てしまう。
少し固さのあるしっかりした素材で、付かず離れずよりちょっとだけ余裕がある感じ。

ストレートパンツ、なかなか購入に至らないのは、
そもそもこの足の形をキレイに見せてくれるものが少ないからなのかもしれません。
膝下が付かず離れずだとシワが出来、シワができないと今度は太すぎる気がして・・・。
・・・・ならいっそバギーを定番にするか・・。

しかし、組み合わせの問題である程度避けることはできるので、
スキニーもショートブーツも履きますが、

足首が見えるパンツを穿く時は、
ショートブーツを履かないでパンプスにするとか、
ショートブーツを穿く時は、パンツを長めの丈、または、裾幅に余裕のあるものにするとか、
そういった工夫をすることが必要だなと思いました。

そもそも、この中途半端な丈が気に入って買ったのですが、それがアダに・・・
kanematsusb1.jpg

しかし、ヒールの高さの割に歩きやすくて気に入っており、稼働率も高く、
組み合わせに気をつけてこれからも愛用していきたいと思っています。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人は足元から

2014.05.19 (Mon)

櫻田とセルジオロッシのマネキンのその後

未だに答えの出ない問いを日々考えている、考え過ぎ日本代表、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

考え過ぎると、的がずれがち・・・で、今回もまさに分かりにくく長い記事です。
そんな心の中を覗いてみて頂けたらと・・・

美人と、櫻田と、ブランド品と、良いモノと、お金と。

■ セルジオロッシ マネキン 本当に買って良かった?

問:セルジオロッシのマネキン、6万以上出して買って、本当に良かった?
  (6万越えのパンプスのその価格の意味・価値はあったのか?)

答:はい、ロッシを買って本当に良かったです!
  (むしろ6万円越えだったからこそ、学ぶことも、考えることもあった)

sergiorossif5.jpg

ロッシのハイヒール、本当にうっとりする位素敵です。
さらに、履き心地までいいんです、どんなハイヒールよりも。
(と言い切れるまで試着しましたから・・・)
9cmあるのに、ショッピングに履けるんです。
スタイルよく見えるし、何より大好きなお気に入りの美しい靴を履いている、
その気持ちが櫻田に自信を与え、シャキッとさせ、美しく見せてくれるんです。

また、ロッシをガリっとやったりしたことや、
革底のメンテナンスをする過程で、大切に使うことを学んだり、
メンテナンスの習慣が、すべての靴に波及しました。ロッシ偉い(笑)

セルジオロッシ御足入れの儀☆そして悲劇は起こった
http://imasarabijin2.blog.fc2.com/blog-entry-275.html

身銭を切って学んだ「大切にすること」の意味
http://imasarabijin2.blog.fc2.com/blog-entry-282.html

ぶっちゃけ、3万円の靴だったらそれ程のショックは受けず、
ここまで波及効果が無かったかもしれません。
今は合皮でも磨くようになりましたが(笑)

高いモノだから、丁寧に扱うとか大切にするとかショックを受けるとか、
値段じゃない!そんなの間違っている!というのは正論だと思いますが、
そうは言ってもさぁ、やっぱ高い服ってトマトソースや泥はねが気になるよね(笑)

ということで、いろいろひっくるめて、
本当に買って良かったと心から思っています。週2は履いてウキウキしてます。
履き過ぎは寿命を縮めるので、控えめにしないと・・・


■ これからもセルジオロッシを買いますか?・・うーん値段が・・

問:じゃあ、今後もセルジオロッシの靴を買いますか?
答:うーん・・・・5年後くらいにはあるかも・・・

でも、やはり、6万円以上するハイヒール。
少数精鋭にすれば?と言っても、6万円で少数精鋭にするのではなく、
櫻田はお金持ちでもないし、ファッションが趣味でもないので、
3万円弱で少数精鋭で揃える位(それでもかなり頑張っている)が、
櫻田の分相応だと思っています。

靴はやっぱり消耗品です、特にパテントは・・

rossiheel1.jpg

メンテナンスにも限界がありますし、
ヒール部分を替えて長く使うと言っても、やはり形にはある程度流行があり、
そして好みも体型も生活形態も変わります。

そもそも、そういったお高いヒールって、
電車に乗って移動するようなユーザーをあまり想定してないか(笑)

ホテルやレストランでも自信を持って履けるような靴は一足持っていたいので、
マネキンの世代交代があるかもといったところで、5年後です。


■ ロッシの何が櫻田をキレイに見せてくれるのか

セルジオロッシが櫻田をキレイに見せてくれる要素と貢献度は、
こんな感じじゃないかと思うんです。

 60%:メンタル的な効果全般
 25%:カッティングや素材等製品そのものの美しさ
 15%:9cmというヒールの高さ

実際履いて美しいパンプスを本気で探しましたが、自分的には違いが分かってもね・・
要は気持ちの問題がかなり大きいと思うんです。
ロッシ履いて美人気分〜オシャレしなきゃ、といった所から、様々な意識改革。
価格効果も入ってます。
美人改革への第一歩として、とても大きな意味がありました。

でも、そういったものを自分で維持できれば、
9cmのヒールで、ある程度のクオリティのものであれば、
ロッシと同程度の美人効果が望める気がします。

高価な、パーフェクトな靴を履いていなくたって、自分は美しい、と、
胸を張って颯爽と歩いたら、同じように美しく見えると思ってみたり。


■ 主体は誰なのか

洋服や靴が主体ではなくて、自分が主体にならないといけないんじゃないか、
何か取り違えているんじゃないか、自分、って時々思うことがあります。

いつもきちんとキレイでいようと、
プレスのかかったパンツ、磨き込まれた靴、
お手入れの行き届いた髪、きちんとしたナチュラルメイク←コレが結構手がかかる
丁寧な所作、落ち着いた言葉の使い方、他者への気遣い・・・
おしゃれになるのではなく、美人になりたいのであれば、特に、
まだまだできることが沢山あるはず。

そのきっかけにロッシがなってくれたことに感謝しつつ。

最近、毎日お気に入りの服で、毎日「今日の装い」できる服を着るようになって、
その偉大な力に驚かされています。自分の底上げ?
確かに最近買った服の力もあるのですが、
自分が主体となっている感じが、抽象的な表現だけど、するんです。

ロッシは神頼み的な感じで、
今のワードローブは、自分が引き寄せたような感じ。

同時に、そんなふうに毎日を過ごして来た人と、
適当でいいや、デートや合コンの時だけキレイになればいいやと過ごして来た櫻田とでは、
それはそれは雲泥の差が開いてしまっていて、
ロッシ一足投入したといころで、どうしようもないことになっていることに、
40を前にして気づいた訳です。

まず、自分が変わらなければ!


■ いいモノだけが持つパワー

しかしここで、菊池京子さんのK.K.closetの新着で、
カルティエのタンクフランセーズについてこんなことを・・・

> パールやダイヤもそうだけど、素敵な腕時計も少量なのに着こなし全体の印象を変えるパワーを持ってると思う。
http://kk-closet.com/closet/itemdetail/259

はうぅ・・・そうなんだよなぁ・・・何か良く分からないけれど、
確かに、本当に良いものって、何か得体の知れないパワーがある。
この前、エトロのスカーフを巻かせてもらった時にも感じました。
(ヴァンテーヌ時代からの、憧れのブランドの一つです!)

そんなパワーをモノに宿らせるためには、
選び抜かれた素材を使い、丁寧過ぎる程丁寧に作成し、
一流のプロフェッショナルの想いを込める必要がある。
だから、値段が高くなるのは当然。

高いモノがいいとは限らないけれど、いいモノはやっぱり高い。

そして更に、そんなパワーを受け止めるだけのパワーを、
着る人自身も持っていなければならないのだと思う。

櫻田は、まだまだパワーが足りない。
だから、ちょっと背伸びしてそんなパワーをロッシやロエベから頂いて、
良いモノとか、大切にすることとか、ブランドのフィロソフィーとか、
そいうものを肌で感じて学びながら、
もし、自分自身もパワーアップ(笑)できたなばら、
自然とパワーのあるワードローブが出来上がるんじゃないかな。

高いだけのブランド品や、スタイリストが推してたから、だけで買うことはなく、
自分を引き立ててくれるデザインの良い、質の良いものに惹かれるようになり、
選ぶ目を持つようになっているだろう。

今は、もっともっと自分を知って、毎日の着こなしに手を抜かず、
(ちゃっかり皆さまのアドバイスで)センスをブラッシュアップして、
こう見せたいから、この靴やこのバックじゃなきゃだめなの、
っていう位になりたいんですよね。
ただ美人になりたいからロッシ、じゃなくて。





はぁ・・オシャレで破産しないように自分を理屈で制御するのも一苦労です(笑)
というのもまた、本心です(笑)

なんだか支離滅裂になっているけれど、それもそのまま、
無責任ではありますが、ここに公開させて頂きました。





ところで、最近ヌードパンプスを何足か試着していて一つ分かりました。
櫻田、履き口にステッチがあるの、好まないみたいです。
多分、遠くから見たらそんなの全然分からないと思うんですが。

なぜ3回もダイアナに同じパンプスを履きに行って、買えなかったのか、
なんとなく、このステッチが原因なのかなと思いました。
もちろんそれは趣味の、好き嫌いの問題で、良い悪いの問題ではなく。

好き!と思える、履き心地の良いヌードパンプス、足で探します!

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人は足元から
 | HOME |  NEXT