今日の櫻田

コーディネート写真のスマホ室内自撮り~キレイにスタイル良く撮影する方法・やり過ぎ注意等~

コーディネート写真の撮影現場をレポ―トします櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

2021年現在の、この写真の撮影ですが、

スマホとシャッターリモコンで、自然光で撮影しています。

カメラ(=スマホ)の置き方等で、スタイル良く見せる方法や(やり過ぎ注意!)、明るくキレイに撮影するための方法など、環境設定的な私的ポイントをまとめ、実例写真を付けました。

2012年に撮影を始めた頃はいろいろヒドかったです~(笑)

なお、インスタの天下一洋裁会2021 18日目のお題です

基本用具と設定

サンダルの置かれた位置に立ち、Bluetoothのシャッターリモコンで撮影します。

もう、明るさ、光が命!です。

窓と反対側にレフ版を設置すれば最高だと思います。

 

・iphone12Pro(と充電スタンド)

普通の撮影モードで、1倍で撮影しています。
なるべく「明るい」レンズのものを!

 

・シャッターリモコン(絶対必須)

amazonで送料込329円で買いましたが(こちら)、ダイソーで100円で売ってるの見たことあります。

 

・PC(本当は鏡が理想)

パソコンはインカメラを起動して、鏡代わりに使っています。

見ながら撮影するのがベストですね。

#スマホはバッハ君のものを借りて撮影

スマホの画面も映しているので、どう撮れているかも同時に確認できます。

 

スマホの「高さ・角度」

この2つを操ることで、

キャプテン翼(スーパーモデル体型)にも、

↑足が長過ぎで話題になったCDジャケ

アラレちゃん(3頭身)にもなります!

角度は90度くらい

この「消しゴムによる角度調整」が鬼重要です。

 

では、実際の写真で比べて参ります!

 

少し前に傾けるように置くと、頭が大きく、足が小さく写ります。

 

で、消しゴムを入れず、下からあおるような角度で取ると、頭が小さく、足が長く写ります。

スーパーモデル化の方が分かりやすいいってば(笑)

 

↑はやり過ぎですが、↓くらいにすれば、スタイルの良い人になれます。

ここまではやりませんけど、たまにあおってますよ~キレイに見せたくてついっ!

スポンサーリンク

高さはウエストくらい

長年の経験的に、腰からお腹くらいの位置がベストだと。

なので、机の高さくらいが丁度いいです。

 

机の下の、ミシンにiPhoneをのっけて、いつもの直角で撮影するとこんな感じ。

 

いつもより20cmほどですが、高めから撮影すると、頭が少し大きく写るかなと思います。

 

また、レンズとの距離も大切で、解像度高くクリアに撮影するには、なるべく近づきたい。

ただ、iPhoneのカメラの限界でかなり歪んで来るので、適度な距離感を保った方が良い。

 

櫻田は、6畳の短い側の距離で、ほぼ壁にべったり、スマホは壁から40cmくらい前に出ている感じです。

 

実際の撮影写真とポーズ

水色の方は直角だと思いますが、グレージュの方は、若干あおってるかな・・・でも、顔の大きさや各ポジションは一緒だから、ハイウエスト+ヒール効果?

 

このピンクは、少し顔が小さい気がするので、あおり気味かなと思います。

右の水色は、90度かちょっと前のめりか。

顔の面積が少し違うんですが、分かるでしょうか?

消しゴムの微妙な位置の差(角度)で、結構変わります。

 

ポーズのレクチャーは、基本他の片に譲りますが・・・

足を前に出し、

ここではやっていませんが、上体を後ろに反るように撮影すると、スマホの位置や角度は変えず、スーパーモデルモードになります。

 

あと、足をクロスさせるのは定番ですね。足がほっそり見えます。

スマホの角度を変えずにキャプテン翼化するには、足をクロスした上に、背中を壁につくとすごいんですけど、さすがにそれで撮影したものはありませんでした(笑)

とにかくスタイル良く見せたいなら、一度思いっ切ってやってみるといいですよ。

 

背景と床

背景入りはセンスが必要な上に、後ろをきちんとぼかせる一眼レフが必要かなと思います。

・・・・

ということで室内で白い壁を背景にシンプルに徹しております。

そう、センスがない人がそれらしく見せるには、「シンプル」が一番近道です。

 

また、下にオフホワイトのラグを敷いているので、レフ版効果と、さらにシンプルな背景化が出来てるかなと。


#ちょっと幅木が見えちゃって失敗

 

ちなみに、ラグがないとこんな感じ。

別に悪くはないんですが、真っ白の方が好みです。

 

櫻田が実際に使っているのはこちらです。1,490円です♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラグ マット 洗える カーペット 1畳 抗菌 防臭 「WSセリゼ」 約92×18…
価格:1490円(税込、送料別) (2021/10/18時点)

楽天で購入

 

畳んで巻いて、籠の中に入れてます。

洗濯機で気軽に洗えるのもポイントです。

 

自然光命!

やはり自然光が一番!

自然光の入らない玄関などで、キレイに撮影されている方もいらっしゃるし、ご参考まで。

2015年の蛍光灯下でわりとうまくとれた写真。

肌の色がおかしいですけどね・・・。

直射日光はNG

意図的にならアリですが、基本はレースのカーテンで遮ったやわからい光がベストだと思います。

直射日光だと暗い部分とのコントラストが出過ぎます。

2019年の自然光写真ですが、レースのカーテンを開けて撮影していたか、午後か。

特に、濃い色の場合、一部飛んでしまうし、肌が極端に色白になることも・・。

 

時間と共に変化する「光の色」

朝一番の光は、青白く写ります。

お昼を過ぎると、冬は特に、オレンジみが強くなって行き、色調補正しにくくなります。

 

お部屋の窓がどの方角なのか等によっても変わりますが、櫻田のベストは10時前後で、13時過ぎると、床の反射光も強くなって、顔がホラー↓になるのでNGです。

↑午後撮影して床の光が顔に反射してホラーになった例

 

 

長くなりすぎたので省きますが、この後主に明るさの加工をし、コントラストや色調を調整して、トリミングして仕上げます。

2013年からの撮影の変化

何より「場数」が勝負だと思います。

そして、キセキの一枚が出るまで、何十枚も撮る!

櫻田はだいたい、一回の撮影で30枚~50枚、納得できずに着替えたり、小物を変えたりすると、もっと撮影します。

 

で、昔の撮影を振り返ってみます。

2013年 室内で鏡を撮影することから始めました。いろいろどうかと思う。

2014年 相変わらずですけど、カメラの位置が少しずつ下がってる?明るくなった。

 

2015年、カメラの位置もベスポジになり、ポーズ等も上達しています。
カメラの前にも3年。

2018年、自然光に変えて、鏡ではなくリモコンで直接撮影にして、だいぶキレイ撮影できるようになりました。

2021年今に至る

美しい写真を撮って美しくなる♪

狙い過ぎるとやり過ぎ感たっぷりに、

突っ立って撮ればもっさりと、

同じコーディネートでも、撮影次第で全く仕上がりは変わります。

 

少しでもスタイル良く、自然にキレイに見えるように工夫する努力は、とても大切だと思います。

そうやって、理想の自分を形にしていく中で、美しく見せる方法を学び、理想に近づけていけるから。

モデルさんや女優さんがデビューして美しくなっていく過程を、全て自分でやるようなものです。

櫻田は約10年、そうやって自分を磨いて来ました。

 

グラビア撮影ごっこしたりしながら(笑顔がカタイ・・・)

 

 

インスタやブログ、雑誌やTVは、加工だらけの虚像ですよね。

美人加工的なもの?とかはしませんが(したい方はガンガンすればいいと思います!)、櫻田のブログだって、いい所だけ切り、明るく加工してますから、虚像です。

でも、それを揶揄したってしょうがない。

結局、私たちがその虚像の美しさを求めていることの、表れなのだから。

 

そんなことより、めっちゃ可愛い・美しい写真を撮って、楽しくキレイになりましょ♪

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました