今日の櫻田

自分的にあり得ないヘアスタイル★剛毛多毛でボリュームを恐れるのは損

限界を突破しているきーちゃんに憧れる櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

限界突破したきーちゃん

きーちゃん=氷川きよし

変化すること、自分をさらけ出すことは怖いが、彼は勇気を持ってやり遂げた。
amazonのレビュー

あぁ、まさにそれっ!

苦しかったであろう・・・いや、苦しい事にすら、長く気づいていなかったのかもしれない。

 

 

で、櫻田も、変化したいのよね、今。

剛毛多毛を突破したい櫻田

こういう、ボリュームが出ることを、一ミリも躊躇しない髪型に憧れるんだけど・・・

髪質から色、骨格、スタイル、センス・・・・あらゆるものが違い過ぎて、無理過ぎるんだけどね。

古い記事だけど、彼女の髪型解説の記事
ALL ABOUT MY HAIR – Les babioles de Zoé

 

髪が多くて頭が大きいのが悩みなのに
こんなボリュームヘアなんて絶対ムリ!

くっしゃくしゃの感じ
骨格ストレート
だし、絶対似合わない!

 

って思っていたんだけれど、今ならできる!(笑)ってやってみた。

 

日本人の見本はこんな感じ

 

こういう髪型、もう、直観的にイヤだったのよ、剛毛多毛だから。
(この写真の彼女も剛毛多毛らしい)

 

似たようなヘアのスタイリング指南記事に、

・内側&大部分は外ハネ
・外側一部若干内巻き
・表面はクネクネ縦巻き

という解説があったので、その通りにした・・・つもり

 

 

うん、よく頑張った!

なんか、裾がタワシみたいになってるけどw

 

フェイスラインの髪をどうしたらいいのか分からなくて、いろいろやって、焦げて縮れた(笑)

 

 

・もう少し伸びた髪でやりたい
・カラーは必須だな
・やっぱ前髪邪魔

 

スポンサーリンク

 

この前の髪型↓より、空気感があって、どちらかと言えば今っぽいですね、はい。

そうい意味ではトライしやすかった。

 

 

ボリュームを恐れると、べったりとした質感になりがちで、実はボリュームが強調されてしまう、というジレンマを、ちょっと乗り越えた感があります。

後ろの方は特に毛量がすごいので、外ハネにするのが怖かった・・・けど、まあ、タワシみたいにツンツンしてるけど、いっか。

 

 

白髪も、もう少し生えれば、立派なハイライトになるのになぁって、本気で思うんだけど。

 

ちなみに、もっと荒ぶってみた↓

 

 

なんか「汚い」感じがするのは、髪質とかいろいろ原因はあるけれど、中途半端な前髪のせいな気がする・・・やっぱり前髪(笑)

 

2か月くらいかかるかな~伸びるまでに。

伸びてから美容院行こうかなぁ。

 

 

剛毛多毛を受け入れるっていうのは、剛毛多毛だから〇〇はダメ!と思い込んでいた、そのダメ!をやってみよう、と思えるようになるということかな。

太っているからビキニはダメ!とか、背が低いからワイドパンツはダメ!とか、コンプレックスが作る「制限」って、生きづらくするだけでなく、もったいないよね。

ということで、剛毛多毛を突破しつつあるかも♪

 

前髪は突破できないんだど(笑)

 

「ありのまま」を愛することはできるのか

で、櫻田が前髪を作ったのは、なんかこう、マイルールや当たり前に、一撃を加えたくなったからなんだけど、結局やっぱりヤだな、っていう結論になりそう(笑)

あぁ、いろんな発見もあったし、ピンクメイクや、こういうチャレンジも出来て良かったけど。

 

こういう自分はダメ・・・

とする、現在の櫻田の価値観(美意識)は、いろいろな情報に影響されて出来たもので、それは決して、決して、絶対じゃない。

首が長い方が美人!という種族があるように、目が小さい方が美人だという価値観を、持つことは絶対に無理、ではないし、前髪がある櫻田が、突然美人に見えて来ることだって、絶対にないとは言い切れない(笑)

 

↓4枚目の写真の文章が良いの!

 

「それぞれが、心地よいと思うのものを選択」すれば良いのだけれど、SNSは、単一の価値観における「美」を要求し続ける。

雑誌はまだ、「作り物」「別世界」という認識があったから良かったな、とも思うけど、SNSはそれが「リアル」「日常」だと信じてしまう・・・

けど、こういう投稿も結構あるから、雑誌より多様性があって面白い!

 

 

髪型や笑顔の件で、メッセージ下さったYさん、ありがとうございます。

似合う髪型や、美しい笑顔を研究するのは、また次のフェーズでチャレンジしてみたいと思います!

今は、似合わない髪型や、美を意識しない自然な笑顔、の自分にもOKを出せるかチャレンジを、もうしばらく。

でも、くしゃくしゃ笑顔の件、

モデルさんの「撮影風景を見ていたら、笑顔になったときにも目は閉じきらないようにと指示されていました。」

「くしゃっと笑っているようでいて、自分の顔のバランスではこれがきれいに見える、ということを、昔きっと訓練されたと思いますよ。」

なるほど!参考になりました。訓練してみます~!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました