今週の櫻田10/18更新

ジャケット試着行脚@Tomorrow Land

品揃えとセンスと価格のレンジが程よい Tomorrow Land。
(いや、うそ、高いです、櫻田には・・)
パーフェクトワードローブのジャケット探しももちろん物色しに行きました。

Domaniの「大人のベーシックこれだけ」的な特集では、
ジャケットはいわゆるスーツの上的な、薄地ウールのオフィスっぽい感じ。
でも、オフィスでオフィスでっぽい感じ服装をしたくて買うわけではないし、
ニット素材や織地素材などの方が、カジュアルには合わせやすいかも。。

一方

そんな櫻田的なセンスを発揮しようとすするから垢抜けられないのだ。
カジュアルではない、オフィシャルなジャケットを着こなしてこそ、
本当の大人の女、美人スタイルが完成するんじゃない?

という葛藤があって、いろんなジャケットを見たくて、
ロッシをゲットした帰りに銀座三越店に寄って来ました。

・ちょっと織の入った若干カジュアルなジャケット

ジャケットも前から探していたのですが、カジュアル路線のジャケットは、
どうしてもスウェット素材になりがちで、カジュアル過ぎてしまう。

最近のスウェット素材は秀逸で、一目ではそうと思えないような美しい素材感だけど、
やっぱりシルエットがだらしなく、オーラが出ない。

で、ここで見つけたのは、丈が少し短めで、
織地が入って程よく厚地でカジュアルな、ジャケット単品。

一目で気に入って試着をしてみると、ラインも美しくキレイ。
ジーンズやカーゴパンツとも難なく似合いそう。

あらこれいいかも!

・いわゆる正統派ジャケット

折角なので、シンプルな黒ジャケットを探している旨店員さんにお伝えし、
いくつかピックアップしてもらいました。

イチオシはTheory Luxeで試着したものと同じような、薄手のウール素材で、
九分丈パンツとのセットアップになっていて、まずはジャケットだけ羽織ってみました。

シルエットを横から見て一目瞭然!さっきのと美人度が違う!

実はTheoryでシンプル黒ジャケット試着祭を開催して以来、
ずっと、カジュアルなジャケットを探していました。

パーフェクト・ワードローブ★ジャケット試着行脚
https://imasarabijin.com/blog-entry-239.html

どんなにスタイリストさんや雑誌が「ベーシック最高」と宣伝しても、
私は違うと思う、なんて偉そうに思っていましたがが、
そんなこと思ってるからオシャレ上手になれないんですね・・・

「アパレル業界の手先でしょ、どうせ。」とかひねくれたことを思わずに、
オシャレ下手はスタイリストさんの言うことに、まずは盲目的に従うのが良いに違いない。

結局トータルで試着してみました。
ジャケットは¥39,900
このスーツも美人スーツでした♪

Theory程値段も高くないし、しかし素材も良いし、
裏地も落ち着いたキレイな柄だったし、良い候補がまた出来ちゃいました。

くぅーっ悩むーーーっ!

後は、丸の内でEPOCAと、ラ・フォンタナ・マジョーレに行って、
・・ちょっとハイブランドも着てみたいなと思っています。
そうだ、バーニーズに行ってみよう♪

0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました