今週の櫻田2/28更新

コーディネート~千鳥格子ジャケットに苦戦する日々~

なんかこう、絶望的な気分になりがちな櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

何ってさ、自作した千鳥格子ジャケットの、納得行くコーディネートが全然できないからっ。

千鳥格子のジャケットがアレに見える・・・

で、本日は、カジュアルにストール巻いてみました。

 

なんか着てたらね・・・もじもじ

 

ジャケットじゃなくて「はんてん」に見えて来てさ。

 

多分、ドロップショルダーで、袖が筒状で、さらにゆるいVネックノーカラーっていうのが、共通してるせいだと思うんだけど・・。

でもね、そういったシルエットはあまり問題じゃなくて、何に違和感を感じているかと言うと、

千鳥格子という柄への違和感

なんだよねぇ。

2015年の写真なんだけど、カジュアルな感じで、ビッグ千鳥格子着るの、なんかしっくりこなくて…

#昔のコーディネート、ぴったりし過ぎ、詰まった窮屈な感じがする・・・

衝動買いしたこの千鳥格子ストール、巻きにくかったのもあったけど、結局数回しか使わずに手放したんだった・・・。

ちなみに、オールブラックで、クラシックな感じで着るほうが、まだいいなと感じました。

画像が暗くて小さくて、よく分からないんだけど!

この千鳥格子のジャケットを、カジュアルに着るのは、ひとまず諦めようと思っています。

ボウタイブラウスやリバーコートは成功したけど、千鳥格子ジャケットがイマイチな件の考察

今年の秋冬で自作した洋服、最初の2点はとっても好調でした。

手持ちのアイテムの、カジュアルアイテムと合わせても、

キレイ系アイテムと合わせても、

良い感じで、大のお気に入りの2着。

・ボウタイブラウスは流行りで、サードマガジンのトレンドアイテムをベースに

・リバーコートもホットなトレンドアイテム

・どちらも雰囲気的にワードローブからはみ出さない、キレイ系アイテム

・色はワードローブになじむオフホワイト

活躍しない理由がない。

千鳥格子ジャケットも、柄も形も、ベースとなるジャケットはあるんだけど・・・

・千鳥格子はそもそもトレンドじゃない

・レトロに傾きがちで、古臭くなる危険性のある柄

・そもそも柄物が苦手

オシャレだなーと思う千鳥格子のコーディネートを見ていると、レトロっぽい雰囲気でパーフェクトに決めているか、デニム合わせも、It Bagでまるっとトレンドに、みたいなのが多い・・・それか、やっぱり1990年代感じちゃうか。

クローゼットの中でも、千鳥格子が一人浮いてるんですよね・・・。

でも、だからこそ、自分の「好き」に近づく一歩になるんじゃないかなぁ、という期待もあったりする。

組み合わせとしては、最初のコーディネートが一番良かったかなぁ。

もっと、ミモレ丈のスカートや、ベレー帽で、本気で「レトロ」行っちゃうとか、余り布でショートパンツ作って、ニーハイブーツ履いて振り切れるとか!

それは怖いもの見たさで・・・。

そうじゃなかったら、こっちの路線を極めればいいような気がするんだけど。

グレージュ、グレー、ベージュ、ホワイトの、上品キレイ目な世界を目指す!

マザーのカットオフデニム買ったばかりで何だけど、こっち系に絞っちゃうとか。

✖カジュアルかっこいい
✖カジュアルレトロ
○美しいレトロ
○グレージュ上品キレイ目

それでいいような、それじゃ満足できないような・・・はぁ、洋服って何なんだろう。

+24

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました