今週の櫻田10/18更新

ボウタイブラウス完成しました★沢山のコダワリと苦労と失敗が詰まった愛おしいブラウス

幾多の困難を乗り越えて・・・ボウタイブラウスを昨晩完成させました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

かわいいかわいいかわいいーーーーーっ!

大興奮しております、失礼いたします。

サードマガジンのシルクブラウス↓3万円くらいを、


THIRD MAGAZINE サード マガジン シルククレープジョーゼットボウブラウス ベージュ

アムンゼンという化繊の生地を使って、かたやまゆうこさんの「ブラウスを縫おう」のドロップショルダーブラウスを大幅にアレンジして、作成しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラウスを縫おう。 [ かたやま ゆうこ ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/10/6時点)

楽天で購入

 

この型紙がなかったら、作れなかった~。

布代は、日暮里トマトで549円×2.5mだから、資材費とか入れたとして、材料費ざっくり1,500円くらい♪

本代入れて3,300円くらいって感じです。

コダワリ1:裾は長めに折り返す&オリジナルタグ♪

ここ最近、特にスカートで、裾を大幅に折り返すか、別布を貼ってるタイプ、エブールとかマジソンブルーとかでよく見ますよね。

サードマガジンのブラウスのここ、絶対真似したかった!

多分、アウトした時のラインがとてもキレイに出ると思うのです♪

6cmほど折り返して、手縫いでまつりました。

あ、襟辺りにタグをつけると、不快だし邪魔そうなので、裾にタグをつけました♪

コダワリ2:結ばない長さでベストバランスのボウタイ

ボウタイですが、リボン結びはしない前提で作りました。

ボウタイ部分は、いろいろな型紙を参考にしながら作りました。

段々太くなって、最後はキュッとさせるラインを描くのが大変でした。

生地がわりと厚いのもありますが、このボウタイは、リボン結びはしない前提で長さを決めました。

ひとかけして、垂らす。

微妙に左右の長さも変えてみました←ウソ、付ける時に間違っただけw

コダワリ3:長めのカフス

サードマガジンのボウタイブラウスは、極短いカフスでカジュアルなのですが、Tsuru by Mariko Ogawaの「Ongin」の、クラシカルな長いカフスもいいな・・・でも、長すぎると手が短い櫻田はヤバイな・・・。

もともと長めのカフスの型紙を、

・袖丈を2cmマイナス
・カフスは1cmマイナス

アレンジして作りました。

コダワリ4:ドロップショルダー

ブラウスでこの型紙がなかなかなくて、かたやまゆうこさんは櫻田の恩人となりました。

この本発見した時、狂喜乱舞したもの。

↓分かりにくいけど・・・ドロップショルダーなんです。

これを前あきではなく「かぶる」形にし、それだと頭が入らないので(笑)スリットをあけ、ボウタイを付けウエストのタックをなくした、感じです。

サードマガジンのボウタイブラウスの、何が一番カッコイイって、抜け感あるって、ドロップショルダーってところなんですよ、櫻田にとっては。

ボウタイブラウスって、大抵がオフィス仕様な感じの、きちんとしたセットインスリーブで、オフィシャル感のある作りになっているものが多い。

だから、絶対ここだけは再現したかった!

満足!

苦労:2,30年ぶりのボタンホール

ミシンでボタンホール作るのってさ、進化してて、コンピューターミシンだと、使うボタンを装置にはめると、自動で縫ってくれるんだって。

浦島太郎的にびっくりしました。何その近未来の実現!

で、うちのミシンは古すぎて、バッハ君に相談したら(相談されても困るだろ)、まずは何回か練習したら?と。

そしたら、わりとすーっと縫えました。

2,3日、ボタンホールのことを考えては憂鬱になっていたのに(笑)

そして新たな困難が・・・。

騒ぎすぎだっつーの!

無事作り終えました!

ちなみにボタンは、バッハ君のワイシャツの予備ボタンを拝借しました(笑)

失敗:透ける布に見返しは要らない

今回、透けない布のブラウスの型紙を使って、透ける布のブラウスを作りました。

こういうアレンジで、素人さが出ます。

透ける布なら、見返しはなしで、直接ボウタイをブラウスに縫い付けるべきだったんですよね・・・。

途中で気づいて、後ろ身頃の見返しは取り外しました。

この前身頃の「あき」の処理も、見返しを付けてキレイにできたけど・・・

夏の終わりに作ったスケスケボウタイブラウスのように、見返しなしでこういう処理で良かったはず・・・どうせ上からボウタイするからあまり見えないしね。

など、素人なりに反省していますが、いつかプロの目で、ダメ出し大作戦してもらいたいなと思っています。

でも、でも、かわいいーーーーーーー♪

待て、着画!←すみませんテンション高くて

ソーイングインスタで、経過をつづっておりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

櫻田こずえ(@kozue_sewing)がシェアした投稿

カフスを長くするか、短くするか・・・悩んだ夜もあった(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

櫻田こずえ(@kozue_sewing)がシェアした投稿

33+

コメント

  1. かんかん より:

    theoryのリアルレザーパンツはさすがのはきやすさ、格好良さです✨私もZARAで散々試着し、購入、しかし捨てる…という失敗をしました。レザーは伸びるのでピタピタでよいと思います。
    でも海外スナップなんか見ると、ハイウエスト、タック入りのゆるいレザーパンツなんかが流行りなんですかね?

    0
    • こずえ より:

      かんさんさん、
      お返事ありがとうございます!

      セオリーのリアルレザー・・・・3年くらいリアルレザー貯金しないと手が出なそうですっ。
      そっか!リアルレザーは馴染むんですねぇ。

      ハイウエスト、タック入り系のパンツが苦手なので、あまり気にしていないかも・・注目してみます!
      まだまだゆったりラインが続くのでしょうね~

      0
  2. かんかん より:

    お料理もきちんと作ってて裁縫も…羨ましいです✨
    可愛らしいブラウスですね~黒いマットなレザーパンツとか合いそう!メッシュヘアーの今のこずえさんに似合いそうです。

    1+
    • こずえ より:

      かんかんさん、
      コメントありがとうございます!

      レザーパンツ似合いそう!というかんかんさんアドバイスに、思わずZARAに走りました。
      (エコレザーのパンツが豊富なので)

      結果、ぴったぴた過ぎて櫻田の脚に合いませんでしたが・・・そうそう、マットなレザーが合いそうですよね。
      いろいろチャレンジしてみますね♪

      0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました