「クローゼットマップ」を作るべくとりあえず洋服をカード化した

自分はやはり根本的にセンスがないんだと思わずにはいられない櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

現在、ミランダかあちゃんさん(お名前好きー)の「クローゼットマップの法則」を実行すべく、持ってる春夏の洋服、全部写真撮って印刷して小さなカードのようにしたら「櫻田こずえワードローブトランプ」みたいなのが出来上がりました。

とりあえず色別に分けて並べてみました。トランプの七ならべ思い出した。

myclosetmap_2018SS_small.jpg
#これはクローゼットマップではありません

わーー壮観! これだけでもう満足♪←手段が目的になりやすいタイプ

小林直子さんの、色別のワードローブ表↓的な並べ方ですが、やっぱりビジュアルで作ると、大いに見えてくるものがあります。

wardrobe20180327.jpg

うーん、小物もビジュアル化したいぞ。

クローゼットマップを作るにあたって、断捨離されたものも何枚かあるので、ミランダかあちゃんさん曰く「断捨離横丁」を作ってて、そこでいつもの反省会したいと思っていますまた今度。

で、本読みながら「私ってセンスない」と落ち込んでいたら、

■「私ってセンスない」と落ち込む人のクローゼットの4つの特徴

っていうのをかあちゃんさんは著書に書かれてまして、さすが、読者の悩みを分かっておられる!と。

1.「メインおかずオンリー」の「ベイシック欠乏症」タイプ
2.「イタイ」と言われるのが怖い「科捜研の女」タイプ
3.「お出かけ着」しか気を使わない「シンデレラ」タイプ
4.賞味期限切れ「焼肉のタレ」タイプ

と、面白おかしく、しかし的確に4つに分類されているんですが、えぇ、はい、七ならべ見て一瞬で分かりますよね、櫻田は2.の科捜研の女、沢口靖子さん、今はなきリッツパーティータイプです←違う

そう、持っている服はベイシックカラーばかりなんです。

それは、ワードローブの色をメインカラー&サブカラーに抑えようとしているからで、さらに、サブカラーが定まらなくて、ベイシックカラーばかり残して&買っているから、当然の帰結といえば帰結。

でも、昔からそうなんだよなぁ。

それと、4.の焼肉のタレも混じってますね、はい。

クローゼットマップの法則に従ってワードローブを整理すると「足りすぎてる部分」「足りない部分」が見えてきて、さらにそれらを適切に管理できるようになるっぽいぞ。

で、そもそも・・

■ 「クローゼットマップの法則」って何ですか?

「ベイシック服」も「ときめく服」もどう組み合わせてもキマるクローゼットを作るための、服を分類し、収納するルール。

で、この本は「いつでもおしゃれ」を実現できる幸せなクローゼットにするために、その「ルール」をかあちゃんさんのガイドで作り、育てて行きましょうね、というものです。

happycloset2.jpg

著者のブログをご一読いただくのがいいかと思うんですが・・・

ミランダかあちゃんさんブログ:クローゼットマップカテゴリー

バラバラに書かれた記事を全部読むのは大変だし、一番のおすすめは、しっかりまとまった著書を買って頂くことですっ!

いやでもその前にエッセンスだけ・・・と言うならば、この2つの記事がおすすめです。

ミランダかあちゃんさんブログ:服にも左脳と右脳の働きが必要

服は「日常を快適にする服」と「喜びを感じる服」が必要というお話とともに、筆者のクローゼットマップが一覧できます。
(本の分類とはちょっとだけ違うようです)

ミランダかあちゃんさんブログ:自分スタイルをつくるベイシックの見つけ方

「引き算」が自分のスタイルを作るというお話は、とても納得です。

■ 「クローゼットマップ」作ってます

で、「ベイシック服」も「ときめく服」もどう組み合わせてもキマるクローゼットを作るための、「服を分類し収納するルール」=を作るには、服を6つの組に分類して、整列させて、クローゼットの傾向や問題点を「可視化」して行きます。

それには、洋服を全部写真にとって小さくプリントし、分類・整列させた「クローゼットマップ」を作るのがいいよってことのようなんですが・・・まあ、それなりに骨が折れます。

でも、得るものは大きいっ!

作りながら、自分のセンスのなさっていうか、?ってなる、ついていけなさに落ち込むんですけどね・・・何だろう、英語初心者でTOEIC900点突破!の参考書を読んでしまったような、落ちこぼれ気分になることがたまにあります。

読み込み、理解が足りてないことも一因かと思いますので、しばらく頑張ってみます〜。

で、これ↓は全然クローゼットマップじゃないんですが、色分けしてみました。

白多っ!同じのばっかり!無地ばっかり!柄がないーーっ!科捜研ーーっ!

myclosetmap_2018SS_small2.jpg

色についてはミランダかあちゃんさんは、それほど厳格ではないです。
(実践的な色のルールはありますよ!)

ゆえに、初心者(いつまで初心者やってんだよっ)は戸惑ってしまうのですが・・・次回は作成したクローゼットマップを、その紆余曲折と共にご紹介しますね、いやまだできてないんだけど・・・。

開始早々??で、クローゼットマップが無事にできるかどうか、全く自信がありません。

もし、この記事以降、クローゼットマップの話が一切でてこなくなったら、櫻田は挫折したんだな、七ならべして満足したんだな、って、そっとしておいてあげてください・・。