05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.12.29 (Fri)

ある日の装い〜安物買いの銭失い〜

安物買いの銭失いだったと、着た当日に思った櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

試着した時に気付けよっ!何のための試着だっつーの!

まあ、流行だし、予算内で予定通り白ニット買えたし、嫌いじゃないし、まあ、着るものが考えられない日とかに着ればいいじゃん・・・白だから合わせやすいし、悪くないよ別に。デイリーニットにぴったりで。

201712290.jpg


だがしかし!少数精鋭全員一軍みたいなワードローブで、着倒して回転させる、風通しの良さを目指してんじゃなかったっけこずえさん?

特に、グレージュニットを購入して、あまりにお気に入りで着まくっているそばで、全然着てもらえないこのニットの立場が浮き彫りに。

もう、記事のタイトルからして、そのテンションの違いがにじみ出てます。

2017.11.22  2017年白ニットを購入しました
4,000円 5回着用 800円 /1回

2017.12.06 理想的なグレージュ!ニットをUnited Arrowsで購入した
15,000円 15回着用 1,000円/1回

価格差は相当大きいけれど、そのおおよそ着用回数で割った時、このままだとグレージュニットの方が「コスパの良い服」になるな、と。

さらに、着た時の嬉しい気持とか、お気に入りのニットで私イケてますのドヤッ、っていう心理的な効果も入れたら、もう、グレージュニットの方が圧倒的にコスパがいいと言えるのでは。

確かに、2015年に買ったユニクロのカシミアコットンは良かったけど、あれは

「とてもいいニットを見つけたらそれが安かった」

whiteusweater.jpg

のであり、

「安いニットというシバリをかけて探して妥協して買った」

white_vneck_knit2017_1.jpg

とは大違いなのであり・・・。



やっぱり、妥協とか、とりあえずって、ダメだなーと思いました。

・買物リストにあり続けても、条件に合う、そして好きなものに出会わないなら買わない
(だんだん、早く見つけなきゃ!って焦って来ちゃうんですよね・・・)

・白モノは安く買いたいけど「安いから」買う、は、やっぱりお金の無駄遣い

・ワードローブにそれほど好きじゃない服を一枚でも増やしてはいけない

というのを、お買い物に行く前に読みたいと思います。

買物に行く前に読む「お買い物鬼十則」とか作らないと、こういうのは繰り返されるなぁ。

「恋に落ちてこれしかない!」となって買うときも危険ですしね。



で、悪くはないと思うんですけど、着てもあまりときめかないなっていう・・。

201712291.jpg

そんなこと言われる白ニットがかわいそうだという気分に。

白ニットに罪はない!

とりあえず反省は今日までにして、折角迎えたこの袖が今年なニットを、いかにバランス良く素敵に着るかに集中したいと思います!

ちょっとフェミニンなので、何か新しいコーディネートができるれば、銭失いにはならないし、最初すっごい印象悪かったけど、後々ヘビロテになったアイテムもありますしね!


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人の装い
 | HOME |