今日の櫻田

夏の白いドレス2.型紙がようやく完成→裁断→仮縫い

本気で製図を学ぼうか悩む櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

いやもうだってさ、作りたい服の型紙なんて存在してなくて、それを探したり、びくびくしながらアレンジするのに毎回疲れちゃって、いろいろ修正してるうちに、なんか辻褄合わないパターンになっちゃってる気がしてさ・・でもねぇ…深淵な世界よね…。

 

ということで、紆余曲折を経て、ようやく型紙が完成しました!

 

【宣伝】アイハーブのお盆セール、本日午前2時からスタートしたよ!

クーポンを入力してアイハーブへ

解説:【OBON2023】お盆!8,000円以上購入で18%OFF~8/17午前2時まで 

モードかエレガントかそれが問題だ

この2つで迷っていたのは、突き詰めると、

・モードっぽい台形ラインか

・エレガントなXラインか

 

モードに寄せたいのか?
エレガントで行くのか?

って問いなのかと。

 

で、Xラインが強すぎると「白」という要素もあって、エレガント過ぎてしまう気が。

でも、櫻田の顔や身体に、モードっぽいラインって、あまり合わないような気もするし、目指している「夢のワードローブ」には、入っていない気もする。

優柔不断の本領発揮で、Xライン程ではないけど、フレアなライン、という、どっちつかずにすることに(笑)

 

いや、わりとXラインかな(笑)

イメージ通りに製図できていないのか、結局それが好みを反映しているのか!?

↑(時間前後しますが)スカート裁断して当てただけで、かわいいかわいい、大騒ぎしてる人w

 

型紙完成!

 

そんな迷いを経て完成した型紙。

ここまで長かったよぉ・・・・感激、もうドレスが完成した気分(笑)

 

トップは、この表紙の上半身を、丸首に。

 

スカートは、こちらで控えめのフレアに。

 

「この型紙を丸首」に、なんて、サラッと書くけど、これでいいのか悩んだり、迷ったりしながら、鈴木圭先生のこの本の襟ぐりをなぞりつつ、辻褄合わせて・・・

 

ちなみに、後からポケットも付けました。

ピンクサマードレスは、生地が薄すぎて、裁断しつつも断念したけど、やっぱりポッケないと不便だよねぇ。

スポンサーリンク

 

裁断→仮縫い→裁断

 

そして、ようやく布を広げて、真ん中を「わ」にして、型紙を置いてみた所・・・

 

 

ぎゃーーーーっ!と声出ちゃった(笑)

 

そうなのよ、布巾がちょっと狭くて、縫い代を入れると収まらない・・・

 

結局、縫い代は2cmにしか取れなかったけど、そもそも、型紙は念のため長めに作ってあるので、まあ、いいかなと。

 

あと、幅広の裾見返しにすれば、縫い代は1cmしか要らないから、いいよね・・・マディソンブルーとか、エブールのスカートみたいに♪

 

より「ハリ」が出るので、ラインがキレイに出るのもいい♪

ちょっと暑苦しくなるかなぁという心配もありつつ、検討中です。

 

仮縫い(上半身だけ)でうっとり

 

この静謐な感じーーーーーーーーーーーーっ!

きゃーーーーーーーーーーーーーっ!

お美しい!

 


*ちゃんとした自分サイズのボディ買いたいなぁ・・・

 

くるみボタンは試しに作ってみた14mm。

小さいのがずらっと並んでるのが良くて、12mmと迷ってたけど、丁度良い小ささかな、14mmで。

 

あーもう、ワクワクが止まらない!

愛が止まらない!←それはWink

中学生の頃、キャンプファイヤーでみんなでWinkを踊ったのが懐かしい。

今ならみんなでYOASOBI踊る感じ?踊るぽんぽこりん?←これも古いよっ

 

と、横道逸れましたが、これから若干の型紙修正をして、身頃見返しと、(裾見返しも?)裏地、接着芯を裁断して、縫う準備に入りたいと思います。

 

あ、ハリのある布で、ループ作るの大変そうだな・・・の、バイアステープも裁断して、くるみボタンあと14個も作らなきゃ・・・

 

あぁもう、大変だわぁ~←ウキウキしながら嬉しそうに

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました