今週の櫻田10/25更新

パーフェクト・ワードローブ★Theoryのジャケット

パーフェクトワードローブを求める旅は続きます。
お次はTheoryにて黒ジャケットを試着して参りました。

■ Theory Luxe

黒ジャケットと言えば、雑誌でTheoryが推されることが多いですよね。
ということで、こちらはTheory Luxeですが(最初その違いがあることを知らなかった)
「定番」の黒ジャケットを試着して参りました。

パンツは「9分丈・若干フレアなストレート・ワイド(ブーツカットだっけ?)」
とありましたが、これは若干フレアなストレートを穿いております。

・ジャケット(5万円台)

これくらいの予算でと考えていて、どんぴしゃり。
櫻田にはロングジャケットは似合わない?やっぱりおチビだから?
もう少し丈が短い方が似合いそう。
ボタンの位置がもう少し上じゃないと、スタイル悪く見えるんだよな。。
素材がいかにもフォーマルで、冠婚葬祭にはいいけれど・・・
定番ながらも、何か、一クセ欲しいなと思いました。

・パンツ(3万弱)

裏地がついていないので、ちくちくして痒い。それだけで、却下。
ちなみにラインは良かったです。
付かず離れずでウエストから太ももまで来て、
ひざより上から徐々に広がり始めるので、
ひざの位置が高く見えるんです、ほんとーに。

後は、ニット2着、白シャツ、AGのカーゴ2本試着しました。
えっと、その話はまた次に。

■ Theroy

あまりにも時間がなかったので、定番と今年の定番っぽい感じの新作を試着。

Theory Luxeのものより、全体的にポイントが上で、なんとか似合いそうで・・
しかし、やっぱりなんだかバランスが悪くて、しっくりこないなぁ。。

ノーカラージャケットを青木貴子さんがオススメされてたので、
試着してみようと思います。

ちなみに、エストネーションにも行って、5着程黒ジャケットを試着しました。
UMAというブランドのジャケットがそれはもう着心地が良くて、シルエットも抜群!
しかし、丸みを帯びた襟のデザインがイマイチということと・・・8万円強・・
これでデザインもシルエットもばっちりだったら、
私はこの8万円のジャケットを買ったのだろうか?

売り場のお姉さんは「元が取れる」と度々繰り返しておられましたが、
その「元が取れる」ってどういうことなんだろう?って考えつつ、
なんだかセールストークって薄っぺらいなぁ、と思ってどんよりしてしまいました。

「元が取れる」という言葉で、なんか、いろんなものが正当化されていて・・
グッチでバックを見てても、何度もその言葉を言われました。
きっと我々貧乏人が高いモノを買うときに、
この言葉を言われると買いやすくなるからなんだろうな・・・と思う貧乏人櫻田こずえ。

あー、そんなことグダグダ考えずに、
とにかく自分を美しく見せてくれるジャケットを探すのだ!

と、ジャケット探しはなかなか険しい道になりそうです。
パンツは昔から定番のジョゼフ行ってみようかと思っています。
高くて今までは買う気も起きなかったけど・・

高いものばっかり試着していたら、金銭感覚がマヒして来ました。
いい感じです(笑)

人生初、MAX MARAの30万円位?のカシミヤコートも試着してみました。
いやぁ、今まではこんなお店一人では入れなかったけど、
ブログのネタに・・・と思って自分を奮い立たせて入ってみれば、
店員さんも感じの良い方で、とても楽しい時間を過ごせました。

で、淡いベージュの色が飛び切りステキなロングカシミヤコート。
櫻田が着たら、こんな感じで、たいそう残念でした。
maxbathrobe.jpg

2013年のお誕生日ステイ@インコチより
https://keananobaka.com/blog-entry-347.html

ま、着てみなきゃ分からないからね!

この秋はいろいろと高いものを買ってみて、
それで、やっぱりその価値がある!と思ったら、
一般小市民として厳選して節約しながら買い揃えたいと思うし、
やっぱり高いけど・・と思ったら、ランクを下げたいと思っています。

お次はたぶん、カーゴパンツのお話です。

0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました