今日の櫻田

キッチンをパリっぽくしたくてクッションフロアを購入:インテリアも自分軸♪

最近、インテリアのことばかり考えていております櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

さて、櫻田がお家で最も好きな場所の一つがキッチン。

自分の部屋よりも、まずはキッチンを快適に、そして、自分の好きで埋め尽くしたい!

どんなスタイルのキッチンにしたいのか

ファッションで学んだことは、無計画に「好きなもの」を買っても「好きなスタイル」にたどり着きにくい、ということ。

 

なりたいスタイルを明確にして分析し、置こうとしているモノが、本当にそのスタイルを表現するディテールを持っているのか、その場所に合うのか、慎重に最適化していくことが必要。

*ということを学んだのがこの本。くまモンの仕掛け人の方ですが、とても学びになります。
【2015.08.11】「センスは知識からはじまる」水野学★ワタシの最適化

 

で、目指すイメージを明確化、ってことで、こんな感じ!

 

・パリっぽい感じ
・白×ブラックのモノトーン
・天然素材(ラタン・木目)やグリーンをプラス
・金属はシルバー

すごく具体的なんだけど、一つだけ抽象的なのがあるのよね。

 

「パリっぽい」ってどんな?

「パリっぽい」ってどんなの?っていうのを、明確にしないと!

 

パリっぽさを因数分解すると、このモールディングは外せない。

 

で、ヘリンボーンのフローリングか、先ほど挙げたタイルの床、床がカッコイイんですよねぇ。

絵が沢山!ってのも、パリっぽい。

 

それと、黒いアイアンの、窓枠とか家具もパリっぽい。

 

その中に、ヴィンテージ感のある木製の家具が、お揃いじゃなくて、不揃いで置いてあるのも、パリっぽいなぁ・・・

プラスチックがあまりないのも、パリっぽいなぁ、櫻田のキッチンはプラスチックばかりだけど。

 

ということで、こういうタイルが、櫻田にとっての「パリっぽさ」の特徴。

 

スポンサーリンク

 

+少しだけフェミニン

ここに、フェミニンなエッセンスを入れたいと思っています、ファッションと同様に。

これはお風呂だけど、こういうシャンデリアっぽい繊細さをどこかに入れるとか
(キッチンという場所柄、ゴチャゴチャして終わり、になりそうだけど)

 

猫足っぽい曲線のディテールも、パリっぽいフェミニンさ。

まあ、棚は無印のワイヤーシェルフで、無機質なんだけどね。

 

コーディネートで言うと、こんな感じかな。

 

クッションフロア買った!

で、元のキッチンは、こういうシンプルで十分美しいのですが、ここにね・・・

 

理想画像にあるような、このタイル(っぽいクッションフロア)を敷きたい!ってことで、買いました。

 

バッハ:なんか昭和のキッチンっぽいね!←悪気は全くない

櫻 田:・・・

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シンコール クッションフロア (Sin) 切売り 約182cm幅(1mあたり) …
価格:1190円(税込、送料別) (2022/8/12時点)

楽天で購入

 

 

ということで、一晩この状態のキッチンを眺めて悩みました・・・確かに、ちょっと昭和っぽい気もしてくる・・・やっぱり敷くのはやめておこうか・・。

 

そもそも、ブラウンのままの方が、モダンでシンプルで、美しいのではないか?

少なくとも、無難、ストレスのない美しさだ。

 

*ちなみに、システムキッチンにカッティングシート貼って、白にしたい願望もある。

 

スポンサーリンク

 

インテリアも自分軸で楽しみたい!

でも・・・今回のお引越しでの、心理的な課題は、無難を乗り越え、勇気を出して自分らしさに踏み出すこと。

 

無難ってさ、一般的で(みんなと一緒)、間違いではなく(大多数が良いと思うもの)、非難される可能性の少ないもの・・・他人軸なんですよね。

他人軸のおしゃれは、自分を幸せにしない、ということがよく分かったから、「無難な方にしようかな・・」という判断は、櫻田を幸せにしないよなって。

 

インテリアも自分軸のインテリアをすればいい・・・のだけれど、何せ自分軸人生一年生、なので、インテリアは特にまだ慣れておらず、すぐに買い替えたりできるものでもないので慎重になり、無難な選択をしたくなる今日この頃です。

 

しかも、この雑多な(これから棚を増設するので手つかずなんですが‥)キッチン棚に、このゴチャゴチャしたフロアマット、キレイにまとめる自信がない・・・。

 

と、「失敗する理由」を並べ始める櫻田。

 

いやいや、いきなり理想のキッチンにはできなくても、トライアンドエラーで、ゆっくり理想を形にして行こうよ!

なんで失敗を恐れて、無難を選ぶの?そんな必要ある?

このレトロな雰囲気を、マジ昭和に持って行くのも、パリのレトロ感に持って行くのも、自分次第じゃない?

ワクワクするようなキッチンを目指そうよ!

ワクワクするような生き方を選ぼうよ!

大げさに聞こえるかもしれないけれど、毎日の小さな選択の積み重ねが、生き方を、人生を決めると思うので、どんな小さな選択も、自分軸で選びたい。

 

 

ということで、このクッションフロアを敷く決意をしました♪
(いつもここまでが長いんだってばw)

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました