08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.05.18 (Thu)

シャネルのハイライト「プードゥルルミエールグラッセ」で輝く女に

ハイライトを使い間違えると、皮脂分泌も盛んな昨今(いや、いつもだけど)、ギラギラした女になりがちな櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

内面から輝きたいものですが、一朝一夕でかなうものでもありませんし、ここは手堅くコスメで輝く女を目指しております。

chanel_poudre_lumiere_glacee4.jpg


突然ですが、10歳近く年上の美人なお友達の話。

一昨年の夏にお会いした時に、デコルテとノースリーブから覗く肩にキラキラパウダーをされていて、それがまた素敵だったこと素敵だったこと。

輝くような笑顔、手入れの行き届いた髪、上品カジュアルな装い、鍛えられたボディー、アクティブで華やかで聡明なその生き方あってこそだと思うのですが、その印象はずーっと櫻田の中に残っていました。


内面キラキラ×外見キラキラ=無敵


そう、無敵に美しいのです、その方。櫻田もそのセットが欲しい。


chanel_poudre_lumiere_glacee2.jpg


時を経て、シャネルのカウンターでたまたまご紹介頂いたこの「プードゥルルミエールグラッセ」は、控えめなそのシルバーのすっきりとした輝きが美しくて、きっとこれが櫻田に似合うキラキラだわ!とピンと来て即決しました。

その美しい女性のキラキラは、もっと主張するようなキラキラだったと思うけれど、櫻田にはこれがベスト!と、大して他のハイライトをチェックしていたワケではないのですが、えぇ、とにかくピンと来て。

顔が華やかにグレードアップするけど「つけました」にならない、そんなハイライトです。



シャネルオフィシャル:プードゥル ルミエール グラッセ
アットコスメ:プードゥル ルミエール グラッセ

肌に星屑を吹き付けたような輝きと明るさをもたらす、プードゥル ルミエール グラッセ。顔全体やデコルテに広げたり、頬や眉下にハイライトとしても使用できます。

「肌に星屑を吹き付けたような」このコピーもいいのですが、何がいいって・・・


・ギラギラにならないから、いい。

何度塗っても、なかなかキラキラにならないくらい。けど、フワッと細かいキラキラがついて、日光やライトに当たるとキラキラと輝きます。

・白くならないから、いい。

見た目は白いですが、こちらも何度塗っても白浮きしたりしません。下手っぴが塗っても大丈夫。  

こうやって指でゴリゴリ取ると白いんです。でも、ブラシで付ければ全く白くなりません!

chanel_poudre_lumiere_glacee5.jpg


・シルバーのきらめきが、いい。

キラキラにも色がありますが、このハイライトは真夏に似合う、シルバー好きの櫻田に似合う、冷たいシルバー系。好き。

なかなかキラキラにならないので、指でごそっととって、5、6回重ねたら、やっと目視出来るようになりました。自然光だとやはり写真には映らないので、室内のライトの下で撮っていますので、普通、こんなになりませんから。

chanel_poudre_lumiere_glacee6.jpg

キラキラがほんっとに細かく、小さいのです。それが、フワッと付くから控えめに美しい。

パール感で顔が膨張するって感じじゃないと思います。


・付属のブラシが、いい。

平べったいので、寝かせれば広く、立てれば細く、ハイライトを乗せることが出来ます。

雑誌で「顔がのっぺりさんは、顔の真ん中に光を集めよう」というのを読んで、ハイライトにますます気合いが入っています。ギラギラになり過ぎの心配が要らないのがいいですが、塗り過ぎはやっぱり注意。

chanel_poudre_lumiere_glacee3.jpg

付属のブラシには専用の布ケースも付いており、ポーチにブラシだけ入れれば、夜はバッハ君とデート、という時にも使えます。コスメポーチ重くなるの嫌っていう、それだけなのですが。

やっぱりシャネルは高いけれど、心から気に入ったものを毎日身につけるその美人効果を考えたら、リーズナブル!←と自分に言い聞かせて財布を開いた。

さらに・・・多分2,3年は余裕で持つから、コスパも良いと思います♪

真夏には、デコルテと肩を、これでさり気なくキラキラさせよう!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャネル CHANEL プードゥルルミエールグラッセ 14g [309102]
価格:6910円(税込、送料無料) (2017/5/18時点)




必要な時に必要なものに出会うようになっているのかな、と感じました。

ハイライト、どこだ運命のハイライトーって、シャネルのカウンターに行ったワケではないけれど、すっごいお気に入りに出会えた。

自分の殻にこもらず、アンテナを高く持ち、それに気付く感性を磨き続けていきたいと思います。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人
 | HOME |