10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.04.17 (Mon)

化粧直し用にキャンメイクのハイライト&リタッチコンシーラーを買った

化粧直しをあまりしない櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

えぇ、面倒だからです←美人失格

そして、面倒な理由はいろいろあるのですが、その一つは「どうしたらいいか分からない」から。

というこで、相変わらず読んでいる(十分元は取ったな)コスメ雑誌の記事を読んで一歩前進した話。

maquia201704.jpg  
ありがとうマキア!


■ 涙目でにじんだときのアイメイクは?

というQ&A。

櫻田が最も化粧直しすべき個所は目だと思うんです。とにかく下まぶたにアイメイクが落ちやすい構造なので、アイライン、マスカラ、アイシャドウで薄汚くなる・・・。

retuchbefore.jpg

で、マキアにのっていたAnswerが、

にじみ目:皮脂抑制コンシーラーで汚れオフ

おぉ!これは良さそう。

綿棒だけでは、ちょっと刺激になるし、オイルや保湿剤を付けた綿棒だと、化粧が完全に取れてしまう・・と思っていて。しかも紹介されているのがキャンメイクという手軽さ!

早速マツキヨへ行くと、キャンメイクのグロスタイプのコンシーラーには、4種類もあって一瞬途方に暮れました←良く分からないからコスメ選ぶの苦手。

カバー&ストレッチコンシーラー3色←雑誌掲載
ハイライト&リタッチコンシーラー1色
#リンクはキャンメイクオフィシャルサイト

雑誌の切抜きを見ながら、カバー&ストレッチを手にとり、明る過ぎない色02ナチュラルベージュを手に取ってみました。


コンシーラーっぽいクレヨン感があって、確かにカバーしてくれそうなんですが、ちょっと重い感じが。

隣りのハイライト&リタッチを手に取ってみると、よりみずみずしい。



retuch4.jpg


皮脂吸収剤は入っていないようですが、そもそも皮脂の出る個所ではないし。その分潤い成分が入っていて、リタッチにはうってつけって、リタッチ用なのだから。


肌になじみやすく、シワが目立つこともなさそうですが、カバー力もありません。

retuch5.jpg

カバーというより「汚くなった目元をいい感じにキレイにしたい」のが目的だし、こちらをお買い上げしました。


■ ハイライト&リタッチコンシーラ

可愛いピンクの容器。プチプラは軽くていいです。

retuch2.jpg


グロス的な容器です。

retuch3.jpg


ブラシ部分はとってもやわらかーくて、ソフトタッチです。

retuch6.jpg


汚いメイクをこれで撫でてブラシを汚すと不衛生ですし、綿棒を持ち歩きます。できるだけ軽くしたくて、ずっと100円ショップの名刺大チャック付き袋に入れてます。。

retuch1.jpg



■ 実際にリタッチしてみた。

BEFORE
retuchbefore.jpg


あぁ、目元が黒ずんでるよこずちゃん!

マスカラはパンダにならないのを発見したのであからさまに黒くはならないのですが、

キャンメイククイックラッシュカーラーブラック★まぶたに全く付かず感動のノーパンダ!

何せ目の構造的にしたまぶたに色がスタンプされやすく、アイライン、アイシャドウ、いろんなものが目尻についてしまいます。


まずは綿棒にちょっとだけコンシーラーを取って馴染ませ、その綿棒で化粧汚れを優しく拭います。

その後、綿棒の逆の頭にキレイなコンシーラーを取って仕上げます。

AFTER
retuchafter.jpg 


右が汚れを取った側、左が仕上げた側。

retuch7.jpg


繰り返しますが、カバー力はありませんが、カバーが目的ではなく、滑らかで潤って光で飛ばしてくれるので、目元のメイク直しに丁度良いです。

しかも、600円くらいですし!

カバー力が必要なら、カバー&ストレッチコンシーラーをオススメします。





次は、リタッチ用の粉ファンデが欲しいなと思っています。

第一候補はシャネル(リタッチしてもらったら毛穴がキレイになくなったという体験をしたので)で、

マキアを買ってコスメフロアへ行って外資のカウンターを2件ハシゴした

しかしシャネルお高いですし・・・アットコスメの口コミは→こちら




NARSのリタッチ用パウダーも気になっています。定価4,700円。

値段も重量も軽そうでいい。さらにアットコスメの口コミがやたらいい。→こちら


あぁ、またコスメカウンターに行かなければならないのかと思うと気が重い←やっぱり苦手だが、試さずにポチっとする勇気もお金も判断力もない。



今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人
 | HOME |