08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.23 (Sat)

2017AWワードローブの断捨離をした

自分としては結構処分したけれど、ワードローブは案外量が多いままだな・・・とちょっぴり落胆している櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

なりたい自分や、秋冬の方向性、テーマカラー、ワードローブの現状など把握して来たので、気合いを入れて断捨離してみました。

この服を来た時ときめくかしら?(こんまりさん)

この服を来て元彼に会えるかしら?(Tim Gunn

など考えつつ、イメージマップやキーワードを眺めながら、断捨離しました。

BEFORE
2017closetAW1.jpg


AFTER
2017closetAW8.jpg  

使っているポールの長さが短くなりました!

もっともっと、稼働率の高い、厳選ワードローブを目指したい!


さて、断捨離した服を消し込んでみました。

 2017closetAW7.jpg


一つずつ紹介。

傷みがひどい・質が悪い・タイト過ぎて身体に悪い
black_cotton_skinny.jpg


質が悪い・シルエットが嫌い・ラクだから意外に着る理由がない
black_loose_pants.jpg


全然着てない
black_shawl collar_knit


なんとなく残しているけど、痛んで来たし、Vの開きが大き過ぎて着にくく、あまり着ていない。
grey_Vneck_loose_knit.jpg


タイトなVネック・・・今の時代に合わないし、古いし、Vの開きが大き過ぎて着にくい。
ecru_vneck_knit.jpg
navy_Vneck_knit.jpg



これは自分の目指す感じじゃないな・・・という。
vermillion_mini_skirt.jpg


サイズ感が合っていなくて、貧相に見える。もう少し上品なもののほうがいい。
grey_logo_tshirt2.jpg


このシャツは肩幅〜胸辺りが窮屈で肩が凝る・・白はマストアイテムなので、代わりが見つけられるまで維持するけど、水色は最近あまり着ていないし、思い切って処分。
blue_shirt.jpg 


なんとなく持っているけど、使っていない。
navy_paisery_mini_scarf.jpg   


後は、夏物の残り。処分するって宣言したけど、実は取ってあったTシャツとか、
logot.jpg

ロゴの感じとか悪くないのだけれど、素材の薄さとか、ゆえにヨレヨレした感じ、一枚では着れない(透ける)ところとか・・・処分。

こちらのワンピースは、古くなってしまったし、今年は一回も着なかったし。
black_lace_mini_dress.jpg

等々、処分しました。
秋冬の始めなので、リサイクルショップでも値段が付きやすいです。
春夏に秋冬もの持って行っても、値段が下がってしまうんですよねぇ。


さてさて、ここに何色を足そうかな・・・まずはグレージュを揃えることから、かな。
2017closetAW8.jpg

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  櫻田史上最高

2017.09.22 (Fri)

2017AWの買うもの&買っちゃいけないものリスト

今年の秋冬こそオシャレになれる気がしている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

なぜなら、櫻田史上最高のおしゃれになる!企画が、結構進んで来たから。

ということで本日はさらにステップを進めるべく、足りないものをチェックして、秋冬の買物リストを作りたいと思います。

その前に、

■ 過剰なものチェック:アイテム編

小林さんは「アイテム毎に7枚(1週間)で十分」とおっしゃるけれど、もう、櫻田のワードローブはとにかく多過ぎ。

特にトップスが多過ぎ

それも、稼働率が高いものと、低いものがあるので・・・これは断捨離しないとなぁって言ってばかり・・←しろ

2017closetAW5.jpg


また、前回は色編をちょっとやりましたので、

・グレーのニットが多過ぎ
・黒のアイテム、靴、多過ぎ
・紺の小物多過ぎ

ということで、

■ 買っちゃいけないものリスト

・トップスの衝動買い禁止
・黒禁止
・グレー禁止
・紺は小物だけOK


■ 足りないもの

・白:9分丈センタープレス9分丈パンツ<マスト>

グレージュのコートに似合う、上質な秋冬白パンツ。

まずは体型の合うBOSCHにGO!電車deGO!←古過ぎるしマニアック過ぎるよこずちゃん

ということで、BOSCHにて発見、プレーンな白パンツ。

多分、これと同じ型の春夏素材を持っているような気がするから、これを試着してこよう。




・白:Vネックかタートルのセーター<マスト>

毎年大活躍する白ニットは今年も一枚投入。

ワンシーズンで薄汚れてしまうので、ユニクロ等プチプラで揃え、今年も一期限りで着倒す方針です。

で、毎年冬に大活躍しているのが、ユニクロのコットンカシミヤの白。

ユニクロ:レディースニット

しかし、今季もいい感じのデザインがない・・またケーブルのクルーネックか・・・。

ちなみに、メリノウールの白はオフホワイトで黄味が強く、好きではありません。

うーん、1万円以上出すのは気が引けますが・・・。



・・・検討します。


・グレージュ・シルバー・ネイビー・白(どれか2個):バッグ<マスト>

「バッグ買う」と言い続けていますが、いい加減今月中に決着をつけるための記事

いや、今季で全部揃える気は毛頭ないのですが、もう、各色揃えたいです。

グレージュの色みはなかなか難しいので、見つけやすいネイビーやシルバーを重点的に探そうかなと思っています。

グレージュでいい色があるのは、セリーヌやサンローランとかなんですよね・・・っくーっ。

いい歳した大人だし、一つくらいは、20万越えもありなのでは・・・とも思うのですが、年間の予算が36万円なんでねぇ。

あぁ、宝くじでも当たらないかな〜←買ってないし


白は来年の春夏で検討しようと思います。今の所グッと来るものはなく、秋冬はあまり白が出てこないので、春夏の新商品に期待。


・グレージュ&ネイビー:パンプス<マスト>

櫻田の目指すスタイル、パンプス、それもシンプルなパンプスが一番いいと思っています。

これはすでにブティックオーサキのカラーオーダーのクーポンをおトクにゲットしたので、確定。

ブティックオーサキのカラーオーダが2足38%オフでポチった@GILTギルト

(ちなみに、電話したらちゃんと対応頂けたのでホッとしましたが・・・担当者が不在のことが多く、で10月に改めることにしました)

300以上の色・素材から選べるので、本当に欲しい色が探せる!

バッグの色とも合わせたいので、バッグを早く絞り込みたい・・。


また、スタンスミスがいよいよヨレヨレなのですが、大変お気に入りなので、そろそろリプレイスかな。



次はネイビーじゃなくて、このグレージュっぽい色にしようと思います。


・ネイビー・ホワイト:軽いジャケット

櫻田の目指すスタイルに不可欠なのは、ジャケット。

ネイビーか白の、軽い一枚仕立てのものか、ニットやジャージ素材のジャケット。

安っぽさが出る思うので、これは、慎重に良いものを。


なお、今年はコートの投入は予定していません。靴とバッグに予算を割きたいので。


・グリーンかボルドー等:膝丈のフレアスカート

ボリューム抑えてストンと落ちる素材の良いもの。ハリのあるものはNG。プリーツNG。

エメラルドグリーンという奇抜な色の汎用性について悩んでおり、サブカラーは秋冬別に設定したいなと思っています。

エメラルドグリーンの明度を落としたような、青みの深いグリーンもいいし、ボルドーにも惹かれます。

ネイビーとグレージュとの相性を考えると・・・うーん。

試着して考えてみよ。


・何色でも:ビッグイヤリング

今回、唯一「この流行には乗ろう!」と思えたのは、ビッグイヤリング。



これは、衝動買いでもいいと思っています。5,000円くらいまでで。

こんな可愛いのも、トートバッグにでもつけるかな、とか思ってみたり。




・グレージュか白系のワンピース

ワンピースが3枚あるのですが、どれも紺!

ということで、上品なワンピースが一枚欲しいなと思っています。


・本当はライダースが欲しい・・・

これはもう、呟き程度ですが・・・ずーっと探している淡い色みのライダース。

まあ、運命の出会いがあれば、くらいです。

予算的にも、ないかなぁ。優先度は低いです。

collage_2017FW_mosaic_small.jpg


■ 買うものリスト

<マスト>

・白:9分丈センタープレス9分丈パンツ(BOSCHが有力)
・白:Vネックかタートルのセーター(プチプラ)
・グレージュ・シルバー・ネイビー・白(どれか2個):バッグ(Hirofu、ロンシャン辺りで)
・グレージュ&ネイビー:パンプス(ブティックオーサキ)

<あれば>
・ネイビー・ホワイト:軽いジャケット
・グリーンかボルドー等:膝丈のフレアスカート
・何色でも:ビッグイヤリング
・白:スニーカー買い替え
・ライダース

ということで、後は行動あるのみ!



あと、断捨離しないとな。

・稼働してないもの
・古くて痛んでいるもの、型くずれしているもの
・カラー計画から外れるもの

2017closetAW1.jpg

ショッピングに出かけて、試着行脚などしつつ、またレポさせて下さい。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  櫻田史上最高

2017.09.21 (Thu)

ブティックオーサキのカラーオーダが2足38%オフでポチった@GILTギルト

ブティックオーサキのパンプスのカラーオーダーをしようと、新しくオープンした六本木サロンに意気揚々と出かけようとしたものの、定休日だったのでしょんぼりしていたら、思いがけずメチャクチャお買い得なクーポンを発見して、胃がふわりと浮くような高揚感を味わったけど、本当に大丈夫かなとちょっと心配しないでもないままポチった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

#9/22追記:サロンに電話したら大丈夫でした(笑) でも、サロンが新しく移転オープンしたばかりで、担当者の方がいらっしゃらないことが多いようです・・・10月以降にオーダーに伺う予定です。

boutique_osaki_coloroder_gilt1.png


オーサキのカラーオーダーパンプスが1足
定価25,920円→
16,000円!!


・プレーンポインテッドトゥ8cmヒール 税込24,840円(選べます)
・カラーオーダー代 税込1,080円
・合計:25,920円×2足=51,840円

が、なんと・・・32,000円だったの!(初回割引2,000円込)約38%オフよ!オーサキのカラーオーダーパンプスが、一足16,000円よっ!

あ・り・え・な・いっ!


GILTというショッピングサイトの商品です

GILTというセール品を集めたショッピングサイトがありまして、なんとなくブティックオーサキさんを検索してたら、以下のセールページに辿り着いたのです。

GILT:トップページ

GILT:BOUTIQUE OSAKI(ブティックオーサキ)お好きなカラーオーダーシューズ 2足

販売期間:良く分からないけど「残り2日」って書いてあったわ(2017年9月21日13:00現在)
利用期間:2017/9/19 - 2017/12/20
利用店舗:六本木店のみ(本店が表参道から移転・ミッドタウンの裏にあります)

詳細はリンクで最新情報をご確認ください。

なお、1足・3足のプランもありますので、有効活用くださいませ。

次にご案内する2,000円オフを利用すると、1足でも17,000円〜と、十分かなりすごいお買い得ですよ★

GILT:ブティックオーサキ



■ 新規購入でさらに2,000円オフクーポンのご案内

GILTで初めて購入する方は、こちらから登録すると自動的に2,000円のクーポン(5,000円以上購入で)がゲットできます。


#ご購入頂くと、櫻田にも2,000円のクーポンが入る「紹介プログラム」です。


なお、購入画面の「割引券・クーポンコード」は、最初は何も表示されていないので、必ずクリックしてクーポンを適用させて下さい。

以下、実際に櫻田がオーダーした時の最終画面です。

boutique_osaki_coloroder_gilt1.png



櫻田の場合は、もう何度も試着して、足に合う事も確認しているし、もう、絶対買う、それも、1足オーダーしてから、さらに何足か買おうと思っていたから、もう、渡りに船っていうか、高速船って感じです。


■ プレーンポインテッドトゥ8CMをオーダー予定

まずは何度も試着しているこのパンプスで、グレージュのカラーオーダーをします。

プレーンポインテッドトゥ8cmヒール(V80-8)税込24,840円

しばらく履いてみてから、次にネイビーをオーダーしたいと思っていますが、別々に使えるかどうか分からないな・・・聞いておきます。

ちなみに、一応選べるデザインは決まっているのですが、サイトには「など」となっており、かなりイケちゃいそうですよ。

「37種以上のデザイン、約300種の素材からお選びいただけるカラーオーダーシューズ2足」となっています。

対象デザインはリストされてますので、ご確認ください。
GILT:BOUTIQUE OSAKI(ブティックオーサキ)お好きなカラーオーダーシューズ 2足
オンラインショップ
で型番を検索すれば実物が見られます。



悲しいのは、今日、お気に入りのコートと色合わせをするべく、ベルトをわざわざ持って来ていて・・・軽いからいいし、相当安くなったからいいのですが、何やってんだろって感じです。

beltdake.jpg


いやでも、本当にラッキー☆かどうかは、ま、実際使ってみてから、ですかね・・・保証いたしかねます。

気になる点がある方は、必ずポチる前にお店に電話するなど、ご自身でご確認ください。

価格的に「詐欺じゃないよね!?!?」って思っちゃうくらいですから。



オーダー行きましたら、レポしますね。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  オーサキカラーオーダー

2017.09.20 (Wed)

2017AWのコラージュができた!


今年の秋冬コラージュの出来に大いに満足して、満足しただけで終りそうな櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今季の雑誌を眺めていて、ピンとくるものがなかったので困っていたのですが、ある雑誌の特集に期待して購入。



はい、電子雑誌のところでもご紹介しましたが、プレシャス。掲載されている洋服の桁が予算とゼロ1つ2つ違うので、あまり近寄らないようにしていましたが・・・買ってしまいました。

電子雑誌の読み放題サービスをお試し中:いい所はカットされているという現実を知った夜 (09/13)

だって、グレージュ特集なんだものっ!



秋冬のコラージュを作るに当たってまとめたことは、櫻田史上最高企画や、前回のジノリのお皿で出て来た言葉等。

・シンプル
・上品
・控えめなエレガント
・過剰ではない
・シンプル過ぎない
・堅苦しくない
・どこか凛とした主張がある

改めて自分の好きなテイストを象徴するモノ〜ジノリのお皿・ミュージオホワイト〜 (09/19)

ginori1.jpg


場所はホテルだけどちょっとリラックスした感じ。

・品があるけど派手ではなく
・オーラがあるけど華やかドヤーッではなく
・ベーシックだけど古臭くなく
・きちんと感があるのに抜け感もある

髪:手をかけたナチュラル
顔:メイクは派手ではないけど、上品な華やかさ
服:少しカジュアルめ
靴・バッグ:服のカジュアルさを締めるような、少しかっちりしたもの



櫻田史上最高のおしゃれになる!企画★やっぱりホテルが好き (08/29)


(ここまでの感じのシンプルな文章化が期待される・・・)


そして、メインカラー&サブカラーなんですが、

ホワイト:   真っ白(最近オフWでいい気がして来た。特にAWは)
ネイビー:..... 赤みの少ない紺
グレージュ:..... グレー寄りのベージュ
シルバー: ..... ハードではないシルバー
エメラルドグリーン:..... ちょっと薄い浅葱色


2017closetAW1.jpg


秋冬はネイビーやブラック等、暗い色は回避したいと思っていました。

というのも、

>黒や紺の分量が多過ぎるのは、かなりダメだな〜と、黒や紺の分量が多過ぎる装いを見て感じ

たからです。

2017.05.29 42歳、相変わらず着るものに悩むが

stay2017_1.jpg


ウィンターさんは「コントラストが得意」とあって意識してみたけれど、櫻田には似合わないか、コントラストの付け方が悪いのか、ただ趣味じゃないのか、何か違うなと思うようになりました。

春夏で着ていた、ぼやっとした色のコーディネートが結構好き。

でも、やっぱりぼやっとし過ぎるとダメで、白を効かせるといいかなと思ったので、

グレージュ・ホワイトをメインにしつつ、ネイビーやポイントカラーでちょっと締める、というイメージで。


で、出来上がったコラージュはこちらですって、モザイクかけてますが・・・。

collage_2017FW_mosaic_small.jpg

雑誌を切り抜いて画像データにし、電子雑誌をスクショした上で、Gimp(無料のフォトショ的ソフト)で切り抜いて、ファイル上でコラージュしました。

手間が掛かって面倒かな・・と思ったけれど、何より「色を思い通りに変えられる」ので、とても便利!

ちなみに、ブルーグリーンのパンツは、もとはレンガ色でした。

また、ワインレッドのスカートも、グレージュにしてみたけれど・・・やっぱりワインレッドがいいなと、2枚並べてみました。

これは来季も楽しくコラージュできそうです。


そして、サブカラーに秋冬は「ワインレッド」アリかなと思っています。ネイビーとの相性に自信がないのだけれど。

去年のニットは子供っぽい赤過ぎたな、と、ちょっと後悔。


で、何が好きかコメント

collage_2017FW_mosaic_comments_20170920101957bfe.jpg


あと、ビッグイヤリング流行には乗ろうと思っていますが、なかなかこれと思うものがなくて、コラージュできず。

ほぼPreciousからの切抜きになってしまったけれど・・・むしろ方向性が固まって良いかな。

何しろ、雑誌に掲載されているアイテムを即買いできないところが難点ですが・・・。



次は、ワードローブ表と合わせて、買物リスト作ります!

こんなことやってるうちに、シーズンが終っちゃいそうですけど(笑)


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  櫻田史上最高

2017.09.19 (Tue)

改めて自分の好きなテイストを象徴するモノ〜ジノリのお皿・ミュージオホワイト〜

最も愛した雑誌はヴァンテーヌのアラフォー櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ヴァンテーヌ記事一覧

ヴァンテーヌと言えば光野桃さんですが、彼女の著書「贅沢スタイル」のこの文章はいつも胸にあります。

ファッションもインテリアも、つきつめれば「自分がどう生きるか」ということを形にしたものである。

人は10歳まで育った環境から一生逃れられないという説がある。それだけ環境が人を作るということだろう。だとしたら、外に出て行く時ばかりおしゃれしてもだめなのだ。自分らしいインテリアに住んで初めて、おしゃれも背景をもつといえるのではないだろうか。

彼女自身とインテリア。そのイメージは揺るぎなく一致していたのである。



そう、だから「自分がどう生きるか」が明確になればなるほど、自分が選ぶ全てものは、統一感が取れて来るはず。



で、バラバラだったものが、最近少しずつだけれど、統一感が出て来たように思っています。

それは、この企画で、自分の生き方について、超具体的に考えるようになったのが一番大きいです。考え過ぎて辛かったくらいで(笑)

櫻田史上最高のおしゃれになる!企画★やっぱりホテルが好き
櫻田史上最高のおしゃれになる!企画★わたしを決めるのに一苦労した

こういう企画も、あったな。

好きなものコレクション記事一覧

そして、ファッションだけに限らず、何を買うにも何をするにも「すごく吟味」するようになったので(ブログに書くというプレッシャーもあり)、自ずと自分の好きが煎じ詰められたようなモノが集まって来るようになったと思っています。

自宅にはまだ「なんでこれ買ったんだろう・・・」っていうのが一杯あるけど。

あ、こんどそういうモノの特集してみようかな。



話はそれましたが、一番自分の好きが煎じ詰められた、象徴のようなモノってないかなぁと思っていたら、これだと。

ginori1.jpg

リムのラインの控えめなエレガントが美しい、リチャード・ジノリのお皿です。ミュージオ(ムゼオ)ホワイトというシリーズ。


ジノリは「ベッキオ・ホワイト」↓ というシリーズが一番人気があるのですが、これは好みではなくて。



これは骨格ウェーブの人に似合いそうな(笑:いやお皿は関係ないと思うけど)繊細な感じ。


ミュージオ(ムゼオ)ホワイトは、シンプルなデザインながらも、凛とした美しさがある。

ginori2.jpg


他のどのお皿よりも、何よりも、自分の好きが一番凝縮されていると思います。

・シンプル
・上品
・控えめなエレガント


さらに、

・過剰ではない
・シンプル過ぎない
・堅苦しくない

でも、

・どこか凛とした主張がある


そんなジノリのお皿のイメージで、洋服を選び、インテリアを選び、人生も選びたい・・・って、こんな美しい人生って!

まあ、現状の櫻田さん、シンプルでも上品でもエレガントでもないんですが・・・だからこそ、目指すのさっ。




ちなみにこのお皿に憧れるようになったのは、学生時代?OL時代?とにかく10年以上前。

それは、エメラルドグリーン(秋冬で扱いに困ってるけど)と同じで、そういう意味でも、流行や情報に流されたのではない、自分のコアな部分から出て来た「好き」なはずで、長く信頼できるだろうなって思って納得。



Tim Gunn が「おしゃれメンターを持て」と言うのは、服を買おうか迷った時に「その人なら買うかな?」と考えることで、判断に迷いがなくなり、統一感が出るからだったと思う。

ジノリのお皿と、そこから出て来たキーワードと、カラー計画と、コラージュ(秋冬版、絶賛コラージュ中です)と・・・方向性が定まって来て、「何かを買おうか迷った時の判断材料」が明確になって来ました。

後はアイテムを買うだけ〜って、それがねぇ。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  好きなものコレクション
 | HOME |  NEXT