12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2017.01.23 (Mon)

カシミヤストールを買った〜スヌードと大判は諦めた〜

これが冬物最後のお買い物だと思いたい、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今季はストールを買いたいと思ってグルグルしていましたが、とうとう買いました。

grey_stole1.jpg


■ 本当は秋口に買いたかったけれど・・・希望のスペック

何をどうしたらいいのか分からず、なんとなくぼーっとしてたらセールの時期が来てしまい、なんだったらセールで買えばいいやと思ったら、セールは落ち着いて探せないし色が売り切れてたりするし・・・という状態でした。

お買い物のついでに試着するうちに、大体こんなのが良さそうだなという目処が立って来て・・・相変わらずお買い物には時間が掛かり過ぎます。

欲しいストールの希望スペック

色:グレー(薄過ぎず、濃過ぎず)
素材:カシミヤ100%
サイズ:長過ぎず短過ぎず
ボリューム:厚さよりしなやかさを

最初は普通のウールでもいいじゃん!と思っていたのですが、カシミヤのあまりの触り心地の良さにうっとりさせられまして。

そこで、本当はブラックも欲しかったのですが、それは来年に回すことにし、さらに、もたもたしていたのもあるんですが、セールを狙おう!と思って。

ちなみに、マフラーは小さくて、ストールは大きい、そんなアバウトな気分でストールと言ってます。
さらにちなみに、カシミはカシミでもどっちでもいいそうですが、品質表示では「カシミ」だそう。カシミアの方が音が好きだな・・。


■ 骨格ストレートとストール

実は季節始めは、スヌードってカッコいいな、いいないいな、今っぽいな、と思っていて、それもちょっとカジュアルな畝の大きなタイプを試着したりしてました。



いやまぁ、似合わないのなんのって!

なんでこんなに似合わないんだろう・・と打ちひしがれて、さらにSpick and Spanで結構な大判サイズのストールを試着したら、完全に「ストールに巻かれている人」的なおかしな"くるまれ感”を放ってしまい却下。

柄ではなかったのですが、雰囲気的にはこんな感じ。ぐるぐるさせてみたかったけど、ぐるぐる巻きになってしまったんです・・。



#ジョンストンズはもちろん高過ぎて却下です

それぞれ、巻き方も悪かったのかもしれませんが、鏡の中の自分を見てぷっと笑ってしまうくらい。

そういえば骨格ストレートは首が短いらしいし、ただでさえガッチリした上半身にぐるぐる巻き付けると、さらにバランス悪くなるのかな・・と思い出して、ネットで調べてたら、出るわ出るわ、ぐるぐる巻きボリューム禁止令。

すっと垂らすかシンプルに一巻きにしましょう、ボリューム控えめ!的檄が飛び交ってまして、超納得して大判サイズやカジュアルなボリュームスヌードは諦めました。


■ カシミヤってホント値段に正比例するんですねぇ

そんな試着行脚をしているうちに気付いたのですが、カシミヤのストールを持って、鏡の前に移動しているその間でも、手がほかほかして来るんですよねぇ。本当にカシミヤってあたたかいんだなと実感しました。

また、同じカシミヤでも、手触りが悪かったり、ツヤがなかったり、ゴワゴワしていたり・・・それもほぼ値段に正比例してる感じがしました。セールであろうとなかろうと、その売っている値段に比例する。

ボリュームも値段に比例する印象を受けました。まあ、それも当たり前ですよね・・・。お肉レベルに値段に正比例だなと思いました。


また、ネットでお買い得なカシミヤ100%ストールがあったので一瞬悩んだのですが、まずは現物を見てから買おうと思って。



■ マルイの小物売り場でセールシーズンに購入

セールの時期を待ってたら、目をつけていたストールの色がなくなったりする悲劇になったりしつつ、定価:20,000円の2割引のセールで購入しました。

「Chloe」って入ってますが、いわゆる、手袋とかハンカチとかと一緒で、ライセンス料をクロエに支払って自社製品につけて販売してるタイプ。よく聞くムーンバットという会社。老舗大手なんですね。調べてみたら扱っているライセンスブランドの多さにびっくり。

ムーンバットオフィシャルサイト:ライセンスブランド

ブランドにはまったくこだわりはなかったのですが、色がとても好みな上に、サイズ感がぴったり(マフラーよりボリュームがあるけど、ストール未満的な)で。

サイズ:横50cm × 縦190cm(フリンジ入れて)
grey_stole6.jpg 
(半分に折ってメジャーを当ててます)

重さ:213g
grey_stole5.jpg

軽くて本当にあったかで、さらに「洗えるカシミヤ」だそう。

触り心地がとてもいい。

grey_stole2.jpg


実はいつも使っている黒いマフラーはカシミヤ100%なんですが、なんですが・・・触り心地やあたたかさの差は価格の差ですね・・・。フワフワしてるけど、毛が抜けるわけでもなく、スカスカしてるわけでもなく。

そしてこう、輝くように美しい。

grey_stole4.jpg


フリンジ部分も柔らかな感じが伝わって来て、幸せです。

grey_stole3.jpg

まるで袋田の滝!




毎日寒いですが、このストールとぬくぬくして過ごしたいと思います。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人の買物

2017.01.21 (Sat)

ある日の装い〜いいわ、このジャケットいいわ〜

衝動的に雑誌「GINZA」を購入した櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

お洋服が好き!LOVEが伝わる、「編アシKOの今週の出勤服」は毎週チェックしたい。

GINZAのSNAPのページ



こう、時折モード系を夢見ますが、表参道界隈にはどうしても馴染めません。

さて、本日の装いはこちら。大変お気に入りのジャケットです。

ツイードのジャケット購入

なにかトイレを我慢しているようなポーズです。

201701211.jpg
#Tシャツはスリードッツの7分袖です。

そして、倒れそうになりながら、クロス

201701213.jpg
#襟っていうか、テーラード?まえたての返しの部分?がきっちり折られていなくて、ゆるっとして裾まで流れているのが、またカッコいい。襟を立てて着てもカッコいいのかもしれない。来年の秋にジャケット一枚で着る時にやってみたい。

カメラを上から下に傾けたために遠近法になっただけで、頭が大きくて足が短いわけではない!と言いたいショット。

201701212.jpg

このジャケットの、すっきりしてるのに、ゆるっとした感じもあるところがとても好きです。

ヴァンテーヌを意識して、今年はまだ一回も履いていない(ので箱にしまいっぱなしの)ロングブーツとも合わせてみたいと思います。今っぽさはゼロだけど。インナーはタートルだな♪

ちなみに、デニムの下にはユニクロのモモヒキを履いてます。ほんと、寒いですねぇ。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人の装い

2017.01.20 (Fri)

メイクアイテムお試し珍道中&みんなの眉毛

今日も飽くなき美人へのチャレンジを続ける櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

あぁ、ゴールはどこにあるのかしら←ゴールを見失っている

美人だよっ、美人になるんだよっ!


えぇ、さて、最近メイクモリモリ(自分としては)な櫻田ですが、新しいメイクアイテムにも興味津々です。

ということで、かぶれネタ2連発!


■ リップマキシマイザーをお試しに塗ったらかぶれた

まずは、ランキング常連のクリスチャンディオールリップマキシマイザー。

あまりにも一位によく登場するので、メイク雑誌は買わない櫻田でも、ファッション雑誌のメイク特集で何度もお目にかかってるうちに、試したくなってきて。

こう、CM効果っていうの?何度も見ているうちに欲しくなるって、怖いですね。



いや、かぶれるよね、そりゃ。

だって、唐辛子(トウガラシ果実エキス)が入ってるんだもん、当たり前じゃん・・・あんたアトピー体質でしょ?肌弱いんでしょ?

と怒られそうですが、3日間くらいヒリヒリとした違和感があり、他の口紅も受け付けてくれませんでした。

ヒリヒリを感じていても、肌の表面は普通で何も変化はなかったのですが、しばらくワセリンだけで過ごすハメに。反省。


■ リップジェルマジックをお試しに塗ったらかぶれた

口紅を塗り直さなくて良かったら楽なのにな〜と、面倒くさい星人としては思うわけであり、こんな製品が売れるということは、やはりみんなそう思っているわけであり。



コップやマスクに口紅がつくのも嫌だし、マスク外したら付けようと思っていると、一日中口紅を付け忘れていたり・・

ということで、メイク好きのかわいい友人が「今流行ってんだよ知らないの?」と、リップジェルマジックというものを見せてくれたので、櫻田も付けさせてもらいました。

しかし、付けた直後に感じる「コート感」が、唇がマジで皮むけする5秒前的な感覚に感じられて耐えきれず、1時間もせずワセリンを上から塗り重ねるという暴挙に出たため、全く効果を感じることができませんでした。←できるワケない

さらに、やはりそのコートが何かをしでかしたらしく、若干ですが皮むけしました。

ちなみに友人曰く「口をちょい半開きにして何も動かさない状態をキープしてたら、ちゃんと効果が出ると思う。」という、非常に趣のある感想を漏らされてました。

後日アットコスメを見てちょっと納得してしまいました・・・アットコスメ口コミ:リップ ジェル マジック

みんなが欲しい夢の機能なので、期待値の高さと技術的な難しさの乖離があるのは当然だと思うんですが、それはKOSEさんが相当期待値を煽っているようなのでしょうがないのかもしれません・・・商品のオフィシャルサイト





どちらも個人的な感想であり、肌質によっては、正しい使い方をすれば、問題なく、きちんと効果があるものだと思いますので、気になる方はまずはお試しされてみて下さい。





さて、最近眉毛が気になる櫻田さん。雑誌で眉特集を見るとつい買ってしまい、街を歩けば眉毛をつい観察してしまいます。

そして観察し続けて最近思うことは「皆さん意外と好き勝手な眉」だなーということ。

素敵な雰囲気を持つ人が、今っぽい眉かというとそうでもない。

「あ、きれいだな。」と感じる人、それぞれ、バブルな細眉、ボサ眉、太い眉、への字眉、みんなちがって、みんないい by 金子みすず な感じです。

自分を知り、自分の魅せ方を知る、揺るぎない自分ならば、その眉は必然的に美しいのだろう。(みすずさんが出て来た影響もあり、ポエマー調だが、気にしてはいけない。)


で、自分は何を目指しているのだろう、と途方に暮れてしまいました←やっぱりゴールを見失っている

狭い世界で何をあがいているのだろう自分って。

「2016年と2017年の眉の違い」とか、ほんと誤差だよね、誤差。


毎日眉毛の写真を撮りながら研究してるんですが、これ、眉がゴルゴっぽくないですか?

ryosanmayuge.jpg




何か誤差を煽って「トレンド」をつくらなきゃいけない狭いファッション界の情報に浸り過ぎると、ふと自分の視野がすごく狭くなっていることに気付いてドキッとします。

櫻田はあまりにメイク初心者なので、まずは自分の眉をしっかり観察して、いろんな眉を描けるようになって、トレンドも取り入れて(IKKOさんの言うように)、それから「私は誰が何と言おうとこの眉で生きていくの」と、言い放ちたいんですよね〜。夏木マリさんにそう言われたら、かっこいいーって、頷くしかないじゃない?的な。

あぁ、やっぱり美しさって生き方だよなぁ、藤原美智子先生だよなぁ。


美しさというものは持って生まれたものだけではなく、考え方や行動、暮らし方など生き方によって随分と変わっていくということ。

また単に「女性としての美しさ」を求めるだけでなく、自分が納得するような生き方を追求していくと確実に女性は美しくなるこということ。これは抽象論でも何でもなく、具体的なこと、ということを私は今までの自分の体験から確信したのだ。
2015.01.25 (Sun)「美の宿るところ」藤原美智子★後編:自分が納得する生き方・装い


ま、そんなこと考えながら、2017年の眉毛の書き方が詳しく載っている(それも、モデルの徳沢直子さんが可愛いのもあって)今月号のLEEを買いましたけどね。

この「大人のベーシックメイク講座」是非一度立ち読みしてみて下さい。丁寧で分かりやすくて良いです。




今年も、流行に必死で乗ろうとしては、流行に乗るなんてどうよ櫻田?と自己ツッコミを入れ、それでも何かを掴もうと、沢山あがいて、沢山失敗して、そして美しくなっていきます!


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人

2017.01.19 (Thu)

ツイードのジャケット購入

トップスばっかり買っている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

深くは聞かないで下さい←なら言うな

さて、お気に入りが誕生しました。10年選手間違いなしです。

tweed_jacket1.jpg



journal standard L'essageの、しっかりと作られた男前なジャケット。

櫻田的にこのお店のアイテム大好きなんですが、どれも背の高い人とか、モードな人が似合いそうだなぁ・・・(あと高いな)っていうのがあって、いつも眺めるだけで。

今回狙っていた訳ではなく、値段も見ずに試着したらすごく気に入って、まあ、セール中だったので期待してタグを見たら税込40,000円くらいだったのが40%オフになっていて、これは買えって言ってるな、と思って買いました。

それにしてもベイクルーズグループにはしてやられてます。

tweed_jacket2.jpg

さて、このチェーンが首に当たる度に「ヒヤッ」っとします。声に出ます(笑)

メンズなつくりなので、シャツの上に着る事を前提に作られているのでしょうか?

一瞬取り外そうか悩みましたが、しばらく我慢してみます。なんか偉そうだし。


正面の写真でお分かりかと思うんですが、上の方はコンパクトに作られているのですが、なんだろう、胸下あたりからストンとしたシルエットになっているというか。

多分、↑は正確に表現できていないと思うんですが、ウエストを絞り過ぎると古臭いイメージだし、しかしゆる過ぎるとジャケットに着られちゃうし、絶妙にいいです。

丈も長過ぎません。これはサイズ1のMサイズですが(サイズは1と2がありました)


tweed_jacket5.jpg


こういうの、好きです。前身ごろを返した所の、裏地と見返しを縫い付ける始末が、丁寧にパイピングになっていて、あ、この、正式に洋裁習ってないので何て言うか分からない、ジグザクに止めてあるやつの丁寧な感じとか。

tweed_jacket3.jpg


デニムにヒールでも、ショートブーツでも、白いスタンスミスでもいい。

すごく自分っぽい感じがして、とても気に入っています。

ヴァンテーヌで、ミラノコーディネートに出て来てそうじゃないですか?

ジョッキブーツと、白シャツと、スカーフと、ハンチング帽か何か被って・・・あぁ、ヴァンテーヌ!

また、コーディネートの写真もアップしますね。







今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人の買物

2017.01.18 (Wed)

IKKOさんに教わるメイクの心構え

最近本当に自分が歌舞伎状態、いや、デーモン閣下に近づいている気がするけれど、今は人生最大に盛るだけ盛って学ぼう、迷わず突き進んでから冷静になろう、と思っている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

いよぉ〜っ←歌舞伎のあれ


さて、以前美容家のIKKOさんの言葉をネットで拾って興味を持ち、本を買って読んでみました。あらいいわ!

最近櫻田にダメ出ししてくれる友人がちょっとこちらの人っぽいキャラになって来ているので、なんだかとても親近感を持ってアドバイスを受けとめる事が出来ました。

友人よ、そんなこたぁー知らんと思うがありがとう。





さて、この本はメイクや美容だけではなくて、仕事、恋愛、お金等の人生訓がちりばめられた本です。

時に真剣、時にユーモアに溢れ、正論だけじゃない深みがあるのは、ご本人がいろいろとご苦労されて来られたからなのだと思われ、グッと来ます。

今回ご紹介したいのは、美人ブログですからもちろん「メイク・美容の格言」

すぐに実践できるテクもあるけれど、ベースとなる考え方とか心構え的なことが書いてあって、メイク初心者櫻田には勉強になります。

格言6:上達にはモノマネ

モノマネを始めるとアイメイクは上達します。歌とおんなじね。「こういう目になりたい」って好きな有名人の目の写真を切り抜いて壁に貼っておいて、そして毎日それを見ながらメイクする。そのうち自己流に変えてもいいですよ、でも最初はモノマネから入ること。ゴールへのシュミレーションができるようになるから、アイメイクが飛躍的にうまくなります。しかも本当に憧れの目に似てくるの!夫婦だって、犬と飼い主だって、だんだん似てくるものでしょう。同じものを見続けてると顔って変わる。

顔って、思っているよりずっと、どうとでも変わっていくものなのよ。


櫻田はブログで「顔は変わらないから、雰囲気だけでも。。。」って、少々の自虐も入って(自虐を言うと美人から遠ざかると思います・・・えーん)よく言いますが、顔って、思っているよりずっと、どうとでも変わっていくものなのね!

そうよ、女優が売れて来ると本当に顔が綺麗になったりするじゃない!櫻田、売れるのよっ!←お前は女優ではない

ということで、大好きな知花くららさんの、その中でも一番好きな顔の写真を、メイクする時の鏡に貼って交互に見ながらメイクしています。(目の写真を切り抜いて・・・はちょっと怖くてできなかった)

ikkosanno1.jpg


さらに、

格言67:人生、丸暗記がダメ。

メイクのテクニックにしても、仕事でも勉強でも、丸暗記は応用がききません。理由や正しい目的を理解してないと、いくらやっても結果が出ないの〜中略〜

テクニックを丸暗記しただけじゃ、欲しいメイクの効果は得られないわ。大切なのはアイラインをいれてどうなりたいか、マスカラを縫ってどうしたいか・・・目的をはっきりさせること!〜略〜


「どうなりたいのか、ゴールを明確にする。そして最初はモノマネから入る。それは、ゴールへのシュミレーションができるようになる訓練」だという、格言6とセットで心に刻んでます。


そして、

格言20:眉の正解は顔の形が決める

・・・そこに今(2014年に発売された本です)のトレンドなら、太め・短めといったトレンドを、ほんの少し加えるのが「あなたにとっての正解」です。


チラ見せですが、こんなモデルさん付きの解説なので、結構実践的に役立ちます。
ikkosanno3.jpg


そして、トレンドも意識できるように、まゆ毛特集の雑誌の切り抜きも、メイクをする場所に置いてます。

ikkosanno2.jpg


IKKOさんのメイクの格言を読んで、実践してみて、

・素材である自分自身をきちんと分析すること
・そこからなりたい自分にメイクで近づける努力をすること
・その上でトレンドを意識すること

そんなことをIKKOさんから学ばせて頂きました。
やっぱり「軸」がないとダメですよね、何事も。

「華のない女に足りないもの・・・」とか「鏡から50cm離れなさい」とか、他にもご紹介したい格言だらけなのですが・・・是非お手に取られてみてください!





ちなみに、メイクや美容ネタだけじゃないのもいいです。

「上司を理不尽と思うのは、あなたのレベルが低いから」(上司を他の人に置き換えて)にグサグサされたり、「心も美しく生きようと決意した人が最後は勝つ。」にキュンと来たり・・・メイクアップアーティスト、そして経営者として成功され、さらに芸能界を生き抜くIKKOさんだからこその、智慧が詰まったとても素敵な本でした。

IKKO 心の格言200




いつかIKKOさんを直接拝見したいぞ!と調べたら、ディナーショーとかトークショーがあるじゃないの(直近は遠過ぎるので、東京での開催を待つか・・・)

IKKOさんオフィシャルサイト

生IKKOさんを体験したし。でも、万が一ですが、もしお話できる機会があったら、瞬殺でダメ出しされそうでドキドキします(笑)

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人
 | HOME |  NEXT