02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.03.24 (Fri)

自分らしい素敵なコーディネートが毎日できるようになりたい

「アラフォーママの毎日プチプラコーデ」by coco-eririkoさん を買いました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

around40mom.jpg


例のごとく、書店で見つけてから買うまで一日かけましたが、この本を買った理由を語ります。


・単純にコーディネートが好き!

カジュアルだけど品もあって、どこか女性らしくて、無理が無くやり過ぎてなくて、でもオシャレだなーと感じさせる何かがある。

私も毎日こんなふうにコーディネートできたらいいのになぁ、と、このcoco-eririkoさんに憧れた、というのが素直なところ。

coco-eririkoさんのブログ

そんなコーディネートが300以上掲載されていて、700円チョイというプチプライス☆


・バランスの取り方を見習いたい!

自分がキレイに見えるバランスを熟知されてるんだなと感じました。

すごくスリムで足が長くて、そもそもスタイルがいいので、何をどう着たってバランスが良いだろう、なんて思ってしまうけど。

アイテムの選び方とか、出す出さないとか、何をフワッとさせてどこをキュッとさせるのか、一番自分がバランス良く見えるパターンを分かってる・・・あ”ー櫻田もそうなりたし!

具体的なレクチャーもあって、参考になります。


・頑張り過ぎてない感じを出したい!

着崩し方とか、カジュアルとキレイ系のアイテムの合わせ方に、櫻田に必要なやり過ぎ回避のヒントが満載。

こなれ感の出し方とかいうレクチャーもありましたが、はい。それ出したいです。

櫻田はフェミニンなら全身フェミン、かっこいいアイテムはメンズっぽく、カジュアルは靴までどカジュアル、となりがちなので、もっと上手にミックスするとか、まとめ過ぎないことが必要なのかなと思っています。
2016−17秋冬★櫻田こずえの装いまとめ


なんて言うのでしょう、昭和じゃなくて平成を漂わせたい・・・ゆとり?←それなんか違う


・小物や髪型等の、洋服ではない部分もちゃんとコーディネートせねば!

何気ない組み合わせでも、そこはかとなく彼女らしい上品で女性らしい感じが漂うのはなぜなんだ!

菊池京子さん(やっぱり好き)が、そのコーディネート本の中で「こういう雰囲気を出したくて」ということを何度か書かれていて、あぁ、そうか、コーディネートはそうやって作るもんなのか、と思った・・・だけで、実践出来ていませんが。

coco-eririkoさんのコーディネートを見ていたら、そんなことを思い出し。

あと、ティムだったかな・・・違うジョージだ、その服や小物が放つイメージをしっかり把握することこそファッションでは大切だと。(これ意識しなきゃな・・・)
ファッションへの意識を高めるためには、どうすればいいのか。
その第一歩は、簡単な質問から始まります。
「これは何を伝えているの?」
これは究極の質問です。身につけるものを手に取るたびに、必ず自分にこの質問をしてください。単純な質問に見えますが、実はとても奥が深いのです。
〜中略〜
自分が選んだものを一つひとつ徹底的に検証して、どんなステートメントを発しているかを考えなければなりません。
「似合う服がわかれば人生が変わる」ジョージ・ブレシア★お買物が変わる魔法の言葉
そういうことが出来る人は、プチプラショッピングも上手に出来るんだろうな・・・←安さに惹かれてすぐ失敗する。

なんてことはない組み合わせだけど、いい雰囲気が出てるのは、バランスが良い上に、小物や髪型等も、その雰囲気を出すためにベストアイテムがベストバランスで過不足なく配置されてるからなのだろうと思い。

そして、自分のコーディネートは、いつも、ミントを添え忘れたパフェみたいなことになりがちだと思わされ。


・ポージングがさり気なくて素敵なので真似したい!

櫻田の課題であった「ある日の装いを撮る時の気張り過ぎたポーズ」をどうにかしたい!

ならば、お手本を見つけてそれを毎日真似すればいいわ!と思って、この本を撮影する部屋に常備しておくことにしました。

最近自分の顔撮りを、自然光が入る部屋でしたら美人度3割増しだったので、野外や自然光が入る部屋も考えてみたいと思います。

部屋は狭いし、野外で人に見られたりしたら恥ずかし過ぎるしどうしよう←毛穴まで晒しておいて今さら何を恐れるのか。


・似たようなパターンのコーディネートが多くて好き

この本のレビューに「良く見たら着こなしがどれも似てるかな。」と書いてあって、ピンと来ました。櫻田はそこが好き。(あと、そのレビューのご指摘の通り、この手の本をあまり買わないからかも。鋭い。)

ファッションは趣味ではないので、毎日違うコーディネートすることに興味は無くて、むしろ、自分がキレイに見えるものを、よく言う「制服」にして、それを繰り返し再現できるようになれたらなーと思っています。

だから、洋服を沢山買って、トレンドは全て取り入れてとっかえひっかえ・・・じゃなくて、自分の得意なシルエットや組み合わせで、毎日素敵を再現できているところがとてもいいな〜と思って。


ということで、買いました!


ちなみに、櫻田がプチプラをあまり買わない一番の理由は、値段のせいで判断が狂って無駄な買物をしてしまいがちだからです。プチプラだとどうしてもつい・・・もちろん安い方が嬉しいのですが意志弱いので。

二番目に失敗率が高いから。製法や素材で「ハズレ」が比較的多い気がして、目利きな方にはとても良いと思うのですが、櫻田は失敗率がタダでさえ高い見る目のない人なので、敢えて遠ざけております。

この春は少しは上手に取り入れてみたいと、この本を読んで思いました。


coco-eririkoさん、素敵な本をありがとうございます☆

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  雑誌・本レビュー

2017.03.23 (Thu)

2016−17秋冬★櫻田こずえの装いまとめ

買ったものの個別の採点はしてみたけれど、結局今年の秋冬は何を着てたんだろう・・・と思い返してみた櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今回は珍しく前置き短めで、サクサクと画像をアップしてみたいと思います。

画像数が多いので表示はサクサクと行かないかもしれませんが・・・しばしご辛抱下さい。


>> 11月

201611302.jpg201611282.jpg201611232.jpg20161109.jpg20161107.jpg


>> 12月
201612152.jpg201612142.jpg201612131.jpg201612101.jpg201612061.jpg201612012.jpg


>> 1月
201701313.jpg201701242.jpg201701213.jpg201701141.jpg201701131.jpg20170104.jpg 20170111.jpg 


>> 2月
201702222.jpg201702122.jpg201702192.jpg20170207.jpg201702041.jpg201702040.jpg 201702032.jpg 


>> 3月
20170318.jpg201703172.jpg201703052.jpg201703030.jpg


ちなみに、コートは着慣れるまでに少し時間がかかりました。
ウエストに共布があるのですが、キュッとすると上半身のボリュームが目立ち、バランスが悪くて取り外したら気軽に羽織れるようになりました。


>> 櫻田的ベストスリー

うーんと眺めて、この3つかな。

201702032.jpg20170111.jpg201701313.jpg

どれも、ワンピース、コート、ジャケット、それぞれのアイテムがお気に入りというのがその理由で、さらに、自分にバランス良く着られているからかなと思います。

シンプルフェミニンな感じ、キレイ目カジュアルな感じ、カッコいいカジュアルな感じ・・・好き嫌いを抜くと、一番似合っているのは一枚目のシンプルフェミニンな感じな気がします。

櫻田はフェミニンなら全身フェミン、かっこいいアイテムはメンズっぽく、カジュアルは靴までどカジュアル、となりがちなので、もっと上手にミックスするとか、まとめ過ぎないことが必要なのかなと思っています。



さらに、春はもう少し「色」や「柄」を加えていけたらなと思います。

パステルっぽいけど落ち着いた色を、得意なアイテムや形、小物で。

柄は、スカーフやストール、バッグとか、面積の小さい小物で足すとか、ストライプやボーダー、ツイードの地模様のような、派手ではない柄で。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人の装い

2017.03.22 (Wed)

ペディキュアはMAVALAマヴァラの血豆色#240 JASPERジャスパー

前回ペディキュアを白っぽい色にして後悔して1ヶ月弱メンテしながらいろいろアレンジして粘ったものの結局落とし、ここ10日ほど足は素爪だった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

まあ、自分とバッハ君くらいしか見ない上に、元プラモデラーのバッハ君は「塗装技術としてのネイルの上達度」にしか興味ないんですけど。

で、戻しました、マヴァラのジャスパーに。

nail201703211.jpg
#指毛なしっ!


落ち着くわーこの血豆色。(コントラストがキツイので、実際より濃く映っていますが、それでもやっぱり濃い色です。)




前回の指と足。なんか、こういうの櫻田はしっくり来なかったのです。



2017.02.11 ペディキュアを指先のネイルに合わせて塗り替えてみたのだが
2017.02.02 ネイル塗りかえました


このベージュピンクのジェルネイルと、

nail201703092.jpg


血豆色のペディキュアで春を迎えたいと思います!

nail201703212.jpg


夏はもう少し透明度のある赤にしてもいいかも。またボルドー買い直そうかな。



mavala_240jasper69bordeaux2.jpg



今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  ネイル美人

2017.03.22 (Wed)

メイク雑誌はスマホの自分の写真と見比べながら

メイク雑誌をくまなく読んでいる櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

いろいろチャレンジしてみたいことがあって、ついつい、ゴテゴテ塗ってしまう今日この頃。

姉さん、僕はメイク濃いです。
あんたが歌舞伎役者と言うならば(私はデーモン閣下)


さて、そんな櫻田のマイブームは、メイク雑誌を、スマホの中の自分の顔と見比べながら読むことです。

まあ、大変がっかりすることが多いですが。

makeupmagazine1.jpg


櫻田は毎日毎日自分の顔をスマホで撮影しています。

メイク前、メイク途中、メイク後、いろいろ。

後から見ると「これないわー」とか、並べてみるといろんな発見があったりして、自分を客観的に見ることができます。

鏡の中の自分って意外と主観的に見てるようなので。


で、いいなと思うメイクを見つけたら、スマホいっぱいに自分の顔を出し、そのモデルさんの横に自分の顔を置いてみます。

まあ、基本がっかりすることが多いです。

でも、眉毛と目の間がこんなに狭いからこそ、このメイクは可愛く見えるんだ(櫻田は間が広い)じゃあどうやって縮めて見せよう、とか、このメイクを真似するのはやめようとか、このアイラインの角度は、この目の形だからこそで、櫻田には難しそう・・・とか、自分にそのメイクをした時のシュミレーションが出来て面白いです。

makeupmagazine2.jpg


ファッションも同じですが、美人でスタイルの良いモデルさんが、完璧なメイクとスタイリングとライティング(と、画像処理)で映っているのだから、キレイで当たり前だし、櫻田が真似しても無理があり過ぎることが多い。

第三者の目線で雑誌と自分を見る感じで、こう、リアリティ(自分の顔)を見ながら、雑誌を見る。

あと、これも似合いそう!という思わぬ発見もあって、楽しいです。





ふと買ったメイク雑誌MAQUIAでいろいろ学んでます。何度も言いますけど情報量多いですね・・・誌面作るの大変だと思います。感謝。(これは櫻田が購入した先月号です)



あぁ、40越えてこんなにメイクに必死になると思わんかったけど・・・楽しい♪

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  ・ 未分類

2017.03.21 (Tue)

2016-17秋冬に買ったもの反省会★0点〜49点編

向き合いたくなかったものに向き合ってのたうちまわっている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

買ったものの後悔しているアイテムを集めて反省する、2016-17秋冬に買ったもの反省会★0点〜49点編です。

2016-17秋冬に買ったもの反省会★50点〜100点編


その前に、忘れていたよ70点編。

■ 黒のショートブーツ:70点

黒いショートブーツを買いました



買わなきゃよかったとまでは思っていない・・・のだけれど、グレージュのコートには一昨年購入したピンヒールのブーティーが似合ってしまって、専らそちらを履いていました。

脱ぎ着がちょっとしづらいのはいいのですが、お気に入りのコートとテイストが合わない認定をされてしまったので、ちょっと出番が少なかったです。

お気に入りの男前ツイードジャケットには、ほのかに女らしさを漂わせたい時に、ピンヒールがちょうど良くて・・。

でも、歩きやすくて旅行にもOKレベル。防寒にもなる足首までの長さ。

来年以降、末永く支えてくれそうなアイテムではあります。今年限定だと70点。

反省:靴単体の良し悪し、合う合わないではなくて、「どんなテイストの装いにこの靴は合うのか」そして「今季はどんなテイストの装いにしたいのか」等を明確にしよう。



〜買わなきゃ良かった編★1点〜49点〜

■ dholicのニットセットアップ:45点

買ったけどまだ一度も着てないんだ・・・

と、セットアップではNGだったdholicのニット。

black_knit_setup2.jpg


この写真から自分が着た感じを想像できるようになってよこずちゃん。



しかし、上単体では大活躍してくれました。

201612101.jpg

今っぽいシルエットで、地厚でハイネックととーってもあったかくて、手持ちのスリムなボトムスと何でも合う。思いがけず便利なアイテムでした。

上:85点

下:0点

ボトムスはローゲージのニットで、真っ黒で、この丈で、このボリューム感・・・ファッションショー何度もしましたが、毎回着て行く気になれず、結局一度もはかないままです。

反省:試着できないネットでポチは、あなたにはまだ早い。特に、ボトムスは危険。



〜たんすの肥やし編★0点〜

あぁ、目を背けていた現実に向き合ってみたいと思います。

■ カラフルフェイクファークラッチ:0点

ZARAでビビッドなフェイクファークラッチを購入した!



「だからさぁ、それまでは結婚向きの真面目サラリーマンばっかり追いかけていたけどうまくいかなくて、そんなの私の人生じゃない!!!とか言い出して、ハイパーメディアクリエイターとか、キャンドルなんとかみたいな、異端児に走っちゃう、みたいな典型パターンよね。」

と、友人に言わしめた一品です、はい。

一回お散歩に持っていったけな・・。

と、結局一夜の関係で終った、みたいなことになりました。スゲーよ友人。

反省:このバッグをどのコートに、どの服に合わせるっつーのよ・・・そこんとこ冷静によく考えて!


こっからさらに胃が痛い度が上がって行きます。もう、懺悔。ごめんなさい、すみません。

ワイドパンツを巡る冒険、痛いです。笑ってやって下さい。


■ グレーウールのワイドパンツ:−100点

11月頃に、杢グレーくらいの、ウールの、センターにタックがあり、少し張りのある生地のフルレングスのワイドパンツを購入しました。

もちろん試着して、散々悩んで買いました。

dholicのセットアップのパンツはニットでもこもこしてたけど、グレーのウールでキレイ目、さらにセンタープレスならイケるんじゃないかと、試着した時は思いました。

新しい自分!トレンドのパンツを着る自分に興奮。

しかし・・・落ち着いて家でいろいろチャレンジするけれど・・・これ、ヤバイ、袴だ、着れない、ダメだどうしよう。


#雰囲気的にはこんな感じだったのよ、ホントに。


返品不可のお店だったので、もう着ない自信が100%あったので交換して頂くことにしました。

それでうーんと決めたのが、このニットだったのですが、毛が抜けまくる、シルエット的にコートが着られない、と、かなり着るシーンを選ぶアイテムで、結局これも1回着た止まり・・・部屋着にするには毛が・・・。

201701051.jpg

来年以降活用できる可能性もあるかと思いますが、もう、心の傷レベル。

なんで、なんでこんなミスをするんだろう・・・もうお買い物なんて・・・


と、再びやらかします、3度目の正直!


■ 白いワイドパンツ:0点

さあまた出た!一度もはいてません系!

センタープレス、オフホワイト、キレイ目、チョイ短め。

white_wide_pants2.jpg

どうして再びワイドパンツに挑戦しようという気になったんだろう?

自分でも良く分かりません。わーん←泣いている

多分、春夏のリネン混のワイドパンツ3本はお気に入りだから、きっと似合うワイドパンツがあるはず!キレイ目ならイケルはず!というのと、

20150715.jpg

雑誌であまりにもワイドパンツを見過ぎて、これを着なくてはならない!的に思った、辺りが妥当な推測かと・・・。

こういう時に、自分のスタイルがないとか、ブレまくりの芯のなさが本当に響きますねぇ。ダメですねぇ。

こう、本当はB君が好きなのに、皆にA君がいいよ、B君はダメ男!と言われ続けて、確かに元彼もA君タイプが多かったなとA君と付き合ってみたけど全然ダメで、その間にB君は他の女と・・・←考え過ぎ

あんたはアンクル丈のセンタープレスのストレートとか、すっきりテーパード辺りが得意なんでしょ?

反省:流行は自分の得意なものだけ取り入れる。雑誌の見過ぎ、影響され過ぎは注意。



いやでも、今日久しぶりに引っ張り出して(タンスの奥で肥やしになっていた)着てみたら・・・あれ、割と悪くない?今ふうのバランスに慣れなかっただけ?

white_wide_pants.jpg 

横から撮ったからか、少し目が慣れたのか・・・(でも、お腹ぽっこりが気になる)

ふくらはぎの辺りは太もも付かず離れずの方がいいけど、そういうシルエットは流行ではないのよね、きっと。

えー別にこれ、いいんじゃないの・・・?

昔、スキニーは絶対ダメと言っていて、おすすめされて買ったら意外とはけて、そのシーズンの一番のお気に入りになったということもあったなぁ。

素材も色も重くないので、春、何かの機会に試してみたいと思います!なんか一筋の光明が!


反省:似合わない、ダメという思い込みから自分を開放しよう。


ということで、この白いパンツについて、春物ということで結論を引き延ばそうかと思います。





全体的に振り返って思うことは、相変わらず「洋服単体として」のトキメキで買物をしており、手持ちのアイテムとのコーディネートや、テイストの統一、そういった視点が弱いように思います。

かと言って、雑誌の切抜きを持ってくローゼットに篭っても上達せず・・・。

と、オシャレ友人の喝を思い出す。

失敗しないように、しないように、って頑張ってるのはえらいけど、失敗しないで、トライしないで100点のワードローブ、100点のコーディネートなんてできるようになんないよの。私だって言えない金額の失敗を繰り返してるのよ、今も。

組み合わせをね3パターン考えてから買えとか言うでしょ?でもね、本当に買ってみなきゃ分からないのよ、どれだけ使えるかなんて。それに、買ったらその服に自分が鍛えられて、使えるようになるもんなのよ。とっとと買いなさいよ。そんだけ頭の中で、切り抜きとかで予行練習してるんだから、もういいわよ。沢山失敗すると思うわよ。でも、これ以上悩んだって勝率は上がらないのよ。
あんた、好きなもん買いなよ、着たいもん着なよ


失敗は失敗として認め、反省しつつ、買った洋服に自分を鍛えてもらう・・・そんな態度で、これからも失敗を恐れず、カードの支払いは意識しつつ(汗)、春も果敢に攻めて参ります!

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  ・ まとめ記事
 | HOME |  NEXT