04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.22 (Mon)

お誕生日ステイ初日の装い

久しぶりに横浜に行っておりました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

30度になるという日だったので、真夏の格好です。カーディガン肩掛けしてましたが、暑い。

42歳、超ミニスカです、素足です。
40代になっても生足でミニスカ穿いていたいって、言ってたような言っていなかったような。
穿いてます。

201705211.jpg

このワンピースの袖というか肩というかが、櫻田にとってのベストです。
フレンチスリーブは肩をより強調してしまうし、アメリカンスリーブ寄りになっても、やはりムキムキを強調してしまう。
ストレートにストンと肩をスライスしてくれるこの「くり」の感じや肩の長さがベスト過ぎて、試着しても「5mm違う!」とか思ってしまう。

こういうかぶる式のダブッとしたチュニックっぽいのは、骨格ストレートは苦手ですが、胸元の深いVや、それほどコクーンじゃないシルエット、そして色や素材が好きで着続けています。Tomorrow Land系列だったかな。

えぇ、わざわざステイにシャッターリモコン持って行ったんですけど、間違えてこんなショットも撮れました。

201705213.jpg


ちなみに、下から煽って撮ると、こんなに足長&頭小さく写ります。
一枚目が下から煽って撮ったもの。超スタイルいいです。二枚目が普通のもの。
どちらも何も加工はしていませんが、カメラの位置と角度が違います。

一枚目が現実だったらいいのにな〜。

201705214.jpg201705211.jpg  

ちなみに、インナーにはドレープがキレイなキラキラシルバー系のキャミソールを着てました。



今年はお誕生日ディナーとステイ用に新しいワンピースを新調しようと思ったのですが、今買ってもなんだかしっくり来るものもが買えないような気がして、やめておきました。

それに、もう服は十分過ぎるほど持っていて、そういうこともお誕生日ステイ中にちょっと反省しました。洋服ってなんなんだろう。

新しい服は確かにパワーをくれるけれど・・・。

なかなか煮詰まって来ました。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人の装い

2017.05.21 (Sun)

ココ マドモアゼル

42歳になりました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

シャネルのカウンターで、ふとすすめて頂いて偶然出会った、ココマドモアゼル。

フレッシュだけど軽やかにフェミンな香り。

これ、この香り!

 coco-mademoiselle2.jpg 


思いのままに行動する、自由を楽しむ女性のための香り。
オフィシャルサイト:ココマドモアゼルより

「香水をつけない女に未来はない。」
 詩人ポール・ヴァレリーの言葉を借り、シャネルがよく口にしていたという言葉だそう。

それなら今から未来をつくろう。

いくつになっても、遅過ぎるなんてないしね。


coco-mademoiselle4.jpg


シャネルという女性に興味を持ち始めて、42歳のお誕生日ステイは、ココ マドモアゼルの香りと共に、シャネルについての本をパラパラとめくって過ごしています。

1年を振り返っておりますが、先週も振り返ってます。今週の櫻田★2017/5/14〜20

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  香水美人

2017.05.20 (Sat)

THREE青山無料アーティストメイクレッスンに再び行って来た

半年ちょっと振りにTHREE青山の無料アーティストメイクレッスンに行って参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

three_makeuplesson_2017SS2.jpg



ここで突然ですが、リプライセルご愛用の皆さまにお知らせ。

2個買えばいつもより8%程おトクにリプライセルを購入できるキャンペーンを、アイハーブでやってますよ!

リプライセル2箱おトクに購入★“5OFF60″でアイハーブが5ドルオフで





はい、戻ります。

さて、本当は先月行こうと思っていたのですが、募集開始30分くらいで満席・・・今回は案内のメールが来てすぐに電話をし、ようやく予約が取れました、一ヶ月前。

いやだって、THREEのアーティストにマンツーマンでメイクしてもらえるんですよ。それも、商品を買えばタダなんですよ。それってあり得ない!そりゃぁ、人気です。

1. 実質タダ!
2. ブランドのNo.2(櫻田推測)メイクアップアーティスト佐藤さんのマンツーマン!
3. さらに美しいメイク解説シート付き

THREE:メルマガを受信して、その日に備えましょう。

ちなみに、毎月12,13日辺りの12時に配信され、恐らくそれから1時間も経たずに満席になるはずです。

— THREE メールマガジンの案内より —
・90分コース(当日、12,000円+税以上ご購入の方対象)
・60分コース(当日、6,000円+税以上ご購入の方対象)
#スキンケア商品はカウントされないそうです

その多詳細:2016.09.24 THREE青山の無料メイクアップレッスンを激しくオススメする3つの理由


three_makeuplesson_2017SS3.jpg

#THREE青山、店内も写真OKだそう。インスタとか載せて下さいね・・・あ、はい、アカウントはありますっ!アカウントだけ!



メイクを落として、スキンケアまでアシスタントの方にして頂きます。一回目はメイクして行ってオフのお手間をおかけしてしまったので、今回はほぼ日焼け止めと下地だけで望みました。

で、その後濃密な45分くらいを、イケメンメイクアップアーティストの佐藤さんに見つめられて過ごしました。

いやぁ、照れるわー←はいはい

そして、出来上がった顔は「エフォートレスな都会の女」でした、軽く感動します。醸し出す雰囲気が、自分のものじゃない感じです。無敵な気がして来る。


ちなみに今回のテーマは「ヘルシー」にしました。前回はカッコイイ女。

こちらがアシスタントの方が作って下さるメイク解説シートです。使った商品名がびっしりこのページの左側に書いてあります。

three_makeuplesson_2017SS6.jpg

今回あまり細かいテクニックを書いて下さらなかったことがちょっぴり残念・・・前回はびっしり書いて下さって、忘れてしまったことも書いてあって感激したけれど・・・お忙しかったのかもしれません。

でも、Happy Birthdayとか入れて下さるそのお気持ちが嬉しい☆

こちらが前回。エピックミニダッシュ(買っちゃいました)の使い方は、前回のものを参考にできるから良かった。
threemakeuplesson4.jpg


沢山のことをお勉強させて頂いたのですが、その中でも眉の書き方がとても勉強になりました。


■ 眉毛は「真っすぐ太眉」でも「アーチ細眉」でもなく「自分の眉の形」で

眉毛は地眉がとてもキレイだから、そのままを活かすこと。
無理矢理真っすぐとかアーチとか、そういうことをしようとするから不自然になる。
眉頭は描かない。軽く色を乗せてきちんとぼかす。
ペンシル→パウダーの順で色が乗る。

素の眉
eyebrows11t.jpg

メイクして頂いた眉
three_makeuplesson_2017SS4.jpg

櫻田が最近描いた眉
three_makeuplesson_2017SS8.jpg

櫻田のは、真っすぐ眉になるようになるように、必死で描いてる感じ。

あ、眉尻は上側から描くと自然に伸ばせます。下側からはダメ、っていうのも学びでした。


さらに、顔の正面から見て、眉尻から顔の端までが広いと顔が大きく見える。眉尻は適切に伸ばしましょう。眉を下げるところも、骨格に沿って。

今回描いて下さった眉
three_makeuplesson_2017SS5.jpg

これは櫻田の描いた眉
eyebrows8.jpg


佐藤さんの描いて下さった眉は、一般人がオシャレじゃない格好でオシャレじゃない町を歩くと、浮くかもしれない・・・けど、メイクが出来上がってケープを取ってみると、ほんと、櫻田の垢抜けなさが一掃されて、都会っぽさが出てるんですよねぇ。


その他、沢山、沢山のことを学んで帰って参りました。ほんっとに素晴らしい時間で、オススメしたいのですが、これ以上激戦になるのもイヤなので・・・。

前回より質問もできたり、こういう感じにしたいとか、意志も伝えられて良かったし、大満足で帰宅しました。



そして、やっぱり沢山買ってしまった・・・でも必死で4点に抑えました。

three_makeuplesson_2017SS7.jpg


勉強代!と言い聞かせてみます。

教えて頂いたことも含めて、改めて一つ一つレポして参ります。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人

2017.05.18 (Thu)

シャネルのハイライト「プードゥルルミエールグラッセ」で輝く女に

ハイライトを使い間違えると、皮脂分泌も盛んな昨今(いや、いつもだけど)、ギラギラした女になりがちな櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

内面から輝きたいものですが、一朝一夕でかなうものでもありませんし、ここは手堅くコスメで輝く女を目指しております。

chanel_poudre_lumiere_glacee4.jpg


突然ですが、10歳近く年上の美人なお友達の話。

一昨年の夏にお会いした時に、デコルテとノースリーブから覗く肩にキラキラパウダーをされていて、それがまた素敵だったこと素敵だったこと。

輝くような笑顔、手入れの行き届いた髪、上品カジュアルな装い、鍛えられたボディー、アクティブで華やかで聡明なその生き方あってこそだと思うのですが、その印象はずーっと櫻田の中に残っていました。


内面キラキラ×外見キラキラ=無敵


そう、無敵に美しいのです、その方。櫻田もそのセットが欲しい。


chanel_poudre_lumiere_glacee2.jpg


時を経て、シャネルのカウンターでたまたまご紹介頂いたこの「プードゥルルミエールグラッセ」は、控えめなそのシルバーのすっきりとした輝きが美しくて、きっとこれが櫻田に似合うキラキラだわ!とピンと来て即決しました。

その美しい女性のキラキラは、もっと主張するようなキラキラだったと思うけれど、櫻田にはこれがベスト!と、大して他のハイライトをチェックしていたワケではないのですが、えぇ、とにかくピンと来て。

顔が華やかにグレードアップするけど「つけました」にならない、そんなハイライトです。



シャネルオフィシャル:プードゥル ルミエール グラッセ
アットコスメ:プードゥル ルミエール グラッセ

肌に星屑を吹き付けたような輝きと明るさをもたらす、プードゥル ルミエール グラッセ。顔全体やデコルテに広げたり、頬や眉下にハイライトとしても使用できます。

「肌に星屑を吹き付けたような」このコピーもいいのですが、何がいいって・・・


・ギラギラにならないから、いい。

何度塗っても、なかなかキラキラにならないくらい。けど、フワッと細かいキラキラがついて、日光やライトに当たるとキラキラと輝きます。

・白くならないから、いい。

見た目は白いですが、こちらも何度塗っても白浮きしたりしません。下手っぴが塗っても大丈夫。  

こうやって指でゴリゴリ取ると白いんです。でも、ブラシで付ければ全く白くなりません!

chanel_poudre_lumiere_glacee5.jpg


・シルバーのきらめきが、いい。

キラキラにも色がありますが、このハイライトは真夏に似合う、シルバー好きの櫻田に似合う、冷たいシルバー系。好き。

なかなかキラキラにならないので、指でごそっととって、5、6回重ねたら、やっと目視出来るようになりました。自然光だとやはり写真には映らないので、室内のライトの下で撮っていますので、普通、こんなになりませんから。

chanel_poudre_lumiere_glacee6.jpg

キラキラがほんっとに細かく、小さいのです。それが、フワッと付くから控えめに美しい。

パール感で顔が膨張するって感じじゃないと思います。


・付属のブラシが、いい。

平べったいので、寝かせれば広く、立てれば細く、ハイライトを乗せることが出来ます。

雑誌で「顔がのっぺりさんは、顔の真ん中に光を集めよう」というのを読んで、ハイライトにますます気合いが入っています。ギラギラになり過ぎの心配が要らないのがいいですが、塗り過ぎはやっぱり注意。

chanel_poudre_lumiere_glacee3.jpg

付属のブラシには専用の布ケースも付いており、ポーチにブラシだけ入れれば、夜はバッハ君とデート、という時にも使えます。コスメポーチ重くなるの嫌っていう、それだけなのですが。

やっぱりシャネルは高いけれど、心から気に入ったものを毎日身につけるその美人効果を考えたら、リーズナブル!←と自分に言い聞かせて財布を開いた。

さらに・・・多分2,3年は余裕で持つから、コスパも良いと思います♪

真夏には、デコルテと肩を、これでさり気なくキラキラさせよう!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャネル CHANEL プードゥルルミエールグラッセ 14g [309102]
価格:6910円(税込、送料無料) (2017/5/18時点)




必要な時に必要なものに出会うようになっているのかな、と感じました。

ハイライト、どこだ運命のハイライトーって、シャネルのカウンターに行ったワケではないけれど、すっごいお気に入りに出会えた。

自分の殻にこもらず、アンテナを高く持ち、それに気付く感性を磨き続けていきたいと思います。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人

2017.05.17 (Wed)

ある日の装い〜やっぱりジャケットが好き〜

ジャケットを着るとなんかしっくり来るけど、オフィシャルな予定なんて年に数回あるかないかなので、若干コスプレだなと思う櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

80歳のおばあちゃんになっても、ジャケット着てたいわー。

20170517.jpg



そして、このbeigeのBEIGE,のジャージジャケットは、やっぱり運命の一着だなと思うジャケット。

細めのラペル、最高に着心地の良いジャージだけれどきちんと感もある素材、腕まくりしやすいこと、細身のシルエット、肩のフィット感、そして丈感!

201705172.jpg


これ以上短いと上半身重い骨格ストレートの櫻田はバランスが悪くなるし、長いと背の低さも手伝って、これまたバランスがとりにくい。だらしない印象になってしまう。

あと+5cmくらいまでならイケるかなと思いますが、とにかく、手より長いのはNGと思っています。

冬のお気に入りだったこのツイードジャケットくらいがMAXかと。

これはつくりがメンズっぽくって絞りも少ないので、今っぽいだぼっとした大き目の印象。だから、着る時にちょっとバランスを意識します。

201701212.jpg


BEIGEは細めで丈も前下がりのコンパクトだから、とにかく着るとちゃんとフィットしてくれる。

昨今のゆるっとブームのシルエットではないけれど、やっぱりお気に入りです。


ちなみに、襟ぐりが狭いのはやっぱり苦手。

厳選して購入したロゴTだけれど、もう少しだけ襟ぐり広い方が好きだな。
(2枚目は画像加工で襟ぐり広げました)

20170517.jpg 201705173.jpg

どんな丈感やシルエット、開きが似合うのかということと、ついつい櫻田は無頓着になりがちな「今のライン」を、うまく合わせられるようになりたいなと思います。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人の装い
 | HOME |  NEXT