09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.07.12 (Wed)

必要なのはコスメではなくテクニックby長井かおり★今必要なコスメ集めてます

周囲がざわつく自分になりたい櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

kaori_nagai1.jpg

#櫻田さんの今日メイク、パンダっぽくない?っていうざわつきは避けたいところである。


シャネルのファンデーションを塗ったから美人になったとか思っている櫻田には切ないタイトルなのですが、メイク初心者(いい加減初心者抜けようよ)の櫻田にとっては、これは良さそうだなぁと前から思っていてポチってみました。


裏表紙の帯↓こんな内容です。

kaori_nagai2.jpg


この本ではメイク前のスキンケアがとても重視されているのですが、櫻田はスキンケアマニアで、自分の信じる地味な美容皮膚科の先生達と違うこともいくつか書いてあって、若干拒絶反応気味になりながら読みました。

でも、絶対的正解のないスキンケアなので、美容皮膚科の先生と、メイクさんの視点は違うだろうから、さもありなん。

自分が今まで正しいと思っていたことと違うことをやっても、それが直ちに肌に悪い変化をもたらすとは思わないし、むしろ半年くらい今までと違うことやったら、肌が活性化されるんじゃないかくらいに思って、最近自分の中で流行っている、

・いいとこ取りでは効果は出ない。すべて信じて100%従うことでやっと少し効果が出る。
(100%従ったつもりでも、50%くらいしかできていないものですし。)

という考えに従って、まずは1ヶ月、この本に忠実に従ってスキンケア&メイクをしてみようと思います。

なお、対象がアラサーくらいだろうなっていう気もするんですが、年齢や顔のタイプは関係ない!と言い切る長井さんを信じてついて行きます。

書いてあることはすごく目新しいとかじゃないらしい(amazonの書評でそういうものが散見された)のですが、全部徹底的にやっている人は少ないと思います。

メイク上手な方はともかく、櫻田のような下手な人が自分でいいとこ取りしたメイクなんて、プロが考えたプロセスより良いワケがない。

この本の順番通りにやってみてください。ムダなものはひとつもありません。


はーい!

・メイク前のスキンケア
・ファンデーションの塗り方
・アイメイク

の順番で、これまでと大きく変わりそうです。


■ 悪い所をカバーするのではなく、良い所を目立たせる。

その象徴的なテクニックが、ファンデーションの部分厚塗りです。

具体的なことを書くとネタバレになってしまうので避けますが、こんなにメリハリ付けるんかい!ってくらいでびっくりしました。


メイク下手はコンプレックスを見て、メイク上手はチャームポイントを見ています。



メイクが下手な櫻田は、コンプレックスである鼻の毛穴ばかり見ています。

長井さんはトータルとしてキレイに見えることを重視されていて、それにはとても納得するし、私でもキレイになれるかもって勇気づけられます。

毛穴を埋めることより、一番見られる頬の高い部分を美しくする方に注力するほうがいいよね。

イメージだけのメイク本にはない「理論」とか「合理性」とか「根拠」とか、そういうものも書かれているので、読んでいるとかったるくなる方もいらっしゃると思いますが、櫻田はそういうもので「納得」できないと前に進めないタイプなので向いてます。

小林直子さんのオシャレ指南本と同様、回りくどいとか、思われてしまいそうな気がして、そこらへんは合う合わないがありそうです。


■ 必要なのはコスメではなくテクニックだが、最初は新コスメが必要

さて、自分の手持ちのコスメではカバーできないプロセスがあるので、やはり最初はそれなりの準備費用が掛かります。

現在いろいろ物色中ですが、やはり2万円くらいの出費にはなってしまいそうです。わーん。

でもこれも「投資」と考えて、特にスキンケア系は妥協せずに選びたいと思います。


■ まずは基本の型を覚えよう

30分のメイク時間を確保しましょうと。おう、朝に30分か。頑張るぜ。

メイクもスポーツと同じで基本の型があり、すればするほど上達していきます。


小林直子さんも仰っていますが、最初はまず基本の型をマスターしましょうねと。

小林直子さんの本に関する記事一覧

それをせずに、ヘタな櫻田が自己流でいいとこ取りするからいかんのだと思います。

スキンケアの癖を取るのは大変


なんだだろうなぁと思います。だからこそ、基本の型をしっかりマスター!基本の型をしっかりマスター!!

その他メモったこと。

・化粧水も美容液もクレンジングも1.5倍
・ペトペトチェック
・テカリとツヤの違い=テカリはツヤがムラになったときのことを言います。
・眉毛の芝刈りは禁止 毛が長いのは可愛さの根源です
・眉を書く前にスクリューブラシ



■ とても悲しくて泣きそうなこと、いや実際泣いていること

パウダーファンデがNGなので、シャネルのファンデが使えないことです。リキッド推奨。

chanel_le_blanc3.jpg

下地もピンク指定です・・・セットでお蔵入?

嫌よ、絶対イヤイヤ〜 高かったし←それ思っちゃうよね 気に入ってるもん。

これが嫌で、もう、この本を買わなかったことにしようかと思ったのですが、とりあえずTHREEのコスメを復活させて、1ヶ月はシャネルはお休み、かな(涙)

スキンケアについてはもうスタートさせているのですが、アイテムがあらかた揃ったら、またご報告させて下さい。


■ 長井かおりさんメイクのネット上の情報いろいろ

長井かおりさんオフィシャルブログ
長井かおりさんオフィシャルサイト

そして、ミモレで掲載されている長井さんのYoutube動画は全部観ました。本の大切なところを殆ど網羅してしまっている気が・・。

下地は2個使いでキレイが長持ち
ファンデーションは“美肌ゾーン”だけに塗る
パウダーを極めるものは、ベースメイクを制す

「目はまつ毛で大きく見せる」 アイラインのテクニック
「目はまつ毛で大きく見せる」 ビューラーのかけ方
「目はまつ毛で大きく見せる」マスカラの塗り方

「眉は”道具”があれば美しくなれる」 ナチュラル眉を作る秘密テク&アイテム
「描いてはぼかす」でナチュラル眉に! 好感度の高いナチュラル眉を描くテクニック
どんな眉でもナチュラル太眉に![お悩みQ&A] 自然に仕上がる!アイブロウマスカラの塗り方
どんな眉でもナチュラル太眉に![お悩みQ&A] 眉が離れている人の眉頭の足し方


ただ、スキンケアについての動画がないんですよね・・・手つきを動画で見たい!

動画はないですが、ハレタルというサイトの連載を読めば、スキンケアについても書いてあります。

ハレタル:長井かおりさん連載一覧
スキンケアについてはこの記事です:崩れにくいメイクはスキンケアから


オイルを使う櫻田にはこちらがピッタリかな。
@コスメ:冬でもメイクのり、いい感じ!!朝のおすすめスキンケアテクニック!


最後に、ハレタルの記事から、長井さんの本を買おう!と思ったきっかけの一つになった文章を。

メイクは自分のためにする

私は、メイクは人に見せるためにするのではなく、自分のためにするものだと思っている。毎日のことだから、誰かに会うから仕方なくメイクするより、自分の気持ちを上げるためにメイクしたほうが絶対にいい。忙しい朝に時間をどうにか作って、スキンケアとメイクをした頃には、きっと顔も明るくなっている。

だから「今日は雨だから、家で子どもと過ごすだけ……」という日こそメイクをしてほしい。私自身は、すっぴんだとどうしても“ずぼらスイッチ”が入ってしまう。たった5分でも自分のために時間を使ってメイクすることで、気持ちがシャンとして家族に向ける笑顔も変わってくるはず。

最近すっぴんで過ごす日が増えたなと思う人は、だまされたと思って一度メイクをしてみてほしい。

ハレタル:朝“これだけ”ですてきになれる時短メイクのコツ



土日はすっぴんの櫻田、長井メイクで土日の過ごし方も変えるぞ!

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  雑誌・本レビュー
 | HOME |