06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018.06.09 (Sat)

クローゼットマップ「ベイシックエリア」を作成した

相変わらずおしゃれ迷子の櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

さて、これ以上迷子にならないよう、ミランダかあちゃんさんのクローゼットマップを密かに作成しております。

ミランダかあちゃんって!?「いつでもおしゃれ」を実現できる幸せなクローゼットの育て方
クローゼットマップ記事一覧

「ベイシック服」も「ときめく服」もどう組み合わせてもキマるクローゼットを作るための、服を分類し、収納するルール。


が、クローゼットマップとのことで、その「分類」をして行くのが最初のステップです。


■ 今ある服を分類する

myclosetmap_2018SS_small.jpg


さて、分類は、ベイシックエリアとバリエーションエリアに分かれ、今日はベイシックを分類。

ベイシックはさらに「ベイシック1軍」「ベイシック2軍」「カジュアル」に分けられます。

#「分類」については、ミランダかあちゃんさんのブログのこの記事が参考になります
STYLE RECIPE:クロゼットの服を大規模断捨離しなくてすむ方法〜クロゼットマップ秋編〜

「手持ちの服のうち3シーズン着る服を型別に分ける」ところからスタートするのですが、わりと春夏・秋冬で分けて運用しているのと、細かいこと気にし過ぎると前に進めなくなるので、現在クローゼットに並んでいる、春夏ものを型別に分ける、ということで進めていきます。

・色

色について全てのグループに共通なので、まとめて。

#色の考え方については、ミランダかあちゃんさんのブログのこの記事がとても参考になります
STYLE RECIPE:最強のクロゼット色構成は、色の4グループ分類から!

ネイビー、白、グレージュ、グレー(黒←ネイビーに置き換えていく)というベーシックカラーは基本。
 
 201805181.jpg  201804241.jpg

もう一色は水色かなと思いますが、それほどアイテム数は多くありません。


・ベイシック1軍の ボトムス/トップス/はおりもの型を絞る

ボトムスはデニムの日が多いですが、それはカジュアルに分けられるし、脱デニムも検討したい。

好きで、かつスタイルが良く見えるボトムスは細身のクロップド。

トップスは好きで似合うと思うコットンシャツ。

はおりものは、ベイシック1軍のアイテムに合うなら、型は決めなくていいそう。
コンパクトなジャケット(増やしたい!)と、ベーシックな長袖・半袖ニット。(かぶるタイプのニットも「はおり」に分類されている)

ということで、ベイシック1軍。

closetmap_basic_ichigun.jpg

201804102.jpg201805212.jpg   

1軍と言いながら、実はカジュアルグループが多くて、出番は少なめなんですけどね。


・ベイシック2軍の ボトムス/トップス/はおりもの型を絞る


ボトムスで、2番目に多い型・・うーん、そもそものワードローブが少な過ぎるけど、タイトスカートはこの先も増やしていいと思っているので、これに決定。

丈もこれくらいがいい。もう1,2cmくらい長くてもいいな。(ちょっとハイウエストで着てるのもある)

201804222.jpg


トップスはノースリーブのカットソーが並びます。はおりもののインナーにちょうど良いもの多数。

で、はおりはニットカーディガンの、短いのと長いの。

closetmap_basic_nigun.jpg 


・カジュアルを一覧にしてみる

デニムは、白、水色、濃い色で、ダメージのないもの。細身のクロップド丈が理想。

黒のコットンパンツも、困った時の定番で、クローゼットから黒が消える日までいるかな。

トップスはコットン素材の各種Tシャツ。

グレージュのシャツは素材がカジュアルなので入れましたが、外されそうな微妙なライン。

はおりものは消去法で白いパーカー。今年全然着てないな・・・。

closetmap_basic_casual.jpg


■ クローゼットを視覚化して分類したことの効果

さて、こうやって分類したものを眺めて、結局、ベイシック1軍はかっこいい系、2軍はフェミニン系という傾向になり、妙に納得。

さらに、ミランダかあちゃんさんのクローゼットと比べてみる。

もちろんライフスタイルが違うので、正解は人それぞれだけど、ここら辺なんとなく足りないなーみたいなところが出てくる。

1軍のボトムスは色増やしていいなとか、グレー*グレージュの色がすごく気に入っているのに、そのアイテムが少ないなとか(小物でもいいのだけれど)、カジュアルのはおりに何か加えられたら、コーディネートが広がりそうだなーとか。

あと、白のトップスはとりあえず終わりにして、ベイシックアイテムにアクセントカラー入れた方がいいんじゃない?とか。



そして「型」を絞ることで、無駄な買い物や悩みが減るというのも嬉しい。

もう、ワイドはどれだけ流行っていても、無理に手を出さなくていいな、と、著書を読んでいて思うことができ、救われました。


■ クローゼットマップを貼っておくことの効果

これらのクローゼットマップを、クローゼットに見やすく貼っておくことで、自分の着こなしの土台となる服の一覧表をいつも見ることになるので「これが私のスタイルだ」ということが次第にインプットされて・・・

「一見ベイシックに見えるけど、実は私のベイシックではない服」を買わなくなります。


まさにこういうの、必要なんです。

なりたいイメージのコラージュでも、こうしたものでも、視覚化して常にインプットすることって、大切だなと改めて思います。



ということで、ベイシックエリアはできてきたので、バリエーションエリアに着手したいと思います。







今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  クローゼットマップ

2018.06.04 (Mon)

持っているバッグを全て撮影してみた

つもりでいたら、大切なロエベをしまいこんでいて、撮影し忘れていることに気づいた櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

忘れるなよっ!使いなさいよー!

さて、ミランダかあちゃんさんの本で、洋服を全部撮影して、一軍二軍に分けて・・というのがあったのですが、小物も撮影したい、コンプリートしたい!という願望が強まりまして。

ミランダかあちゃんって!?「いつでもおしゃれ」を実現できる幸せなクローゼットの育て方



バッグ、アクセサリーも撮影&印刷して、それから一軍、二軍わけしてみたいと思っています。

myclosetmap_2018SS_small.jpg

なんかこういうの好きなんですよ。

手段が目的になってる気もしますし、時間かかるんですが、楽しくてやめられません。


ということで、バッグ一覧。

・パソコンと本を入れて持ち歩く日常バッグ

エルメスガーデンパーティー激似のdhlicが、現在活躍中、6,000円くらい。

dholicの2WAYコントラストバッグを購入しました★予想を上回るクオリティ♪beige_tote_dholic.jpg


すごく気に入っているので、同じような感じの本家の購入貯金を始めてもいいんじゃないかと思ったけれど、値段みてぶったまげました。



2年間、服を何も買わなかったら、買えるけど、それ、違うな。


お次は、大好きだけど、持ち手が硬くて肩に食い込むのが辛い、アンテプリマのイントレッチオ。

シルバー3兄弟
silver_tote_large_ANTEPRIMA.jpg



グレーコーデで活躍する、使いやすさではピカイチのモダルー。

MODALUモダルーから3個バッグが届いた★ネットは色みが難しい
grey_shoulder_large_modalu.jpg

ほんとはグレージュっぽい色のつもりで買ったんだけどね・・。

ちなみに、BILLIEは姪っ子にプレゼントしてしまいました。色がかぶるのと、形はBILLIEが好きなのですがPCが入りきらなくて・・。


カジュアル要素&ロゴのインパクトを足したい時に artek。シンプルなフォントがすごく好み。

white_blacklogo_tote_artek.jpg


軽くて大きくて、荷物が多い時に頼りになるけど・・・色柄は気に入ってはいないという買い替え候補。

black_beige_tote_large_unitedarrows.jpg

冬ものですが、dhlicのフェイクファーバッグは意外と便利で重宝してます。

甘すぎないシンプルなデザインと、軽さがいい。

black_fur_tote_large_dhlic.jpg


・お出かけショルダーバッグ

月に1,2回の、バッハ君とのお出かけくらいしか使わないのだけれど。

ZARAのカジュアルな、そしてどこからステラ・・・なショルダーバッグ。

black_shoulder_small_zara.jpg


モダルーのバッグはお気に入り。

grey_shoulder_small_modalu.jpg


沖縄のDuty Freeで買ったコーチのバッグは、ニュートラルな色が使いやすい。

white_shoulder_small_coach.jpg


デニムスタイルのアクセントにぴったりのZARAなんだけれど、持つ機会があまりないという。

バッグはもうZARAでいいんじゃないかと思う今日この頃
navy_shoulder_middle_chain_zara.jpg


dhlicのクラッチは、おしゃれにキメたい外出に。

dholicのクラッチバッグがお気に入りです
grey_clutch_dhlic.jpg


撮影し忘れたので、昔の写真。ロエベ。

black_loewe_small_boston_bag.jpg

最近すっかり出番がなくなってしまった・・・もっと活躍させられるとは思うのだけれど。


■ ご近所用バッグ

菊池京子さんに憧れて買ったものシリーズ。L.L.Beanのミニトートは、近所のお買い物に活躍中です。

L.L.Beanのちびトートバッグを購入してご近所スタイル改善プロジェクトスタート white_black_tote_small_llbean.jpg

#ご近所スタイルは一向に改善されていませんが


で、並べてみて思ったのは、数としては意外とあるな、ということ。

・お仕事用(6個)も、お出かけ用(5個)も、数としては十分

欲しいものは際限ないけど、だからこそシバリが必要かなと。

これ以上数を増やす必要はない。

しかし、

・もう少しきちんとしたクオリティで納得のデザインのものに買い換えたい

それにこだわっていたら全然買えなかったので、今年いくつか、割とえいやっ!と買ってみましたが・・・。

使ってみて、いいなと思う形、色のものは、使い古して来たら買い換えて行こうと思います。


・洋服がシンプルなので、アクセントになるようなバッグもあっていい

ZARAのツイードっぽいチェーンバッグは、大きさゆえに活躍の機会があまりないのですが、アクセントになって気にっています。

デニムとリンクする色もいいし、さらに赤っぽい色も入っていて。

201803061.jpg

お仕事バッグも、これくらい色やデザインで主張するものがあってもいいんじゃないかと思っています。



ということで、まず今年の予算で買い換えたいのは、使いやすい大き目トートかな。


black_beige_tote_large_unitedarrows.jpg
色は白がいいのだけれど、ゴヤール買うべきか問題はペンディングです。

あれは本来お金持ちが買うべきものじゃないかなって思うんですよね・・・少なくとも、駅までチャリで行く櫻田には・・。

あのデザインがとても好きなら、分相応とか関係なく頑張って買えばいいと思うんです。

でも、それほど惹かれない・・・でも、結局白の軽くて丈夫で綺麗なトートってなると、消去法的にゴヤールに帰って来てしまって、同じところでいっつもぐるぐる考えている・・・。

解決策としては、お金持ちになることでしょうか?←違うしなれない

あと、真夏っぽいバッグ、カゴとか風通しが良さそう系も、もう一つくらあっていいかな、と思っています!

日常使いたいから、大きなサイズ。



でも、本当はこんなデザインのものがいいな・・・小さいとほんと、使用回数が限られてしまって。



あ、お時間あったら、先週の櫻田の記事一覧もどうぞ!

今週の櫻田★2018/5/27〜6/ 2
今週の櫻田★2018/5/27〜6/ 2


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  クローゼットマップ

2018.05.08 (Tue)

「クローゼットマップ」を作るべくとりあえず洋服をカード化した

自分はやはり根本的にセンスがないんだと思わずにはいられない櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

現在、ミランダかあちゃんさん(お名前好きー)の「クローゼットマップの法則」を実行すべく、持ってる春夏の洋服、全部写真撮って印刷して小さなカードのようにしたら「櫻田こずえワードローブトランプ」みたいなのが出来上がりました。

とりあえず色別に分けて並べてみました。トランプの七ならべ思い出した。

myclosetmap_2018SS_small.jpg
#これはクローゼットマップではありません

わーー壮観! これだけでもう満足♪ ←手段が目的になりやすいタイプ

小林直子さんの、色別のワードローブ表↓的な並べ方ですが、やっぱりビジュアルで作ると、大いに見えてくるものがあります。

wardrobe20180327.jpg

うーん、小物もビジュアル化したいぞ。

クローゼットマップを作るにあたって、断捨離されたものも何枚かあるので、ミランダかあちゃんさん曰く「断捨離横丁」を作ってて、そこでいつもの反省会したいと思っていますまた今度。

で、本読みながら「私ってセンスない」と落ち込んでいたら、


■「私ってセンスない」と落ち込む人のクローゼットの4つの特徴

っていうのをかあちゃんさんは著書に書かれてまして、さすが、読者の悩みを分かっておられる!と。

1.「メインおかずオンリー」の「ベイシック欠乏症」タイプ
2.「イタイ」と言われるのが怖い「科捜研の女」タイプ
3.「お出かけ着」しか気を使わない「シンデレラ」タイプ
4.賞味期限切れ「焼肉のタレ」タイプ

と、面白おかしく、しかし的確に4つに分類されているんですが、えぇ、はい、七ならべ見て一瞬で分かりますよね、櫻田は2.の科捜研の女、沢口靖子さん、今はなきリッツパーティータイプです←違う

そう、持っている服はベイシックカラーばかりなんです。

それは、ワードローブの色をメインカラー&サブカラーに抑えようとしているからで、さらに、サブカラーが定まらなくて、ベイシックカラーばかり残して&買っているから、当然の帰結といえば帰結。

でも、昔からそうなんだよなぁ。

それと、4.の焼肉のタレも混じってますね、はい。

クローゼットマップの法則に従ってワードローブを整理すると「足りすぎてる部分」「足りない部分」が見えてきて、さらにそれらを適切に管理できるようになるっぽいぞ。

で、そもそも・・


■ 「クローゼットマップの法則」って何ですか?

「ベイシック服」も「ときめく服」もどう組み合わせてもキマるクローゼットを作るための、服を分類し、収納するルール。

で、この本は「いつでもおしゃれ」を実現できる幸せなクローゼットにするために、その「ルール」をかあちゃんさんのガイドで作り、育てて行きましょうね、というものです。

happycloset2.jpg


著者のブログをご一読いただくのがいいかと思うんですが・・・

ミランダかあちゃんさんブログ:クローゼットマップカテゴリー


バラバラに書かれた記事を全部読むのは大変だし、一番のおすすめは、しっかりまとまった著書を買って頂くことですっ!

いやでもその前にエッセンスだけ・・・と言うならば、この2つの記事がおすすめです。

ミランダかあちゃんさんブログ:服にも左脳と右脳の働きが必要

服は「日常を快適にする服」と「喜びを感じる服」が必要というお話とともに、筆者のクローゼットマップが一覧できます。
(本の分類とはちょっとだけ違うようです)

ミランダかあちゃんさんブログ:自分スタイルをつくるベイシックの見つけ方

「引き算」が自分のスタイルを作るというお話は、とても納得です。


■ 「クローゼットマップ」作ってます

で、「ベイシック服」も「ときめく服」もどう組み合わせてもキマるクローゼットを作るための、「服を分類し収納するルール」=を作るには、服を6つの組に分類して、整列させて、クローゼットの傾向や問題点を「可視化」して行きます。

それには、洋服を全部写真にとって小さくプリントし、分類・整列させた「クローゼットマップ」を作るのがいいよってことのようなんですが・・・まあ、それなりに骨が折れます。

でも、得るものは大きいっ!

作りながら、自分のセンスのなさっていうか、?ってなる、ついていけなさに落ち込むんですけどね・・・何だろう、英語初心者でTOEIC900点突破!の参考書を読んでしまったような、落ちこぼれ気分になることがたまにあります。

読み込み、理解が足りてないことも一因かと思いますので、しばらく頑張ってみます〜。



で、これ↓は全然クローゼットマップじゃないんですが、色分けしてみました。

白多っ!同じのばっかり!無地ばっかり!柄がないーーっ!科捜研ーーっ!

myclosetmap_2018SS_small2.jpg

色についてはミランダかあちゃんさんは、それほど厳格ではないです。
(実践的な色のルールはありますよ!)

ゆえに、初心者(いつまで初心者やってんだよっ)は戸惑ってしまうのですが・・・次回は作成したクローゼットマップを、その紆余曲折と共にご紹介しますね、いやまだできてないんだけど・・・。

開始早々??で、クローゼットマップが無事にできるかどうか、全く自信がありません。

もし、この記事以降、クローゼットマップの話が一切でてこなくなったら、櫻田は挫折したんだな、七ならべして満足したんだな、って、そっとしておいてあげてください・・。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  クローゼットマップ
PREV  | HOME |