09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.09.16 (Tue)

Rimowaのスーツケースが欲しい自分について考えた

今年は旅行が多いけど、実はそんなに旅行が好きってワケでもない櫻田こずえです、
皆様ごきげんよう!
アイドルの行く所、どこまでも追いかけて行っているだけです、主に。
あぁ、この飛行機のチケットでロッシがもう二足・・とか考えては、悶えております。

さて、1泊の旅行であればさほど荷物も多くありませんが、
ライブって意外と2daysが多く、2泊することが多い今日この頃。
コスプレやライブ用の靴、観光用の靴、更に毛穴美人パーティー用の靴など
持っていこうとすると、必然的にスーツケースの出番となります。

suitcase11.jpg
#機内持ち込みサイズです


で、最近「あぁ、Rimowaのスーツケース欲しいなぁ」って思っていました。
特に、United Arrows別注モデルのオフホワイトの!!!
スマートでカッコいいなぁって。




そう、雑誌で美人の旅行鞄見せて下さい特集の、Rimowa率の高さ!
なんか、セレブの証ですみたいな、え?Rimowaでしょ?みたいな。





実際、UAのとアルミのRimowaを見にいったりもしましたが、
なんだろう、無駄のないデザイン、スッキリとした雰囲気、
3,980円のスーツケースとはエライ違いなんですよね、歩く姿も優雅で。






どんどん雑誌に影響されて来ているだけということか?

はたまた、自分の装いがどんどん底上げされて来ると、
それにふさわしいものを身に付けたくなるからかもしれない。

 これって美人に必要なものなんだろうか?

しかしだがしかし、事実として、
3,980円のスーツケースを転がしている櫻田より、
Rimowaを転がしている櫻田の方が見栄えが良いのだ。

サイズの合っていない、粗雑な素材のパンツを穿いている時より、
ラインの美しい上質素材のパンツを穿いている時の方が、美人に見えるのと同じように。
ロエベのバックを持つと気品が加わるように。

いや、それすら雑誌で鍛えられた「色メガネ」の賜物で、いいカモになってるだけ。

 これって美人に必要なものなんだろうか?

デザインが美しいので欲しいというのもあるし、
機能や堅牢性の高さに、使い心地に惹かれるのもあるだろうけど、
ブランドだから、みんなが持っているから欲しいのが、本当のところじゃない?
女子高生じゃあるまいし。

うーん、それも否定できないけれど、
やっぱり自分が持つもの全てに美意識を行き渡らせたいというのはある。
しかし、バックのように毎日持たないし、使う頻度と予算配分という現実もある。





などなど、ここ2,3ヶ月間ぐるんぐるん考えていたけれど、
まずは今持っているものを大切に使おうっていう結論に落ち着きました。
それが壊れそうになったら、その時の財政状況を見ながら、
櫻田を最も美しく見せてくれるスーツケースを買えばいいって。





美人というか、上品さって、どこから出て来るのかなーといつも考えていますが、
もちろん着ている服やメイクや髪型がスッキリ整っていることは大きく影響するけど、
立ち居振る舞いや人柄等の、内面から出る美しさも本当に大きい。

#外見内面、どちから偏り過ぎはNG,バランスよくが理想
#しかし、圧倒的に顔のツクリがキレイな人は、どちらもNGでも美しい。

そして、美しい立ち居振る舞いや人柄等って何よ?って定義しようとすると、
これまたシリーズで書けそうな位長ったらしいことになる。


一つ言えることは、何でも「大切にする」という心がけなんじゃないかなーと。
モノを大切にする、友達を、両親を、夫を妻を、その場にいる人を大切にする。
誰かといる時間を大切にする、ひとりの時間を大切にする、
身体を大切にする、食事を大切にする、お金を大切にする・・・自分を大切にする。

そういった心構え、心のあり方の人って、
立ち居振る舞いや人柄に美しく反映されるんだろうなぁ、きっと。

立ち居振る舞い講座に行ったって(行ってみたいけど)、
足元の引き出しや冷蔵庫の野菜室を足で閉めて、ゴミをゴミ箱に投げて捨てて、
人とぶつかれば舌打ちして、夫の悪口を言っていたら、何の意味も無い。
ブログで晒している通り、櫻田はまだまだ道半ばだけれど。

何でも「大切に」という気持ちがルートにあれば、
立ち居振る舞い、言葉、人柄、は自然に上品な美しさを湛え、
そう、ユニクロを着てても、シャネルを着ていても、美人に見えるのだろう。





と、最近お金使い過ぎてスーツケースなんて買うお金がまるでない櫻田は、
今持っているスーツケースを大切に、ガタが来るまで使おうと思うのでした。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人の装い
 | HOME |