11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2014.09.13 (Sat)

絵画の時間-24のエピソード-で美を再発見

今日はバッハ君と美術館に行って参りました、櫻田こずえです、
皆さま3連休をいかがお過ごしでしょうか?

kaiganojikan1.jpg


さて、以前から気になっていたこのブリヂストン美術館コレクション展。
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/
(9月23日までです!)
#追記:ブリジストンではなくブリヂストンなのですね!kyokoさんありがとうございます!

何が気になっていたって、普段美術館に行くのは、
好きなアーティストやカテゴリーの企画展があるとき位で、
つまり、好きなものばっかりが展示されているものしか行かなくなってしまう。

んだけど、


kaiganojikan3.jpg
#ホームページから入場料100円割引をゲットして下さい!
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/visit/discount


このコレクション展は「絵画の時間」作品に見え隠れする「時間」に注目して、
いろんな時代の作品を、ジャンルに拘らず選んだ企画展、なので、
印象派嫌いとか、宗教絵画苦手とか、キュビズム意味不明とか、
そういうものを取っ払って、改めて美に触れることができる。


ちょっとびっくりしたのは、ピカソがいいなと思ったことです。こんなの初めて、的な。
えぇ、キュビズム意味不明で、相変わらずこういう絵は??で、何も感じないのですが、


ピカソ:画家とモデル
#今回展示されていた絵です。

今回の展示会でこの絵が一番印象に残りました。
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/works/87/
ピカソ:ブルゴーニュのマール瓶、グラス、新聞紙

若い頃は全く??だった、再構成するということとか、
なんとなーく、感覚的に、そうしようとした気持ちが分かるような←なんというおこがましさ(笑)
ふと、何かが噛み合ったような感覚を受けて、心がフワッとしました。


カンディンスキーやパウル・クレーが観れたのも嬉しかったし、
新しく好きな画家を発見できたのも収穫♪


ザオ・ウーキー 中国人の画家です。素敵だぁ。。
大きな画像はこちら
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/works/75/


多くの日本人の画家の作品に触れられたのも良かった。

浅井忠:グレーの洗濯場
大きな画像:http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/works/156/

藤田嗣治:猫のいる静物
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/works/29/
ふわっと笑みがこぼれる、ほっこりする絵。

普段はあまり興味がない
カミーユ・コロー:ヴィル・ダヴレー
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/works/144/
心が引き込まれる美しさ!写実主義の風景画家なんて興味なかったけど、味がある!
いぶし銀的な。素敵★



あー楽しかった。
バッハ君、付き合ってくれてありがとう★


ちなみに、美術館の前はたいめいけんでハンバーグを頂きました♪
たいめいけん・サード★ハンバーグとチキンカツ♪
http://taberu.sakuradakozue.com/taimeiken3/


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美に触れる
 | HOME |