エナメル/パテントレザーのベタつき・くもりを解決★コロニルウォーターストップチューブ

エナメル/パテントレザーのパンプスがくもってしまってしょんぼりしていた櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ネットで調べていたら、解決方法が書いてあったので実践してみましたら、この通り♪

右:ビフォア 左:アフター

patent_cleaner2.jpg  

エナメル専用クリーナーで拭くだけでは、くもりやベタつきが取りきれなかったので、とても嬉しい!

「完璧に元どおり」ではないですし、高温多湿の夏はすぐにまたくもります。

でも、繰り返せばかなり満足できる仕上がりになると思いますよ!

#ちなみに、エナメル=パテントレザー らしく、パテントは特許という英単語:エナメル加工の特許技術を表しているらしいです。 

■ プロもすすめるエナメル/パテントレザーのクリーナーは、防水クリーム!?

清水の舞台から飛び降り購入したセルジオロッシのパンプス。

買ってすぐ手に入れたのは、エナメル用のクリーナー。

パテント靴のお手入れ~セルジオロッシを履くぞ・早く履け~

shoeshine2.jpg

でも、これではくもりが取りきれない・・・日本の高温多湿の気候では、どうしようもないのだそう。

ということで、ネットで検索して出てきたのがこちら。

コロニル:ウォーターストップカラーズ。本来は、レザーの「栄養・防水」クリームなんだそう。

patent_cleaner3.jpg

しかし、このクリームが曇りを取り除き、パテントの輝きを取り戻してくれるそう!

・お手入れレシピ:エナメルほどトラブルのご相談が多い革はない

・プリティバレリーナ:パテントレザー素材

ということで買ってみました。

patent_cleaner4.jpg

靴クリーナーでよくある、直接塗布できるスポンジ付きなんですが、水洗いがなんか嫌(と言うより面倒)なので・・・

patent_cleaner5.jpg

スポンジ部分は取り除いて使います。

patent_cleaner6.jpg

クリーナーを適量取って、軽く伸ばしてから、

patent_cleaner7.jpg

靴磨き用の、毛足の短いクロスで拭きあげます。

patent_cleaner8.jpg

>ベタつきが取りきれない時は何度か繰り返してください。

ということだったので、2回やってみましたが、ベタつき取れたっ!!

patent_cleaner9.jpg

うぉー!ベタついていたのが、つるつるだーっ!

ほんと、手触りがどうもツルツルにならなかったのが、するっとつるっとなって、感激しました。

ただっ!

1週間でまたくもって来ましたが・・・。

もう少し何度も繰り返すと、また違うのかもしれませんし、冬はまた、違うと思います。

で、実はこのロッシ、履き口に痛みが出たり、ヒールの痛みがあったり・・・さらにこんなくもってしまってなかなかベタつきが取れなくて、しばらく目を背けていたのです・・・・・なんともったいないことをーーっ!

で、今回はユニオンワークスさんではなく、セルジオロッシのお店に直接メンテナンスの相談に行って来ました。

今見積り待ちでして、結果はまたご報告させてください。

いやーこういうメンテナンスを「いくらかかってもいいから美しくしてちょうだい」って、まめにできる人が、ロッシを買うにふさわしいのであろう・・・と思う今日この頃です。

一生に一度くらい、こういう「ホンモノ」に触れるのも、よい経験でした。

シルエットが本当に美しくて、うっとりします♪

sergiorossif6.jpg