08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.16 (Sat)

ワードローブを作り直し中★2017秋冬編:まだ序章くらいだな

秋冬のワードローブ作り直しに着手しております櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

2017.08.31:櫻田史上最高のおしゃれになる!企画★準備は終った、後は実行あるのみ

その中で「これからやるべきこと」としていたのが、

・秋冬のイメージマップを作る
・秋冬のワードローブを作る3ステップをやる

イメージマップは電子雑誌など見つつ、コーディネートをピックアップ中です。
今季の流行はあまり自分の好みと合わないようで、ピンと来るものが少な過ぎて苦労しています。

さて、衣替えも終えてワードローブが秋冬になりましたので、同時進行でワードローブを作る3ステップを進めています。

2017.06.25:櫻田史上最高のおしゃれになる!企画★ワードローブを作り直し中


①ワードローブを色分けする

櫻田が決めた、自分のメインカラーとサブカラーは以下の通り。
櫻田史上最高のおしゃれになる!企画★わたしを決めるのに一苦労した より

メインカラー

ホワイト:   真っ白(最近オフWでいい気がして来た。特にAWは)
ネイビー:..... 赤みの少ない紺
グレージュ:..... グレー寄りのベージュ


サブカラー
シルバー: ..... ハードではないシルバー
エメラルドグリーン:..... ちょっと薄い浅葱色

で、ブラックを加えました(ホワイトとブラックは特別なので加えて良いそう)


・悩ましいサブカラー 秋冬はどうする?

うーん、エメラルドグリーンって秋冬はどうなんだろう・・・秋冬のモヘアパステルとか可愛いけど似合うのか?好きか?・・・ちょっと考えています。

サブカラーはもう一色持って来てもいいと思うので、今年流行らしいし手持ちにもある赤を持って来てもいいのでは?いや、扱いに悩んでる面もあるしな・・うーん。

いや、エメラルドグリーンの明度を落とした、青みよりのカーキみたいな色もアリなのでは?でもそれではあまりにも全体が地味だな・・。

サブの色だし、ここは切抜きしながら、いやもう、実際買って失敗したりしながら決めて行きたいと思います。


ということで、秋冬のアイテムを、吊るしたまま、色別に並べてみました。

2017closetAW1.jpg

黒多い!

あぁ、赤2枚が見切れてしまった・・あと、デニム類も。

red_knit_raccoon1.jpg red_daikei_skirt.jpg  

でもやっぱり、赤って、櫻田のイメージマップ見たり、他の切抜きを見ても、あり得ない気がするな、赤・・・。

collage_small.jpg



で、アクセサリーは季節を問わずほぼ一緒。季節感のあるインパクトアクセサリーも欲しいなぁ。

closet-reconstruct3.jpg



で、ここから、ステップ2,3へ進むべく、色別にアイテムを書き出して行きます。

2017closetAW2.jpg


③ 過剰なものを見つける

■ グレーと黒が多い!

グレーのトップス、っていうかニットが多過ぎてびっくり!

2017closetAW3.jpg

これは、傷みや色みなどを考えながら、断捨離した方がいいですね。


グレーって、櫻田にとっては「どうでもいい日にとりあえず着る色」みたいになっている気がします。

いっそのこと、全部うっちゃりたい気もしますが、冷静に冷静に。


また、最高に無難な色、黒もまた、どうでもいい日に手に取る色でもあったりする。

メインカラーのネイビーより、多い。特に小物類。

2017closetAW4.jpg


革製品って、バッグでも靴でも、とりあえず無難な黒、何にでも似合うし、と選んでしまうけど、それでいいのか?

いやよくない!

ベースカラーをきちんと決めた今、黒を選ぶのは間違いなのだとしっかり認識しました。


後は、先ほどの赤、ピンクストライプ、水色・・・サブカラーが散らばっているので、繰り返しになりますが、サブカラーをフィックスさせていきたいと思います。


で、1つ戻って、

② 足りないものを見つける

これはコラージュをしっかりやってなりたいイメージをもっと明確にしてから詰めたい。

大枠で考えているのは、

・まろやかなグレージュカラーのアイテム全般。特に小物。
・ネイビーの小物
・冬らしい白アイテム

あたりの、それなりの質のベーシックなアイテムを揃えて行きたいのですが、このままだと色的にも「すごく地味な人」になるので、

・サブカラーアイテム
・自分の唯一無二である自分を表現する何か

を考えながら、切抜きしたりショッピングしたりしたいと思います。


また、バッグは喫緊の案件で、今はヒロフが優勢です。

そして、グレージュとネイビーのパンプスはブティックオーサキのカラーオーダーでほぼ決まりそう。


クローゼット全体の色合いを眺めつつ、今の所の切抜きを見つつ、季節を考えずに作ったイメージマップをとりあえず眺めつつ、

collage_small.jpg

具体的な、

・捨てるもの
・残すもの
・これから揃えていくもの


を細く決めて行きたいと思います!



忘れちゃいけないのが、なりたいイメージと自分が輝く場所。

2017.08.29 櫻田史上最高のおしゃれになる!企画★やっぱりホテルが好き

「頑張り過ぎないけど、きちんとした感じ」は、常に頭に入れておかねば。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  櫻田史上最高
 | HOME |