08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.13 (Wed)

電子雑誌の読み放題サービスをお試し中:いい所はカットされているという現実を知った夜

更新は落ちていますが、相変わらず美人を目指しております櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今年の秋冬のオシャレ計画を立てるべく、コラージュを作ろうと思っています♪

しかし、最近どの雑誌を読んでもしっくり来ないので困っています。

きっとこれだ!と思って購入したeclatも、あまり良いと思えるコーディネートがなくて落胆・・・。




でも、Marisolでもないし、VERYでもないし、Oggiでも(今月のはわりと好き)、Domaniでも、STORYでも、CLASSYでも、HERSでも、LEEでも、モード系でもない・・・・わーん(涙)




どの雑誌もいいなと思うコーディネートやアイテムが2,3個しかないので、コラージュを作るためには、5,6冊買わないと、コラージュがサマにならないじゃないか!

それも最近、巨大な付録付き(エクラは付録なし版がなかった!)が多く、ゴミも増えるし値段も高いと来た。

そう思って悩んでいたのですが・・・そうだ!コラージュも全てネットで完結すればいいじゃん!


ということで、最初31日間は無料ということで、楽天マガジンの月410円で200誌読み放題っていうのを申し込んでみました。




■ 電子雑誌読み放題のメリット・デメリット

メリット
・月400円程度で読み放題と格安!
・雑誌が部屋に溜まらない
・ファッションだけではなく、男性誌や旅行、グルメ等いろいろ読める。
・画像のクオリティはいい。小さい文字も拡大すればクリアに読めます。

デメリット
・やっぱりペラペラ紙をめくって見るのが好き
・やっぱりコラージュは紙でやりたいなぁ(印刷すれば可)
・破ったり、折ったり・・・ができない(付箋は付けられるけど)
・スマホでしか見られないので見にくい(抜け道あり)

ちなみに、きちんとダウンロードしてから見れば、ストレスなくちゃっちゃか見られます。
そして、最大のデメリットはこれです。

・電子版は読めないページがある

電子版で全部読めるワケじゃありません!そうは問屋が卸しませんよね。


■ 電子版で読めないページを検証してみた Precious編

「グレージュ特集」って、そりゃ櫻田買わなあかんやろ、って買ってみました。

magazine1.jpg


紙の雑誌の358ページ中、100ページ以上がカットされ、約244ページが電子雑誌に掲載されていました。

そして・・・ここまで重要なところが削られているとは思いませんでした。

・特集企画がバッサリカット
目玉のグレージュ企画は50ページ中44ページ削除で6ページのみ掲載。
レザー企画は8ページ中2ページのみ掲載。
コスチュームジュエリーの特集7ページ中2ページのみ。
ワンピースも10ページ中4ページのみ。
働く大人の「おしゃれの悩みQ&A」16ページ中7ページのみ。
日本美術入門講座13ページ中6ページのみ。

等々・・・・結構削られちゃってます。

このように削除されて代替ページが表示されることもあれば、削除されていることすら分からない、ただページがカットされているだけの部分もありました。

あまり親切な感じがしませんが、そりゃそうよね、雑誌の編集者だったら紙の雑誌とにかく買ってもらわないと困るし、当然よね。

magazine2.jpg


後はどうでもいいんだけど、

・一部の宣伝がカットされていた
シャネル/ディオール/TASAKI

・Precious自身のページがカットされていた
定期購読やプレゼント案内
PIACERRE(新発売等のスポンサーの宣伝が並んだページ)

ちなみに別冊(TASAKIの宣伝カタログ)はついてました。

他の雑誌は分かりませんが、ちょっと検証してみようかなぁ。


■ こんな状態でも電子雑誌は価値があるのか?

気に入った特集のある雑誌は買いつつ、いろんなジャンルのコーデを沢山見られるという意味では意味があるような気もします。

しかし、ネット上のフリーマガジンやインスタ等もある中で、このスカスカの雑誌200誌に、月400円払う価値があるのか今の所疑問です。

男性誌や情報誌もあるので、ま、いいような気もする・・・いや、無駄にスマホを眺めている時間が増えるだけで、時間の浪費が増えるだけな気もしてきました。



コラージュを進めつつ、ライバルであるドコモのサービスや、Kindle Unlimitedなんかも合わせて検討してみたいと思っています。

とりあえず31日無料なので、まずは始めてみるのはアリだと思いますが、解約は忘れずにね!





今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  雑誌・本レビュー
 | HOME |