11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2017.07.25 (Tue)

大人は「近目美人」より「遠目美人」鈴木ハル子★こんな上司を持ったら最高

いやさ、表紙のハル子さん、どう見ても40代、いやそれより若く見えるのですが、60歳を越えてらっしゃるとかでもうびっくりたまげている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

haruko_suzuki2.jpg

#ちなみにどうでもいいですが「魂消るとは魂が消えるほどの驚き、ということらしいです。

某エスティ ローダーで広報の責任者を長く勤められ、定年退職した後は「トータルビューティーアドバイザー」としてご活躍されているとのこと。

わー女性の憧れキャリアを絵に描いたような!でも、何だこの角がないっていうか、柔和というか、聖女のような清潔感っていうか!

#その秘密が本書に書かれてるわけです。


■ 資生堂パーラーで尊敬する美しい上司のアドバイスを聞くような感じ

この本は鈴木さんの初めて著書のようで、「美容・ファッション・暮らし・人間関係」について、ご自身がこれまで実践されてこられたことが紹介されています。

一つのテーマが1,2ページで構成されるという、このテの本のお馴染みの形式なので、とても読みやすく、少しずつ気に入った個所から読み進めることができます。

嫌味なく、押し付けがましくなく、気さくに、美しくあろうという向上心を刺激する文章は、読んでいるととても気持ち良く前向きになれます。

定期的に読んで、美のカンフル剤にするのがオススメです!美肌ドリンクより効くと想います!

haruko_suzuki1.jpg

「どれも決して大それたことではなく、日常に活かせるごくごく当たり前のことばかり。」
「ちょっとした気づき、ちょっとした心構え」

とご本人が仰る通り、ちょっとしたアドバイス集なのですが、鈴木ハル子さんの経験・キャリアに基づく理念が横糸に貫かれていると感じました。

それは「自分が自分自身を見つめる、俯瞰力」を持って欲しいというメッセージ。

ご自身で「私はちょっとお節介かも」と仰っていますが、こんなふうに「もうちょっとここをこうすると素敵だと思うわ。」なんて気軽に声をかけてくれるようなメンターがいたら最高ですね。

あぁ、こんな上司がいたらいいなぁ。

【参考】資生堂パーラー サロンドカフェ★ストロベリーパフェの完成度ったらもう!




■ 俯瞰力は気付く力そのもの

タイトルの「遠目美人」というのも、美容も人間関係も、俯瞰できる人こそ美しいというメッセージを、易しく分かりやすい言葉で表現されたものと感じました。

・「今日も違う」より「いつも同じ」ほうがおしゃれは本物(激しく納得)
・洋服の旬のパワー新しさのパワー(そうそう!)
・お気に入りの香りを手紙に忍ばせて、思いを伝える(やってみた)
・花を一輪。手間の倍返しでパワーがチャージされる!(実行中)


また、実力主義の厳しい外資企業でトップを走って来られたハル子さんの、人間関係の気づきも付箋ベタベタ。
ご自身の失敗をさらりと開帳する、それもまた魅力で。

・他人の短所を許し認めると、いい空気が回り始める
・自分が自分のメンターになる


美しくしなやかに生きる方のアドバイスには説得力があります!


■ ということでパタカラ

もちろん美容やメイクのTipsコーナーもあり、鈴木さんは15年パタカラをされているそう。

それにしても60歳を越えているとは思えない美しさ・・・一年以上かけてしっかりあたためたパタカラ・・・今度こそやろっ!

patakaram6.jpg
2016.06.03 パタカラでブルドッグ化は防げるのか★本気でパタカラ宣言
#お前の本気はその程度だったのかっ!




年齢や性別を越えて愛されるのは、「可愛いげのある人」



冷静で、客観的で、でも押しつけがましくなく、チャーミングで、懐が深く、でも芯がしっかりしている・・あぁ、絶賛の言葉がいくつでも浮かんで来るそんなご本人こそ、年齢や性別を越えて愛される方☆

目標にしたい美しい方がまた増えました。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  雑誌・本レビュー
 | HOME |