10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.05.15 (Mon)

「賢いクローゼット」鈴木尚子レビュー:クローゼットはあなたの人生そのものです

はい、オシャレに煮詰まった41歳の櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

考えても良く分からないので、賢者の教えを乞います。

「賢いクローゼット」鈴木尚子レビュー:着るものに迷っている人は人生にも迷っているもの

得るものが大変多く一つの記事におさまらなかったので、レビュー後半戦です。

kashikoicloset1.jpg


■ インナーはマストアイテム!からの、買いたいものではなく必要なものを買おうキャンペーン。

オシャレな抜け感を出すためには、城、もしくはライトベージュやライトグレーなどの淡いニュートラルカラーで濃い色のトップスを中和し、ボトムスとバランス良くつないでくれるインナー類が必要。

だけど、適切なインナー類を持っていない人が多いらしい。

だって、地味なインナー買うより、デザイン性のあるトップス買う方が楽しいし、予算も限られているからつい後回しになってしまう。

さらに、

ボトムスは着こなしの土台だけれど、世の女性はなぜかトップスが大好き。それに見合う量のボトムスをお持ちでない、

という的確なご指摘も・・・ごもっとも!だいたい、パンツって似合うものがなかなかないから買うのが面倒なんですよねぇ。試着も大変だし。

いずれにしろ、コーディネートには必要なもを足そうという発想より、パッと見て着てみたい、素敵な洋服、流行のアイテム、とにかく新しい服が欲しい!になってしまいがちな櫻田のお買い物。

ということで、櫻田のクローゼットに「必要なもの」をクリアにしようと思います。

・インナー
・軽くてベーシックなバッグ
・ストラップレスのブラ
・今っぽいシルエットの白Tシャツ
・今年の夏のボトムス、、、、

クローゼット部屋にボールペンとポストイットを常備しすることにしました。

closepen.jpg


そう言えば七江亜紀さんの著書に

コーディネートを考える時に「これがあったらいいのに・・」のこれをキチンとメモっておいて、それを買い足しましょう。

というようなことが書いてあったことを思い出しました。

また、青木貴子さんのファッション本にも!

足りないアイテムは書き留める「これがあれば良かった」アイテムはしっかり記録
「おしゃれ方程式」青木貴子レビュー




■ 自分の好きを知る

ファッション誌を一冊買って、気に入ったアイテムやコーディネートの写真を切り抜いてノートに貼り、それの何が好きなのかを脇にメモしていく。


「好きの理由を言語化する」ということは、「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニックby窪田千紘でセンスの育て方を知るでも大切なことだと書いてあったし、あらゆるファッション、センス本でも言われていて。

ということで、実際今、少しずつやり始めています。

「自分のライフスタイルを投影できる」理想の女性像とその人がなぜ素敵なのかを言語化して分解していく。

素敵な女性!なだけじゃダメで、例えば櫻田がIT企業のCEOキャリアウーマンをファッションでの理想の女性像にしてもダメなわけで。毎日スーツ着ないし。

そうなってくると、そもそも自分のライフスタイルって、良く分からないな・・・という、自分探しになってくる。そう、ファッションは自分探し。

少し先の自分をイメージした装い。

理想の自分に相応しい装いは、どんな装いなのか。それは理想の自分、少し先の「こうなっていたい自分」が明確じゃないと出て来ないな。

週末はじっくり自分と向き合って考えてみたいと思っています。





その他、こんなノウハウが気になりました。

・適当な服を3着買うなら、3倍の値段で一着を
・着ない服は今着る服と一緒にしておかない
・お気に入りは夏用、冬用揃えておく
・自分の得意なディテールを集める(◯◯らしい装い)


PLSTのネックレスは、これを読んでいたこともあり、購入に至りました。

・インパクトアクセサリーを一つプラスすする

longnecklace_big_plust2.jpg

PLSTのロングネックレスが理想的な上に3,229円

でも、しばらく新しいものを買うのは止めよう・・・。


■「いいね!」を決めるのはあなた自身。

ネットの世界でもリアルな世界でも「いいね!」を決めるのはあなた自身。自己評価を他人の手に委ねるのはやめましょう。

沢山の女性と向き合って来られたからこその著者の主張は、時折耳に痛く、はっと気付かされ、そして勇気づけられます。

アメブロ:SMART STRAGE

CREA WEB:鈴木尚子のもっと心地いい収納スタイル

全体的に「お説教」っぽいところがあり、ちょっと叩き直してもらいたい!という方にはピッタリです!


■ 春夏のクローゼットを大幅に整理してから、必要なものを足そうと思います

ちなみにこの本はクローゼットの整理の仕方の本なので、紹介されているプロセスに沿って春夏のクローゼットを整理する予定です。

全部出す
選ぶ
仲間に分ける
仮置き
住所を決める
納め方を決める
維持する

クローゼットのゾーニングの仕方や、選んだり仲間に分けたり、借り置きの仕方等も詳しく解説されていますので、是非お手に取ってみられて下さい。



「クローゼットはあなたの人生そのものです」

おー行き当たりばったりの、櫻田の人生そのものだわ、今は。

自分らしい、厳選されたアイテムが、美しく並べられたクローゼットを改めて目指します!


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  雑誌・本レビュー
 | HOME |