11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.12.18 (Sun)

最近自分の顔が歌舞伎っぽい気がしてきた

歌舞伎に興味が出始めたワケではない櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

最近、メイクを割としっかりして出かけているのですが、帰って来て鏡を見て、なんか違和感を感じたんです。

なんだか自分、歌舞伎っぽくなってね?って。



いや、「かつら」がポイントじゃないんですけど、この写真が説明に最適だったので。


こう、眉頭から鼻筋までの部分、ノーズシャドウ入れ過ぎ症候群になっているのではないかと。

kabukimake1.jpg
#ある日の帰宅後すぐ写真。まつ毛もくたびれてるし、クマも出現しております・・・。

あまり歌舞伎具合が写真で再現できていないのですが、帰宅して鏡を見て、よぉ〜〜〜ッポンッ!って自分で言ってしまった。

ちなみに、ノーズシャドウはこのRMKのパレットの一番左を使っています。
2016.01.19 (Tue)眉毛に+3分〜RMKのパウダーアイブロウN〜
eyermk1.jpg


あぁ、ふと芸人の「椿鬼奴」さん思い出しました。これこれ。





ちなみに、鼻筋だけじゃなくて、目尻のくぼみにも影を付けようとアイシャドウを入れています。

kabukimake2.jpg

これは、THREEのアイパレットの使い方なのですが・・・ちゃんと使えている自信がありません。

2016.10.12 (Wed) THREE 4Dプラスアイパレットで元々彫りが深い人になる




そこで思い出したのが、内匠先生の「バランス論」

男性にとってのメイクの「薄い・濃い」は、「バランスの良さ・悪さ」にすぎないということ。

2015.07.06 (Mon) 内匠淳のメイクが圧倒的に支持される理由★櫻田も支持してます!


パレットの使い方もノーズシャドウの入れ方も下手は下手なんですが、最も悪いのは他とのバランスなんじゃなかろうかと。

肌全体の作り込み度が低く、全体のメイクが軽いのに、ノーズシャドウとアイシャドウだけ濃いと、そこだけすごく目立ってしまうんじゃないかなーと、写真を撮ったり、日々調整したりする中で、思うようになりました。

アイメイクも、上ばっかりで下はノーケアなんですよね・・・これも課題だし、メイクと洋服とのバランスも課題です。





メイクはかなり意識してするようになったのですが、最近またマンネリ化というか、独りよがりになっている気がしています。

また何か新しいアイテムでも投入するついでに、お店のお姉さんとお話ししたり、メイク雑誌(一生で2,3回しか買ったことがない)でも読んで、気合いを入れ直してみようと思います!

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  メイク美人
 | HOME |