10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.10.09 (Sun)

有田焼創業400年事業 パリ「メゾン・エ・オブジェ」凱旋展に行って来た

無料で有田焼の展示が見られて、さらに、無料で六本木ヒルズ52階からの景色も(ちょっとだけ)楽しめる!というのにつられ、バッハ君と行って来ました。

■ 有田焼創業400年記念イベント

無料ってのが太っ腹!すごいなぁ。

aritaexhibition.jpg
http://arita400project.jp/ja/japan_event/


有田焼創業400年事業 パリ「メゾン・エ・オブジェ」凱旋展
- 伝統と革新 -
2016年10月5日(水) - 11日(火)
10:00 - 20:00 会期中無休(最終入場 19:30)
森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー 52階)

プロデューサーもすごいし、佐藤可士和さんも参加されていて、それでパリの凱旋・・・とか、気合い(とお金)がめちゃめちゃ入ってる展示。

モダンでクールで美しい展示。それでいて、有田というの器の町を、身近に感じるような仕掛けや、有田焼を知るための情報も用意されていました。無料とは思えないボリューム、これは行くべし!って、11日までですが・・・。

もう少し、古い伝統的な有田も見たかったかな・・・さ、有田に行ってみたくなりましたよ←そういう罠か(笑)

そうそう、展望スペースに入るには別途1,800円だったかな、掛かります。でも、帰りがけに同じ52階の窓から、結構夜景を楽しめるんです。おトクです〜。


■ 実は最近有田焼のモダンなデザインが気になっていて

器には詳しくないのですが、モダンな有田焼を雑貨屋さんやネット、百貨店の食器売り場で見かけるようになっていて、かなり気になっていました。

アマブロの古い有田焼のデザインと、モダンなデザインを合わせたこのシリーズは、オシャレなリサイクルセレクトショップの「pass the button」で見かけていて、カッコいいなと。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

amabro(アマブロ) CHOKU そば猪口
価格:3780円(税込、送料別) (2016/10/9時点)




「KOMON」シリーズも、ずっと「いつか買う」リストに入っています。
オフィシャルサイトはこちら
http://e-kihara.co.jp/shop/




■ そしてとうとう「1616 / Arita Japan」のプレートを購入

このスクエアのプレートがずーーーーっと気になっていたのですが、悩み続けてこの夏購入。
この真っ平らで(技術的に大変だそう)、縁の立ち上がりの美しさに痺れ続けてようやく購入。

ちなみに、パレスホテル東京にお店がありますし、セレクトショップ(表参道のSEMPREで見ました)にも置いてあったりします。

オフィシャルサイト(オシャレ過ぎて少し見にくいかな・・)
http://1616arita.jp/

日本デザインストア「これが有田焼?おしゃれでモダンな食器」



二人分のそうめんや蕎麦を乗せるのに、今年の夏活躍しました。
20160813lunch.jpg

普通サイズのロールパンを乗せるとこんな感じのサイズ感です。盛り過ぎました、余白を意識しましょう。
 20160825breakfast

プレートとして使う方法に上達したい・・。
20161002breakfast.jpg

上手に使えるようになりたし!というモチベーションが涌くのもいいです。

・・・と、有田焼に少しずつ興味を持っていたのもあり、今回この展示会に足を運びました。


■ 次に狙っているのは「アリタポーセリンラボ」

そういえば、百貨店の食器売り場で見かけたことがあった気がするこの器。
今回の展示会でも現物、更には、展示会用の大作も見て、ますますそのカッコ良さに惹かれて・・・。

オフィシャルサイト

JAPANSNOW 銘々皿・古伊万里草花紋 美し過ぎる!


さらに、手持ちの食器ともどうにか仲良くしてくれそうな、色味や雰囲気。

もう、一万円越えちゃうのかな・・・と思ったのですが、奮発すれば手が届く1枚4,200円!いや、高いいけど・・・こういう、本当に欲しいっ!喉から手が出そう!という食器を、日常的に、大切に長く使って行きたい。

この「Japan Snow」シリーズ一覧はこちら
http://www.aritaware.com/pickup/japansnow.html

何かイベントにかこつけて・・・いつか買うものリスト入です。





キッチンも、ワードローブも、お部屋も・・・厳選された本当に好きなもので満たしたい。
いろいろなジャンルの美に触れることが、自分が本当に好きなものを選び取る力を付けてくれると思っています。

ま、そんなこと言う割に、なかなか足を運べていないのですが。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美に触れる
 | HOME |