05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.09.12 (Mon)

シカゴ美術館で生エドワードホッパー♪

好きな画家がアメリカに偏っている、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

その中でも大好きなアメリカ人画家は、Esward Hopper エドワードホッパー。日本でも人気で一度は目にしたことがあるかと思います。



そんなHopperの絵があるということで、楽しみにしていたシカゴ美術館。三越を思い出してしまう、ライオン2頭。しっぽを触ると幸せになれるとかで、友人4人で引っ張ってきました←不幸になるぞ

chicago_museum1.jpg

Hopper展は15年前くらいに渋谷Bunkamuraで大々的にやって、大興奮して観に行ったのですが、それ以来自分のアンテナも錆びてたのもあり、都内では見ないな・・・と、2年前にニューヨークに行った時は、Hopperが大量に展示されているはずの美術館が改装中というバッドタイミングで・・・

今度こそ!

chicago_museum2.jpg

おーーーーーーーーーーっ!Hopperだよ、この静謐な、シンプルな、しかし、コントラストに何か内面的な葛藤が滲むような、この、あー、うーーー。と、しばらく悶絶しながら眺めていましたが、きっと沢山あるのだろうと、足早に・・・・。

巨大なシカゴ美術館で、3枚しかなかったです・・・ショックで中庭のカフェテリアでお茶したほど←喉乾いてただけ

っていうか、ちゃんと事前に調べろよ(笑) しかし、これまた大好きなGeorgia O'Keeffeが結構沢山展示されていたので、ラッキー。シンプルでちょっと大人のウィットを感じるところが好き。そう、絵はゴテゴテしたものより、シンプルなものが好き。究極がロスコの絵。

という、櫻田の絵の趣味はこちらからどうそ。
2014.05.12 (Mon)櫻田の好きな絵〜自分の好きをファッション以外から知る旅〜


chicago_museum4.jpg

こんなふうにまとめて展示されていたり、数も多く、それはそれは見応えがありました。

chicago_museum5.jpg


そして、ホッパーに見とれる時間が減ったので、相対的に新しい知らない絵に触れる時間が増えたのも良かった。今回の予想外の感動作品はこちら。William Merritt Chaseという方の小さな作品。

 chicago_museum3.jpg

グレイッシュな色彩が好み。地味なのがいい。でも、このニュアンスが素敵。そのまま着たいくらい!





シカゴ美術館は超広大!
30万を超える作品を収蔵しているとのこと。ジャンルも多くて、古代の彫刻等が印象的でした。とにかく広大で、一日かけてもいいくらい!櫻田は友人4人で行ったのもあり、2時間制限で楽しみました★

オフィシャルサイト(日本語)
Trip Advisor: 口コミ

ちなみに、シカゴの人気施設とセット、さらにファストパス付きのチケットがおトクです。
Chicago City Pass

シカゴのその他の施設の案内なら。
シカゴのアートとミュージアム





美術館や音楽フェスは、知らなかったアーティストに出会えるのも楽しみ。
自分では分からない「好きなもの」の基準が、より多くの具体的な形や音で表されることで明確になる・・・自分を深く知ることに繋がる気がして。


今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美に触れる
 | HOME |