11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.09.03 (Sat)

VICTORIA'S SECRET@シカゴでのお買い物

アメリカのシカゴにおります、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今回は友人5人での旅行だったので、ショッピングの時間は殆どなかったのですが、本日最終日は飛行機まで時間があったので、ちょいと街中でショッピング。

おぉ、ミランダカー!のビクトリアシークレット!
エンジェルのミランダカーは本当に美しい妖精でしたねぇ。
「ミランダカー エンジェル」の画像検索

victorias3.jpg

サンフランシスコのウィンドウで気になっていた、Victoria's Secretのショーツ。のびのびでストレスがなさそうで、レースが美しくて、カラフルでデザインがいろいろあって・・・。

victorias4.jpg

めちゃくちゃ反射しててすみません。
Victoria's Secretのサイトでは、このページです。

シカゴにもお店があったので、とりあえず入ってみたのですが、ビバリーヒルズ高校生白書のドナを思い出させる金髪のおねぇちゃんが、めっちゃすごい勢いで容赦のない英語を浴びせてくださいます。英語は不得意だと言っても、全く速度が落ちません。理解しないと見ると若干不機嫌な顔つきに・・・あーんごめんなさい←弱気

ショーツが7枚で27.5ドルとか(7枚も買えないよーー)、スポーツブラがどうとか、あまり理解できませんでしたが、ショーツのサイズ選びは、とっても親切に手伝ってくれました。洋服の上から当てつつ「あなたはXSネ!」と、満面の笑みでニッコリ。買うわよね!と言われているような・・・もう、弱気大魔王状態です。

が、いいなと思ったネイビーブルーとブラックはXSがない。

金:Sでもいいからトライしてみなさいよ!あなた名前は?試着したらまた相談してね!

と、試着室の方指差しながら名前と商品名やらを書いたカードを渡され、さらに、ペアのブラレットや、オススメのスポーツブラなども持たされ、勢い良く消えて行く金髪のおねぇちゃん。

っつーか、ショーツ試着できるんかい!

とりあえず自分のショーツの上から試着してみました。だがしかし、やっぱりアメリカンサイズのSはダボダボでXSじゃないとダメと返却し、金髪のおねぇちゃんに「無理だった」と報告すると、店の他の引き出しから白のXSを出して来ました。

金:あなた派手な色は嫌いなのね、ならこれはどう?
櫻:あー白いいわー買います
金:一枚だと25ドル、二枚だと40ドルよ!あなた、二枚買うべきよ!このグリーンはどう?ブルーは?淡いピンクもいいわよ!
櫻:一枚でいいです。ブラックとネイビーブルーがないなら。
金:そう、探してみるわ。

そう言ったきり二度と戻ってこなかった金髪のおねぇさん、なかなかの迫力でしたが、テキパキしていて優柔不断な櫻田にはありがたかったです。

ということで、一枚お買い上げ。

victorias2.jpg

レースが柔らかくて、とても履き心地が良さそうです。

Peach Johnのこのノーショウフィットパンティが気になっていたのですが、ビクトリアのこのショーツに一目惚れ。と言っても、サンフランシスコで気になってから、買うまで時間はかかりましたが。

可愛くて目立つショッピングバッグ。中の薄紙は、ピンクとピンクのヒョウ柄の2枚重ね。包み方は、包んであるとは言えない程に非常にざっくりしてましたが。

 victorias1.jpg

海外で買っても、日本と価格はそれほど変わらないし、冷静さを欠いてしまうし、他に楽しみたいことがあるので、時間がかかってしまうお買い物は避けようと思っていたのですが♪ とりあえずこのショーツには満足です。

ブラックとネイビーも欲しいなぁ。上陸しないかな・・・お!羽田の国際ターミナルの免税店かい・・・。
http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/5200100031750000/index.html

#ショーツの試着は、アメリカではたまに直にする人もいるのではないかという話が・・・ショーツの上から!という張り紙があったり、試着室のおねぇさんからそう指導があったりするそう。良く洗ってから使用開始することといたします。

今日の櫻田  |  トップに戻る←  |  美人下着
 | HOME |